2019年11月23日 (土)

再び「表現の不自由展その後」のその後

   C&Lリンクス愛知電子版・第70号
 22日の第69号に引き続いて「C&Lリンクス愛知電子版」の70号に着手し、夜には発信を終えた。材料が手元に揃っていたから半日仕事でなし終えた。
   第70号の内容は、1)「表現の不自由展その後」総括集会<11月2日>、2)「あいちトリエンナーレ」の展示中止問題について―愛知から、PC全国会議での報告内容。3)立憲民主党と関連のマスコミ等の情報<11月15日~11月22日>、4)「ツネじい通信」 NO58 2019/11/15 地域の美術展から、トリエンナーレ展を考える。5)衆議院議員近藤昭一と語る草の根国政報告会の案内。
   この問題を継続して取り組として総括集会の後に、「表現の不自由展・その後」をつなげる愛知の会、という名称で活動が引き継がれた。どのような問題提起をされるのか注目していきたいが、「総括」をもって一区切りついた。
   さて、この「表現の自由」「芸術活動の自由」といった時、「表現者」にとっては「死活問題」ともいえるが、そうではない一般の人にはどう映ったであろうか。“関心がないとは言わないが、具体的には・・・”とならないだろうか。
   では5人以上の集会、デモ行進・パレード一切が中止されたら?映画、演劇、コンサートなどで「表現に問題がある」として公演、公開が中止されたら?個人的な手紙やメールなどがあからさまに「検閲」されたら?学校や職場で服装が規制され不自由になったら?
   これらは大なり小なり過去にあった事例であり、今回の「表現の不自由展その後」の問題が、時間をかけて事例を積み重ねながら「いつか来た道」に戻っていくことはないとは言えない、いや現政権のもとでは、その可能性が濃厚であるからこそ多くの人たちが声を上げ、行動を起こしたといえるだろう。つまり多くの人が“関係ない”と思っているかもしれないことを辿っていくと「関係ないと思っていただけ、知らなかっただけ、知らされなかっただけ」ということにたどり着くのではないか。
   ということであれば、これからの運動、ポイントはここのところをどのようにつないで「表現していくのか」ということであろう。

 

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

ピースサイクル全国会議特集

   C&Lリンクス愛知電子版・第69号
  10月28日の第68号以来、久しぶりの発行を終えた。この間発行するに足りる材料がなかったわけではないし、体調も安定していたが、ピースサイクル2019の総括、全国会議に向けて、愛知からの報告書作成に集中していたことによる。報告書は全32頁で、地域で配布、全国会議に持参を合わせて50部余りを製作した。
 電子版・第69号の内容は、1)ピースサイクル2019全国会議の報告<運動の総括と政治的課題の議論>、2)第3回立憲パートナーの集いの案内。3)立憲民主党と関連の、マスコミ等の情報<10月28日~11月14日>、4)「ツネじい通信」 NO57 2019/11/15 そこ退け!無責任政治のお通りだい 5)あとがき
 あとがきでは「・・・このピースサイクル運動が『有志に引き継がれる』か「幕引き」かの岐路に来ていると感じて私は「ピースサイクル愛知の今後について」を提起した。『・・・2020年に33年目を迎えます。この長きにわたる運動も、その理念、目標、行動において今なお輝きを失っていないと思う一方、担い手の減少に加えて高齢化が進み、再生、継続の努力にもかかわらず、リレーの困難さが増してきました。』」と、現状と「これから」の問いかけをした。また「・・・本号の報告の中で『野党批判について』と『自衛隊について』を別個に取り出したが、その問題意識は『立憲パートナー』という自覚から来ているといっていいだろう。この全国会議に参集する人の多くは、党派に幾らかはかかわっているであろうが、所属を明確にしたのは私だけであった。その必要性はなかったかもしれないが、私の立場が、同じ運動仲間からどう映って見えるのかを知ることは欠かせない関心事なのである・・・」
 このピースサイクル全国運動に30数年関わってきたといっても、通年的に取り組んできたわけではないので、地域的な広がり(浸透)は多くない。むしろ参加する人それぞれが、ピースサイクル運動の意義を自らのものにして、他の様々な運動にかかわっていく過程で活かされればいいのではないか、そんな風に思っている。

 

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

参院選・新潟選挙区から学ぶもの

   C&Lリンクス愛知電子版・第67号
   去る10月18日の「中山 均新潟市議講演会」の内容をベースに、C&Lリンクス愛知電子版・第67号を発信した。内容は、1)参院選・新潟選挙区から学ぶもの-中山 均新潟市議講演会から。2)立憲民主党と関連の、マスコミ等の情報<10月12日~10月19日> 3)「ツネじい通信」 NO55 2019/10/20 水害然り、地域の歴史が教える災害の普遍性。4)随想26 “消費税10%で思うこと”―「主夫」は、いろいろ考えています― 5)あとがき、となっている。
   あとがきでは、●いい企画であった中山 均さんの、参院選新潟選挙区の報告を聞いて私は、愛知の「田島まいこ選挙」の総括が中途で折れてしまっていたので、そのことを頭に浮かべながらこの記事を書いた●1人区と4人区、土地柄、産業構造、人口などの違う新潟と愛知を同列において評価検討することは無理もあろうが、「人」「智恵」「努力」等では共通するものがある●文中で“結び目”として挙げた「市民連合」「女性たち」「人物(中山均)」は、全国共通であろう。それが欠けているとしたら、それが問題なのだろう●次の総選挙、名古屋市長選挙へ市民(運動)・野党・労働組合の動きに関心を寄せていきたい●私の消費税10%増税問題は、政策論が重要だと思いつつ「生活感覚」が先に来るのが実態である、と書いた。
   当の中山均さんは緑の党(グリーンズ ジャパン)の共同代表であり、政党要件を持たない「政治団体」の所属である。また新社会党、社会民主党も他の国政政党に較べ小さな組織である。にもかかわらず、参院選新潟選挙区では中心的な役割を果たして存在感を示したようだ。「小なりとも存在価値あり、果たすべき役割もある」といったところか。ではこの人たちは「政権交代」をどのように展望しているのだろうか。キャスティングボートを握る、そんな位置をめざすのであろうか。

 

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

立憲民主党全国代議員会議

   C&Lリンクス愛知電子版第65号
 10月6日に、愛知3区総支部の「立憲カフェ」が開催される予定であり、そこでは当然「立憲民主党第2回党大会」の報告がなされ、第3区のこれからの方針の概要が示されると思うので、それに沿って「全国代議員会議」の内容を主に第65号を編んだ。
 内容は、1)立憲民主党 第2回党大会 全国代議員会議 枝野代表が地方代議員会議で表明。2)立憲民主党の新役員体制。3)立憲民主党と関連の、マスコミ等の情報<9月30日~10月04日> 4)「ツネじい通信」 NO53 2019/10/04 高橋恒美“原発妖怪”日本の現世を映し出す、であり、全4頁。次号では大会の様子を掲載したいと思っている。
 党大会の在り方については、私なりの捉え方があり、今回についても釈然としないものを持っている。その一つが、「活動方針書」の事前提案がないこと。代議員の選出方法が不明であること、パートナーが関与できないこと、役員選挙があったのかなかったのか(立候補受付をしたが選挙に至らなかった、ということか?)等々あるが、だからといって私の中には「憤懣やるかたない」という感じは希薄である。というのも、事前準備なしの結党でまだ2年、全国都道府県組織が未達成であり、その組織も国会議員がいる所といない所で進捗状況にばらつきがある。つまり、大会を完全な組織的運営をするには、その基盤が全く未整備で、統一的で公平な運営方法が難しい状況にあること、党活動が迅速で即戦的な状況におかれていること、体制整備の人的な布陣が執り切れていないこと・・・、キリがないと言ってほどである。ここで執行部を追及しても「ないものねだり」であろう。
 だからといって、それを有権者、支持者に納得させられるか、という課題は残るのである。ではどうすればいいのか、答えは簡単である。中央段階で「総論」が出されたのだから、あとは地方組織で各論の「方針立案、その実践化」を進めればいいだけである。もっとも「言うは易し、行うは難し」だが。
 さらに突き詰めれば、役員、党員、パートナーそれぞれが「何をなすべきか」を探し、自覚し、試行してみることであろう。そして課題ごとの「グループ化」をめざしたらいいと思う。ただ、後援会的なものに慣れ切っていると、なかなか始動できないかもしれない。また「市民運動的」環境の中にいる人には「組織化」に抵抗感があるかもしれない。そこらあたりのリーダーシップこそが県連代表、総支部長、議員に求められると思う。

 

 

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

立憲民主党第2回党大会

 直前に「大会に寄せて」を書く
 立憲民主党の第2回定期大会が今日の午後東京で開かれた。午前中は「地方議員大会」があったらしいが、内容は不明。午後1時30分からYou Tubeで中継されるとのことだったので視聴した。343人が視聴したと表示されたが、意外と少ないと感じた。もっとも仕事を持っていれば難しいだろうが。
 大会の在り方に疑問を持っていた私は、だからといって傍観しているのもなんだと思って、昨夜から今日の午前中にかけて「C&Lリンクス愛知電子版・第64号」の編集を急きょ手掛けた。その内容は1)立憲民主党第2回党大会に寄せて、2)参考資料 立憲民主党のこれから 熱い支持者と共に汗かけ、3)立憲民主党と関連の、マスコミ等の情報<9月25日~9月29日> 4)お知らせ:こんちゃんの国政報告会開催 !/第14 回 立憲カフェのお知らせ、5)映画鑑賞記「プライベート・ウォー」であった。
 メインの「大会に寄せて」は、そもそも議案書も何もない中で書きようがないのだが、過去の情報を拾い集めて、「全国幹事会の内容が大会議案の柱か」「立憲パートナーズ制度について」「国民民主党など野党の合流について」「税制・消費税問題」「衆院選に向けて」の項目を立てて意見を書いた。そして、12時少し前に党の事務局に送信した。既に意見を反映させられる機会はなかったが、「立憲サポーター健在」が届けばそれでよし。
 大会の様子をYou Tubeの中継で見たが、枝野代表の発言、福山幹事長の活動方針を聴いていて、私の文脈と大きな違いはなかったように思った。宮城県連第2区総支部長の女性代議員の「締めの挨拶」がなかなか良かったが、メモが取り切れなかった。これから出されるであろう大会の報告を待って、近いうちにまとめてみようと思う。
 なお、昨日が投開票であった小牧市議選で、立憲民主党から立候補した新人の諸岡英実さんは25人中7位(1913票)で当選、現職の谷田貝将典さんは9位(1850票)で当選した。

 

| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

C&Lリンクス愛知電子版・第63号

   冒頭記事は小牧市議選
 今月29日投開票の小牧市議会議員選挙に、立憲民主党から男女の現と新の二人が立候補したので、実質的な応援が出来そうもなく、この小誌で紹介することとして昨日から編集を始め、今日の午後に送信を済ませた。
 内容は、1)小牧市議選始まる!立憲民主党から 谷田貝将典(現40) 諸岡えみ(新25) 2)稲沢市議選の結果を見て 3)関ナマ支援、講演&討論会 熊沢 誠さん(甲南大学名誉教授)の講演 4)立憲民主党と関連の、マスコミ等の情報<9月20日~9月25日> 5)「ツネじい通信」 NO52 2019/9/24 南無阿弥陀仏「岐阜の豚」の6割・7万頭 6)特集ワイド 改憲すれば戦時体制完成 今は「昭和3年」と酷似 内田博文・九州大名誉教授。7)随想24 “老いの意識、終焉の意識”―「老いの追い込み」かもしれないと苦笑―
 ・・・定員は25で34人が立候補した。2015年の前回選挙では民主党として3人が当選している。その現職3人のうち二人は国民民主党所属であるが今回は「無所属」として届け出た。もう一人の谷田貝将典さん(40・4期目)は立憲民主党の公認で立候補、そこへ女性の新人諸岡英実さん(25)が、公認候補として加わった。
   小牧市の人口は約153,000人、有権者は約120,000人と推定される。前回選挙の当選ラインが1300票あまり(投票率は50,42%)で、ハードルは決して低くない。
   聞くところによれば、立憲民主党の新人候補諸岡えみさんの母親が前回選挙で立候補(無所属)して629票で落選している。今回は母親に代わっていわばリベンジであるが、立憲民主党の公認ということで、もう一人の公認候補谷田貝将典さんの得票2447とどこまで調整できるのか、或いはしないのか。さらに、国民民主党(今回は無所属)の二人が合計5478票(1位と18位)を獲得しており、そこから立憲へ2割程度の移動があれば、そしてうまく案分されれば、立憲、国民両党の4人がそろって当選も可能である。注意すべきは、国民民主党の二人の得票の高さが、三菱重工やその関連の労組票(連合票)によるところが大きいかどうかである。そうであればその組織票が立憲への移動は少ないとみていい。谷田貝は実績があり、新人の諸岡選対としては、女性票、若者票の取り込みが課題であろう。
   小牧の事情に疎い私だが、私としては立憲民主党の地方議員が一人でも多く増えてほしい、そして女性議員の誕生に期待するところが大きいのである。

 

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

安保法廃止「9・19集会・デモ」

   C&Lリンクス愛知電子版・第62号
 昨日の集会の様子を早めに伝えようと思っていたが、原稿の材料が写真だけなので躊躇していた。そこへ岐阜からいつもの「ツネじい通信」の NO51 が届き、東京での国会前集会の様子が立憲民主党のH・Pに掲載されていたので、この3本でいくと決め、C&Lリンクス愛知電子版の第62号に着手。夕刻の家事にかかる前までに発信し終えた。
 第62号の内容は以下の通り。
1)安保法成立から4年目の9・19 集会とデモ。2)安保関連法制の参院強行採決から4年目の国会前行動
佐々木副代表が連帯のスピーチ。3)立憲民主党と関連の、マスコミ等の情報<09月15日~9月20日> 4)「ツネじい通信」 NO51 2019/9/19 けっこう毛だらけ、ネコ灰だらけ。アベの政治はウソだらけ。5)あとがき。
 あとがきでは、●“忘れない、忘れてはいけない”と、日録を書くたびに呪文のようにつぶやく。「オキナワ、フクシマ・・・ヒロシマ、ナガサキ・・・」昨今では「3・11、9・19」が加わる(私生活にはまた別の)●9・19集会の壇上からのアピールが身に染みた。惜しいことにペンを忘れてメモ出来なかった。その中で愛敬さんは奥平康弘さん(九条の会)の言葉「私たちの運動は連戦連敗」を紹介されたがそれが印象に残った。それで検索した中で2013年11月の九条の会第5回全国交流討論集会での奥平さんの講演記録があったので見てみた。主旨は「特定秘密保護法の危険性-国家論」だった●奥平さんの言う「連戦連敗」の意味は省略するが、私が在職中の組合活動で「御用組合反対」を掲げ、組合執行部と役員選挙、大会の議案、代議員選挙などで闘い続けまさに「連戦連敗」であった。けれどそれで“めげる”ことは少なかった。職場の声を代弁している、少数派であれ反対論の存在自体に意義があるみたいな確信があたからだと思う。しかし後年になって「多数派」になれないままそれが「職場の不満のガス抜きになっていないか」と思うようになり、1997年の早期退職につながった●9・19集会の壇上横に写真のように、午後に出された「東電刑事裁判 元幹部3人無罪判決」が掲げられた。あってはならない、あれだけの事故を起こしてだれも責任をとらない、取らせない、理不尽、不誠実がまかり通る、これが現在であると自覚したい●9月21日には「関ナマ支援の講演&討論集会」がある。
 この電子版の発行は、文字通り「随時」で、私自身が参加、関与したものを中心に「速報的」なもので構成している。「ツネじい通信」のように、論点をもって系統的な自前の論考を記事化することは少ない。端的に言えばそれは「能力」の問題である。そして、不特定な人の目に触れることを避け、あくまで「個人-あなたへ」送るスタイルをとり続けている。だから宛先は本来「個人名」にしたいのだが、さすがにそこまで時間が割けない。やむなく「みなさまへ」としているが、気持ちとしては「○○さま」である。

 

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

C&Lリンクス愛知電子版・第61号

   立憲民主党を前に
 立憲民主党の党大会が9月30日に、某所で開催されると党のホームページで知った。多分、大会に招集された人は、かなり前から知らされていたことだろうが、少なくとも「立憲パートナー」の私には、直接知らせはない。
 この党の組織実体を私がよく理解していないためなのか、果たして理解、了解するための材料が提供されてきたのかどうか。どちらにしても、現時点では私は私、でいくほかない。
 以下のものも素材の一つと受け止め「C&Lリンクス愛知電子版・第61号」を次の内容で編集し発行した。
   第61号 2019年9月15日発行。1)党大会は9月30日 枝野代表「新しいステージでさらにわれわれの責任、役割を果たしていくために頑張っていきたい」 2)参院会派「立憲・民友会・希望の会」の全議員で研修会を開催、枝野代表らが講演。 3)立憲民主党と関連の、マスコミ等の情報<09月11日~9月14日> 4)「ツネじい通信」 NO50 2019/9/14 先人、桐生悠々・石橋湛山の胆力に学ぶ。 5)私の映画鑑賞記 映画「記憶にございません!」 6)あとがき。
 このような状況になると「参院選の総括」への意欲が薄れていくのが分かる。「党活動」としての総括は中途で止まったままであるが、個人的なものはその都度ブログで書いているのでほぼ終えているといっていい。しかるに、党活動としての総括がなされたとしても、それを反映させる機会があるのかどうか。仮にそれが「徒労」に終わろうとも、それとは関係なしに続ける、が従来の姿勢であったが、今や仮の「徒労」に耐える体力が減退しているということかもしれない。そうであれば、それも受け入れるほかない。

 

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

C&Lリンクス愛知電子版・第60号

   デニートークキャラバンをメインに
 第60号を9月10日付で発信した。内容は、1)情けない!こうも冷淡になれるのか!-大阪知事・市長、デニー知事との面会を拒否。2)デニートークキャラバンin大阪-相澤冬樹 大阪日日新聞論説委員・記者(元NHK記者)の報告記事。3)立憲民主党と関連の、マスコミ等の情報<08月27日~09月10日> 4)「ツネじい通信」 NO49 2019/8/31 「悪人正機」凡夫のわが身を問う。5)随想23“われら元気な、老域に生きる者”―それぞれにとって生きる糧とは― で全8ページ。
 発信にあたって「第4次安倍内閣第2次改造内閣が発足しました。各党の談話も出ています。どちらにしても、許せない『アベ政治』が、暫く続くという現実です。放射能汚染に『アンダーコントロールされている』『沖縄に寄り添う』等々ウソ、ハッタリ、ごまかしオンパレードのアベ政治が、です。10月1日から消費税増税に加えて、台風15号の被災状況を知るにつけ、“何かがおかしい”の波浪は高まるばかり。それは、アベ政治を言うに及ばず、突破できないわれらの、忸怩たる思いを伴って、です。もやもやしながらも『C&Lリンクス愛知電子版』第60号を編集しましたのでお届けします。今号の内容は「沖縄」がメインで、以下の通りです。」と書き込んだが、どうも後味が悪い。
 組織を代表してコメントするわけではないので、“つぶやきも嘆きもため息”も構わないとは思うが、ある程度読者がいるわけだから、同じ気持ちにさせてはいけない、そう感じたものだった。もっとも、この“つぶやき”は、いかなる内容であれ、このブログ=日録の舞台の一つであることは避けがたい。

 

| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

C&Lリンクス愛知電子版・第59号

   核燃サイクル・六ケ所ピースサイクル
 私の“夏休みの宿題”ともいえるやり残し作業を昨日から着手し、今日の午後仕上げて発信した。C&Lリンクス愛知電子版・第59号「25年目の 六ケ所ピースサイクル」である。
 内容は1)25年目の 六ケ所ピースサイクル<核燃料サイクルの中核拠点へ!><六ヶ所ピースサイクル>2)参考資料 毎日新聞から 核燃再処理施設 審査大詰め=回答・鈴木理之、岩間理紀、3)紹介DVD 鎌仲ひとみ監督「六ケ所村ラプソディー」 4)愛知からのメッセージ 青森県知事、六ヶ所村長、日本原燃社長、5)あとがき、であった。
 あとがきは、「今号は、あまり注目されていないとされる『核燃料サイクル』の一部ではあるが、その中核施設・青森県六ケ所村の日本原燃(株)と地元の自治体、反核燃運動を中心に編集した。同時に『ピースサイクル2019』の締めくくりでもあり、その走行日記からは長距離、長い坂道のつらさより、声を掛けられ励まされる感動が伝わってくる。人間にとっては、愛知から青森までは遠いのは事実。だが核汚染は、風に乗り、海流に乗って瞬く間に全国化、世界化する。津軽の海も伊勢の海もつながっている、もちろんこの空も。忘れない!」
 囲み記事では、私が2014年の六ヶ所ピースサイクルの「六ケ所行動」に参加したことなどを紹介した。
 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧