2020年7月13日 (月)

古手紙の使い方

 送った手紙のコピーが出てきて
 先日は古葉書のことを書いたが、今日は封書の手紙についてである。
 但し戴いた手紙は、相手のこともあるから一概に公にはできないが、ここでいう古手紙とは、私が送った手紙の「控え」つまりコピーのことである。1990年から1999年の約10年間、約50通、他に運動の通信の控えのごく一部もファイルされていた。
 なぜそんなものが残っていたかという理由は定かではないが、そのころ私は、事務用のコピー機をリースで自宅に置いていた。会議のレジュメ、資料のファイルなどその都度コンビニに走るのが面倒であったし、その数も半端でなかったのである。リース料、トナー、紙代などの出費もかさんだが、「時間をお金で買う」と考えていた時代だった。それだけ集中していた時期でもあったといえようか。その流れの中にあったのだと思う。
 ワープロが登場し、パソコンの時代に入っていくとコピー機の利用率は下がりやがて契約を打ち切った。
 さて今日は、その古い手紙の一部を読み返しながら、これを「再生」させる手立てはないものかを考え始めた。
   何のために再生させるのか、少なくとも「活動」とは無縁である。結局「自分史」の片隅に添えるだけのものに過ぎないとも思える。「続自分史か?」そうではないが、「過去-現在-未来」この連鎖の中で、過去から引き上げて現在地を見て、未来にどうつながるか、わが足跡をちょっと振り返ってみたくなった、全く無駄な所業と思いつつも。
 この歳になると、効果と効率とか、価値があるかないかという拘泥よりも、“何がしたいか”が優先するようになりつつある。極端に言えば、この「ブログ」でさえ何の意味があるのかと問われても明快な答えはない。書き留めておきたいというだけのこともあるのである。
 パソコンに保存されているすべてのデータは、ある時一瞬で消え去るリスクの中にある。バックアップはしているもののそれは一部に過ぎない。プリントされて程よく保存しておけば、焼失(消失)でもしない限り、いつでも甦る。ただ、その必要性はほとんどゼロに近いが。だからせっかく20年から30年の間も残っていたこの「古手紙」の活用はないかと考えてみたのである。

 

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

昭和前半の男たち

   労働運動の活動家の性(さが)か
   ある運動の中で語られた「『古い男臭さ/』を無意識に持っておいでの方が多い・・・」それは、「昭和」の前半の男たちを指しているようだが、それをズバリ突きつけられたら、当事者は何と答えるだろう。
   昭和の前半以前というと、ざっと現在60から65歳以上の人が対象であろうか。ちなみに「マチスモ」とは、検索したら、ラテンアメリカで賛美される「男らしい男」を意味するスペイン語のmachoから、男っぽさ。誇示された力。男性優位主義。とあった。
   その場面は、当初から労働運動の道を何十年と担ってきた活動家と、どちらかといえば、労働運動とは無縁に近い市民運動の人たちの会合の場であったとする。
 その場面を再現するのは難しいので、想像しながら労働運動から地域の様々な運動に入っていった私の経験から少しだけ触れたいと思う。
 既に書いているが労働運動は、極端な上意下達ではないが「ピラミッド型」の組織形態である。一方市民運動は、フラットに近い「台形型」のように思う。また労働運動は統一、団結、効率化を重んじ、市民運動は多様性、対等、議論を重視する傾向といえるのではないか。
 もう一つは、「参加する男女比」の違いが大きいことの影響もあると思う。最近でこそ「女性ユニオン」の活動もみられるが、両性混合の組合・ユニオンで、女性の委員長は少ない。市民運動ではそうした役職とか執行部制という方式は少ない・・・。
 この環境の違いの中でそれぞれが歩んできた場合、合流した運動の中でしっくりしないことが出て来ても不自然ではない。
 私は労働運動を足場として地域の運動、一つは、企業別、産業別、職種別を超えた「地域労働運動」に参加し、同時に社会的な課題(反原発、環境問題、教育問題など)も取り入れていくことで市民運動と合流していった経緯がある。それが「労働運動と市民運動は表裏一体」となり、「赤と緑のメーデー」の創出に至った。
 では、マチスモこれを「男性優位主義」と仮定して、指摘された振る舞いがあったかどうかであるが、そういう自覚は持っていなかった(だから問題だ、としても)、むしろ女性であれ、男性であれ積極的担う人の登場を待ち望んでいた。打ち合わせ(会議)でも、発言、提案を待つ方であったが、あまり手が上がらないのを見て、議題を準備するようになり、議論の集約、行動への移行をスムーズに行うための手立てを進めた。多分、ここらあたりから効率を求めすぎる、強引ではないか、出来レースだ、みたいに受け止められたかもしれない。
 現役を退いた今、私自身が女性から指摘された「古い男臭さ」を指弾されることはないと思うが、この先のことを思うと他人事として沈黙していればいいというものでもない、そう思っている。

 

 

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

運動における多様性と組織性

 私の経験から(1)
 私は、組織的な活動の中枢から離れて数年が経つ。現在は「立憲パートナーズ」という、組織の一員とは言えないけれども、ある程度は組織の方向性に沿って考え動いてはいる。また緑の党の「サポーター」でもあるが、最近は足が遠のいている。
 政党関係の他に地域活動の幾つかの運動の会員に登録しているが、「運営会議」などの場には参加していない。永く自認していた「活動家」はもう外れているといっていい。
 そういう立場にたってあることことに気がついた。古くて新しい「運動における多様性と組織性」についてである。そうした問題の論点を示した例を見ないが、諸運動では避けがたい問題なので、多くの人が感じているだろうし、どこかでコメントしているかもしれない。
 私の経験から切り出すと、まず労働運動の組織を図形化すると「縦型またはピラミッド型組織」と見てきた。一方市民運動は「横型または台形組織」ではないかと。例えば組織の役員(リーダー)の構成は、労働運動では委員長(会長)、副委員長(副会長)、事務局長が3役。政党も同様な形態であろう。市民運動は「代表」以外の役目はあまり見かけない。その代表も複数の場合もあって「共同代表」となる。
 次に企画など運営に関する会議についてであるが、労働運動では予め「議案」が用意され、議事を進行させるのは事務局長、議事内容については書記を置くか事務局長が兼ねる。そして議事録を残し、その報告を周知する、という手順を踏んでいく。市民運動も似たり寄ったりではあるが、労働運動ほど徹底、規格化はしていない。
 私が企業内組合活動から、地域労働運動に乗り出し、さらに市民運動にも加わっていく段階になって、「運動感覚」の違いに驚き、戸惑った経験がある。
   例えばこんな風な情景である。
 ある問題に関心を持った人たちが一度集まって相談しようということになった。呼びかけがあった。初回は、自己紹介とか雑談的な意見交換、交流の後、今後どうしようかということで、次回の打ち合わせ(会議)の日時と場所を決め、大雑把なテーマを確認して散会となる。概ね2時間くらいであろうか。居残り組はそこで雑談など。
 さて本番は2回目からの会合である。まず「中心メンバー」はそうでもないが、集合時間が守られない。だが予告時間が来たから会議を始めようとすると、“まだみんな揃っていない”とストップがかかる。みんなそれぞれの事情があるから遅れることもやむを得ない、もう少し待とうよ、と諭される。ようやく打ち合わせ(会議)が始まる段になってもいわゆる「議事のレジュメ」が用意されていない。どこから、なにから議論が始まるのか、私は当初随分戸惑ったが、それなりに課題の核心部に迫っていく。核心部を把握している有能な人がいるわけだ。だからといってその人が全体を取り仕切る、ということでもない。
 経過した時間的なことと何かの区切り、或いは中途退出(帰ってしまう)者が出て来ることを見はかるように会議は終わる。何がどこまで決まって次に何を議論し、なにを用意すべきかの確認というか、そうしたものは特に出されない。暗黙のうちに了解しているのだろうと思った。
 回を重ねるうちに、私は労働運動の手法で前回会議のまとめと、当日の議題をレジュメとして用意した。当初それは、訝るような場の雰囲気を私は感じた。慣れているであろう労働運動からこの市民運動の場に出ている人は少数であったからだろう。だからといって異議を唱える人はいない。つまり、こういうことだったのだ。みんなで自由に話し合う場で、予めレールを敷かれたような運営はよくない、偏るのではないか、と。あるいは話し合う内容についてだれが決めたのか、その場で出しあえばいいではないか、と。う~と唸った。
 雑談のような話が出たりして、それを遮ることは良しとしないようで、中々本題に集中しないことに私は少しいらだったが、やっぱりどこかで、その日の落としどころを心得ている人がいて終わりとなる。
   終わり方もまたいろいろで、夕方6時か7時ころから始まって、遅くとも10時には終えるというのが私の経験であったが、11時近くまで続くこともあった。これは、翌朝7時過ぎには出勤する「現場労働者」にとってつらいところである。一方で、「会議は2時間で終わろうよ」という人もいた。「こんなことで“過労死”したくないよ」と。
   至極まっとうであると思った。私は賛同した。しかし・・・(未完・続く)

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

最後の運転免許証の更新

 「資格」を考える
 既に書いたことであるが、私の運転免許証は6月の初めで切れていた。もちろんこのままでは失効していて更新はできない。ということであるが、更新には「高齢者講習」の受講が条件で、その講習が「新コロナ」の影響で1か月延期となり、更新日を過ぎてしまったのである。そこで最寄りの警察署で3か月の延長許可をとって、今回の更新に至ったという訳である。
 18歳で普通免許をとったが、ふとこれ以外になにがしかの「資格」を私は持っているだろうかと考えたが、すぐには出てこなかった。だが一つだけクレーンを扱う初歩的な「玉掛け」の資格を持っていた。それがいつまで有効かどうかは知らないし、後にも先に役立つことはなかった(ない)が。
 いっとき「行政書士」の通信教育を受けて「資格」を得ようとしたが、受講前にキャンセルしたことがあった。やはり「資格の一つも」という思いがあったのだと思うが、もう一つは地域労働運動の労働相談などに役立つとも考えていたことも確かだった。しかしそうした事案は、弁護士に相談すればいいということになったのだった。
 学歴や資格、それに専門知識、技術は、就職の手段即ち生きる糧でもある。何がしかに貢献することもあるだろう。では「無資格人間」は、それの対極といえるだろうか。もちろんそんなことはない。現に私がここにいる。
 中学校の女性恩師の中に、70歳になってから「建築士」の資格を取ったという話を聞いたことがある。それが実際に役立てられたかどうかは聞きそびれたが、恐らく「チャレンジ精神」発露の一つではなかったか、と私は想像した。
 加齢に関係なく、好奇心を持つ、挑戦してみる、探求するなどは「ポジティブに生きる」ことの「資格」要件のような気もするがどうだろうか。

 

 

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

先輩からコメントを戴きました

 今後の発信にぼんやりと方向性が
 C&Lリンクス愛知電子版Ⅱ・第103号について、先輩の三氏からコメント戴いた。
 今号の発信にあたって、「本誌と別冊をどう位置付けるかは、まだ暗中模索の中にあります。」などと書いたこともあってか、コメントから“励まし”の言葉が伺われ嬉しくもあり、より“真摯”に取り組んでいかねばと思い至った。
 私が発信する内容は大別すれば、転載、引用、紹介記事といった「外資導入型」の内容と、意見や見解、提案といった自発の発信、思索、日記、つぶやき、詩のような「私的」なものといえる。
 私自身がいろんなメールを受け取ったとき、集会やデモ、講演会、公判案内など「ガイド情報」も一通り目を通すけれども、深読みすることは少ない。やはり、なにがしかの意見、感想など「私見」の方に惹かれる。
 冊子の構成で転載、引用、紹介記事といったものは、誤用に注意を払うことなどがあっても時間を要しない。一方「私見」は、時宜、テーマなどの選択と執筆の重さを背負うので、当然ながら四苦八苦で時間がかかる。しかも書き終えては据え置き、据え置いては書き直しを繰り返したものほど、自分でも納得度が上がる。それはつまり、よく読まれる記事になるということではないだろうか。
 かつてはよく「状況は分かった、それで君はどう考えているのだ」と問われたこと思い出す。対人関係では年齢や上下に関係なく、相互が「どう考えているのか」は、対話・交流の必須、最優先課題だ。
 つぶやきはいいが、悪口雑言、愚痴の類は好まれないだろう。話題性、特異性、正確性に個性があればあるほど仕上がりがいいといえるかもしれない・・・。
 今後の発信にぼんやりと方向性が見えてきたような、三氏のコメントを読んでの感想だった。

 

| | コメント (0)

2020年6月29日 (月)

映画鑑賞記録をまとめる

 執筆編集の息抜きで
 明日の30日付で「C&Lリンクス愛知電子版Ⅱ・第3号」の発信を予定しているが、中途で止まっている。今日のうちにまとめて、明日には点検して発信の段取りであったが、原稿の一部でストップがかかったまま放置。
 こういう場面は決して稀ではなく、ほぼ毎度といっていいが、半日も空けることはない。そしてこういう場合、決まって“よそ事”に手を出すのである。頭の中は原稿のことでいっぱいなのだが、再開の兆し、端緒が見つからないと“よそ事”に、ズルズル引き込まれてしまう。
 ということで今回は、観た映画のチラシ、パンフレットが山積みになっていて、以前から気になっていたこともあり、とりあえず2017年以降のものを対象に整理することにした。ところが観た映画がいつ、どこの映画館であったかのメモがない。「シネマ散歩緑の会」の鑑賞会は、ニュースを発行してきたからほぼ完ぺき。個人で観に行った映画は、「日録」「ブログ」で当たっていけば、かなり拾えるのだが、3年も遡るのもなかなか厄介なことだった。
 日付が判明しても、映画館がどこであったかメモされていなので困った。映画を思い出しながら、薄れた記憶に頼るほかなかった。それでも恐らく90%は把握したと思う。残りは後日に。
 それで、シネマ散歩緑の会の映画鑑賞会は、2017年9月から今年の1月までで15回。個人的なものは、判明したものだけで言えば、2017年が8本(鑑賞会は2本)、2018年が11本(鑑賞会は6本)、2019年が4本(鑑賞会は6本)、2020年は6月までで7本(鑑賞会は1本)であった。
 今年は、新コロナの影響で鑑賞会は1月以来止まったまま。個人的なものは、「自粛」までの駆け込みで4本、「解除」後に3本(6月)ということであった。
 さしたる意味のないことに時間を費やしたが、これで明日はすっきり編集執筆に取り掛かれるだろう。

 

 

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

雑草にも命があるといわれても

 広い野原で芽を出せばよかったのでは?
 昨夜の雨は明け方までにはあがったようで今朝は曇り空。未だ湿り気の残ったこの状態は、草むしりにはいい日よりである。この日を待っていたので、ゆっくり朝食をとり、新聞2紙と日曜版まで読んで、作業着(23年前の、在職中のものを今でも着ている)に着替え、軍手とハンドスコップで取り掛かる。正午少し前。隣地まで行ってそこから延びて蔓を巻く雑草を中心にできるだけ根っこから引き抜く。
 前回が4月30日であったから約2か月。前回抜き取った一帯に新しい芽が伸びて、ブロック塀を伝って柵に手を掛けようとしている。できるだけ根っこに近いところから引き抜くが、容易に抜けるものは、単独に芽生えたもの。なかなか抜けないものは、土中に太い根幹があってそこから枝のように伸びてきている可能性がある。内庭ならしつっこく掘り返して“根こそぎ”抜きにかかるのだが、ここは隣地なので千切れたところでまでで諦めた。
 さて外を終えて小庭に移った。膝をついて一本一本抜いていくが、やはりの根の深いものがある。隣地からブロックの基礎の下をくぐって伸びているのかと思うほどの太い根にぶつかることもあるが、今日は比較的根の浅いものが中心だった。
   その時ふと思ったのは、たまに雑草を抜いた後からミミズが出て来ることがある。ミミズは何を食べて生きているのかは知らないが、雑草の根っこ近くにいるのは、根の近くに食べ物でもあるのかな?(検索してみよ)
 一部に防草シートが敷いてあるが3年もたつので、劣化し始めているせいかあちこちから雑草が芽を出す。これらは根が浅いので簡単に抜けるが、どうみてもこの春か梅雨時になって芽を出したものに違いなかった。
 もし心根の優しい人が“雑草にも名前も、命もあるのよ”と声をかけられたらなんと答えたであろうか。風に飛ばされたか、鳥か虫にくっついてここに来て芽を出したのであろうか、“どこから来たかは知らないけど、落ち着いた場所が悪かった。仲間たちがいっぱいいるもっと広い野原に行き着けばよかったのに”と答えたかもしれない。これでは答えになっていないかなあ。

 

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

6・23沖縄慰霊の日

「忘れない、オキナワ、フクイチ」
 今朝、珍しく7時に目が覚めた。いつもならそのまま2度寝するところだが、今朝に限ってスマホのニュースをタッチしていた。
 6月23日は、沖縄での地上戦が終わった日とされ「沖縄慰霊の日」として、糸満市摩文仁の平和祈念公園で県と県議会主催の「沖縄全戦没者追悼式」が行われてきた。75年目の今年は、新コロナの影響で参加者数は絞られたが、亡くなられた人への追悼と不戦を誓い平和への祈りには変わりはない。
 正午のニュースでは、追悼式の様子が流れ、私はテレビの前でカメラを手にして画面を見据えていた。初めに玉城デニー知事が「平和宣言」が読み上げられ、「私たちは、忌まわしい戦争の記憶を風化させない、再び同じ過ちを繰り返さない、繰り返させないため、沖縄戦で得た教訓を正しく次世代に伝え、平和を希求する『沖縄のこころ・チムグクル』を世界に発信し、共有することを呼びかけます。」などと語りかけた。
   続いて、沖縄県内の小中高校生ら計1119作品から選ばれた「平和の詩」が紹介された。それは沖縄県立首里高校3年の高良(たから)朱香音(あかね)さんの詩「あなたがあの時」であった。高良さんは、自らの詩を朗読ではなく全編そらんじていて終始視目線を落とすことがなかった。その訴えるような表情には、“怒り”がこもっているようにさえ見えたのだった。
 続いて安倍首相のビデオメッセージが映し出された。沖縄の現状を見てみれば、どんな言葉を並べても白々しく聞こえたのは私だけであったろうか。NHKニュースはここまでで、この後、感染拡大を受けて招待が見合せられた広島市の松井一実市長、長崎市の田上富久市長、国連の中満泉事務次長(軍縮担当上級代表)のビデオメッセージが流される予定となっていたが、これは略された。
   私はこの日が来ると、つい2015年のピースサイクル沖縄のツアーに参加したことを思い出し、式典会場近くでの国際反戦集会に参加したこと、その時に式典を終えた故翁長雄志知事と出会ったこと、翌日には平和の礎など、戦跡を訪ねたことなどが浮かんでくるのである。さらにまた、1972年の「沖縄返還」に関わる活動のこと、沖縄の歴史などの学習にも思いをはせるのである。
   今となっては、その再現は難しかろうと思うことはあっても、「忘れない、オキナワ、フクイチ」に変わりはない。

 

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

立憲、都知事、河合夫妻逮捕・・・

   気ぜわしい1日でした
 6月18日は、いろいろなことで時間が過ぎていき、この時間(午後11時過ぎ)になるまで、ブログに書きたいテーマが“徘徊”していた。
 目覚めた朝、スマホニュースに目をやると、立憲民主党の須藤元気参院議員が離党届を出したというニュースが飛び込んできた。昨日付の「C&Lリンクス愛知電子版Ⅱ・第3号」で、山尾志桜里氏が立憲民主党を離党して国民民主党に入党届を出したことに触れたばかりであったから衝撃を受けたのだった。
 立憲民主党内にいろんな分野で活躍する人がいて、「多様性」を重んじる政党であることは評価の一つであるが、個人的には「多様性」の問題点も感じてきたのだった。「多様性」と「組織性」は時にぶつかり合うことがあると考えているからだ。この先は省くが、スマホを手にしながら、そんなことをしばらく想いうかべていたのだった。
 そしてもう一つ、河合案里、河合克行両議員が逮捕されるだろうというニュース。かねてから6月18日が「Xデー」(国会閉幕の翌日)と言われ、「検察庁」をめぐる一連の動きから、検察はもう一歩も引けないだろう、失地回復のこの機会を見逃さないだろう、そう考えられ、それが一気に安倍首相の責任論(退陣)に発展していかないものだろうか、そんな期待も描いたのだった。
 朝食後に気持ちを切り替えて、かねてから何とかしたいと思っていた机上の書類の山の整理に取り掛かった。この仕事は実に悩ましいものなのだ。“今は使わないが、資料として残したい”その誘惑に打ち勝たなければ、整理廃却は進まない。結局廃却するA4の紙類が17センチに積みあがった。リサイクルに出す予定であるから、一枚一枚点検したので時間がかかった。封筒類は差し出し名があるから焼却処分。まずいかなと判断したものは保留か葉書類と一緒にシュレッターに。それでもまだ第2弾、第3弾の仕分け作業が必要である。
 夕方になって買い物に出て、夕食の支度。少し手を加える内容だったので2時間ほど要した。その間台所からBS・世界のドキュメンタリー「ハイテク対テロ戦争 ロボット戦争」をチラチラ見ていた。“ああ、じっくり見たかったなあ”であったが、やむを得ない。
 そして、都知事選挙の立候補受付のニュース、続いて6時から安倍首相の記者会見。顔はあまり見たくないので耳だけであった。
 夕食後は、朝刊の読み直しと夕刊を読んで、9時過ぎからパソコンの前で、一通りの情報収集にあたった。「ポスト安倍への動き活発化 『支持率回復する要素ない』」「疑惑ずくめ、荒れた言葉、巨額の予算…国会150日検証」「アングル:強まる安倍首相の退陣観測、河井前法相逮捕がさらに逆風」の3点を保存した。
 ということで、気ぜわしい1日の経過だけのブログとなった。

 

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

運転免許更新の高齢者講習

 自分ながら、大丈夫かなあ
 車の運転免許更新は、これをもって最後にしようと思ってきた。
   今日、更新の条件が実技をふくむ2時間の「高齢者講習」受講であり、それを受けた。この2時間というのは、去る1月8日に受けた「認知機能検査」の結果で、76点以上が「記憶力・判断力に心配ありません」と認定されたからであり、それ以下の人は3時間の講習ということであった。
   今日は、「目」を中心とした検査三つがあった。「動体視力」「夜間視力」「水平視野」である。いずれも運転中の「目」による認識・動作反応の程度を調べるもので、私の結果は、動体視力では「やや劣っている」、夜間視力「やや優れている」、水平視野では平均的、視力1.0というものであった。眼科で定期的な検査を受けていて、持病もあるので動体視力の衰えは納得したところである。
   さて車の運転による実技「運転行動診断」が問題であった。事前の提出書類には運転の頻度について「1~2回/年」という殆ど乗らない状況を書き込んだが、少なくともこの1年は一度も運転していなかった。まあミスするだろうと覚悟はしていて、内心は“気にしないでおこう、なるようにしかならない”と、半ば開き直っていた。運転中何度も注意というか助言を受け、運転免許試験なら不合格だろうと自己採点した。採点の備考欄には、例えば「正しい運転姿勢」の項目で「片手ハンドル、内かけハンドル」というクセが出ていました、と記載された。
   私の免許証の有効期限は6月の初めに既に切れていたが、この日の講習を受けないと更新手続きに入れない。そこで新コロナの影響で3か月延長の申請を5月に済ませていたので、8月いっぱいまでに手続きすればよいことになっている。
   私は16歳で「原付Ⅱ種」今の自動2輪、18歳で普通免許をとったが、この時は既に夜学に通っていたので、7月、8月の夏休みを使って自動車教習所に通ったのだった。今日と同じ場所のM自動車学校であった。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧