2018年5月25日 (金)

今どきのハラハラ、ドキドキ

 立憲民主党に期待を寄せればこそ
 言葉として「ハラハラ、ドキドキ」を並べて使うこともあるし、そもそも、そういった感性にも濃淡があるようで、加齢と共に淡くなっていくものかもしれない。
 私が今どき「ハラハラ」するのは、「ドキドキ」も併せ持つ「立憲民主党の今とこれから、行く末」である。何でも出来立てのものはその成否が定まらないからハラハラするものではあるが、日本の政治状況からすれば、これ以上の悪化、劣化をさせてはならず、野党の奮起、新地平開拓が強く求められている。そこに登場したのが立憲民主党であり、民進党の崩壊、希望の党の大脱線の中から「枝野立て!」という状況の下で生まれ、衆知を集め準備、熟慮から立党されたものでないとしても、立憲民主党は生まれた時から「この国行方-改革の旗手、先駆者」の任を負ったのである。
 古来「出る釘は打たれる」との言葉通り、期待が高まれば高まるほど、力を発揮すればするほど、敵から送り込まれた輩か、商業主義かはたまたある種の「やっかみ」かで、“アラ探し、ミスの誇大化、私生活のバクロ”などの狙い撃ちに会うことは稀ではない。ここに「ハラハラ」の一部があるが、政権をとるということは、国内政治だけなく国際政治情勢にも屹立した政治を行う必要があり、世界には老獪な政治家がいるから、それも今から「ハラハラ」の一つである。
 どうも「ハラハラ」するのは、不安が先にあって、マイナス思考が強いようだが、一方で期待するからでもあり、その二つがない交ぜになっている。
では「ドキドキ」といえば、これは「ハラハラ」が逆転したような感じがする。望み通りの道が拓きつつあって、いっそう期待が高まり、“そうなればいいなあ”という結果ばかりを想像し、そしてその一角に自分がいる。でも、ちょっと不安もあって「ハラハラ」とない交ぜになる。
  ハラハラもドキドキも生きているうち、などというのがオチではない。立憲民主党にあるかもしれない「ハラハラ」なるものとは何だろうかを考え、黙過してはならないだろうし(何でも反対ばかりの、対案のない党であってほしくない、など)。そして、立憲民主党に小なりともなにがしかの関わり、言動を持って参加すること、期待と希望を多く持つことで「ドキドキ」を高めたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

「C&Lリンクス愛知・電子メール版」第2号

  特別興行「アベ屋敷 風前の灯火の段」の前日に
 今月末の発行を予定していた「C&Lリンクス愛知・電子メール版」第2号を、急遽前倒しして今日の午前中に発信した。
 というのも、明日19日の午前、岐阜市で開催される「ぎふ総がかり」行動で披露される寸劇(正式には、劇団「ぎふ総がかり」特別興行という)、高橋恒美脚本「アベ屋敷 風前の灯火の段」のシナリオが届いたので、それを紹介したいがためである。
  19日は、名古屋でも午後に「安倍内閣打倒!憲法改悪阻止!5・19集会」が予定され、読者の多くが愛知県内ということで岐阜まで駆け付けられない人が多いであろうから、先に紹介する気になったのである。
 第2号の内容は、
・表紙-政党の政策立案を考える 母子世帯 働いても貧困
・立憲民主党が行く
① 立憲民主党の県連組織その後-新たに滋賀、山形、栃木で設立へ-
② 新政あいち:140人に 名古屋で役員会 来月24日総会
③ 立民党やゆした発言は「誤報」 国民・大塚代表、一方で反省も
・劇団「ぎふ総がかり」特別興行  (5月19日・岐阜市)
アベ屋敷 風前の灯火の段(脚本:高橋恒美) のシナリオ
・立憲民主党と関連のマスコミ等の情報【5月8日~17日】
・随想 2018年は「節目」の年になるか 以上6頁。

 こうして「電子版」で原稿が出来ていくと「冊子(次号は82号)」の編集もスムーズに行くので、6月末の発行を前倒しできるかもしれない。内容自体は「過去形」のものが主であり、「ニュース性」は薄いのであるが、できるものなら「立憲民主党」をできるだけリアルタイムに届けるのも、発行の意義の一つである、と思うからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

立憲民主党の県連組織その後

新たに滋賀、山形、栃木で設立へ
 来春の統一地方選挙まで1年を切り、どのような陣形で臨むかは喫緊の課題であり、立憲民主党から立候補を予定している人にとって都道府県連の設立は、切実な問題といえよう。これまで、北海道、宮城、群馬、埼玉、千葉、神奈川、東京、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、島根、岡山、高知、福岡、熊本、大分、宮崎、鹿児島の20が設立を終え、岐阜、山梨、長野、福井、愛媛、滋賀、山形、栃木が6月から8月にかけて設立する準備を進めている。岡田克也元民進党代表の三重県は、地域政党「三重新政の会」を設立して地方選挙に臨み、立憲民主党県連設立の予定はないようだ。ただ参院選挙ではどうなるかは、「無所属」では不利であり、地方選挙後に動きが出てくるかもしれない。
 「C&Lリンクス愛知・電子メール版第1号」で紹介した以外の動きを拾ってみると、滋賀県、山形県、栃木県で以下のような動きが伝わってきている。
□栃木県
  立憲民主党県連の設立を目指す準備会(会長・福田昭夫衆院議員)は5月9日、県連の設立大会を来月10日に宇都宮市内で開催すると発表した。今月中に県連を発足させる方針。
 準備会などによると、県内ではこれまで、福田氏や県議5人、市議や町議が4人の計10人が立憲民主党に入党した。県連は代表に福田氏、副代表に佐藤栄県議、幹事長に松井正一県議が就任する見通し。
□山形県
  民進党県連政調会長の石黒覚県議(61)が5月9日、県庁で記者会見し、立憲民主党に入党したことを明らかにした。立憲は全国で地方組織の強化に本腰を入れているが、県内は国会議員がゼロの「空白県」で、県議・市町村議の入党は石黒氏が初めて。7日に希望の党と民進党が合流して国民民主党が発足、県内でも来春の統一地方選や来夏の参院選に向け、野党再編が加速する可能性がある。立憲民主党県連設立も視野に入れており、今年8月に枝野幸男代表を招いた集会を開きたいとしている。
  □滋賀県
山田実・元県議は4月27日、県庁で記者会見し、立憲民主党の県連設立準備会を発足したと発表した。代表は県医師会の笠原吉孝・元会長が、事務局長は山田氏が務める。7月の設立を目指し5月20日午後6時から近江八幡市鷹飼町南4のアクティ近江八幡で、枝野幸男党代表の講演会を開く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

立憲民主党・愛知の「新政あいち」容認について

 曖昧さが残っていないか
 立憲民主党愛知県連4月21日の幹事会で、所属の地方議員が民進党系の政治団体「新政あいち」に参加することを認めると決めたという。これまでは「二重党籍」の懸念などから「新政あいち」と距離を置いてきたが、参加を認めるに至ったその背景には、民進党の支持母体である連合愛知が「新政あいち」の参加者以外は支援しない方針を示しているとして、来春の統一選に向けて「方針転換」をしたという。
 この「方針転換」について私は、おかしいとか反対とかいうつもりはないが、以下の点が気がかりなので改めて聞きたい気がしている。
 その一つは、「新政あいち」に参加を認めるとしても、まず立憲民主党に加わって立場をはっきりさせてから「新政あいち」への参加を容認するという手順と働きかけをどこまでなされたのか、そうしたプロセスがあったのかどうか。というのもこの愛知の事例が、「愛知の事情」だけにと止まらず、他県での事情にも影響を与えかねないからだ。特に北海道連との違いがかなり鮮明のように思われ気がかりである。
 次に、連合(愛知)との関係について、しっかり議論されたうえでの決定であろうか。仮に、来春の統一地方選に向けてだけの方針転換であるとするならば、市民運動との関係が心配になる。これまでも「連合愛知」の組織的体質「トヨタ労連と中電労組の主導」が濃厚であるとみており、三河地域での地域活動、地方議会、地域労働運動、脱原発運動にとって一つの「壁」となってきたことは指摘してきた。特に共産党との関係は最悪であるといっていい。
 「野党共闘、野党は団結」のもと、安倍政治を許さない、安倍内閣打倒の運動の高揚の中で、こうした問題を徒に提起することは野暮というものだが、それゆえに「問題の本質」を知っておくべきとも考えるのである。
 「連合」中央の政治方針についても改めて検証すべきだが、かつて「民主大国」といわれたこの愛知で、連合愛知がそれを支えた要素は大きいことは確かである。であるがゆえに民主党-民進党の“凋落”と連合との関係、「市民連合」など最近の市民運動との関係は、これからの立憲民主党にとって、避けられない課題の一つではないかかと思うのである。
 「連合愛知の支援なしでも闘える」候補と「連合愛知の支援又は連合愛知推薦の候補と競合しては闘えない」候補があるすれば、前者は、市民運動、無党派層から幅広く支援を受ける割合が高くなると考えるが、後者はどうであろうか。
 最後に、希望の党は論外としても民進党と関係には配慮、に異論はないが、連合愛知との関係、共産党との関係双方に「野党共闘・市民共闘」と密接な関係があるというのが率直な私の問題意識なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

枝野立つ!を読む

 ぶれない政治と枝野-福山のライン
 実質275頁の本「枝野立つ!-立憲民主党のさらなる闘い」を、3日間かけて6時間ほどで読み終えた。私としては、このような短期集中して本を読むことはさほど多くはない。
 帯には、初の評伝にして迫真の政治ドキュメント「土壇場の立憲民主党結成と衆院選大躍進の舞台裏――政治家を志した枝野幸男の少年時代、日本新党からの代議士デビュー、民主党政権での官房長官、そして野党第1党の代表となるまでの波乱の半生を描く」そして、「いま、この男が政治を変える」とある。
 枝野は1964年(昭和34年)生まれだから、私と二回りも違うし、枝野が1993年に日本新党でスタート(初当選)したころ私は、どちらかといえば未だ社会党支持の流れの中にいたので、日本新党や新党さきがけなどに関心をもってはいなかった。ただ、多分1980年代だったと思うが、未だ国会議員になっていない枝野を「いいセンスをしている」と評価する仲間がいたことは妙に覚えている。
 さてこの本はドキュメントであり、第1章 前原vs枝野 分裂の萌芽となる民進党代表選から、第5章 大躍進の衆院選、が前半であり、枝野を中心に、福山哲郎、辻元清美、長妻昭(と近藤昭一、赤松広隆が立憲民主党の立ち上げメンバー)と菅直人、小沢一郎、安住淳、本多平直の面々が登場し、いわば「濃い人脈」といえるだろう。
 ここで私が注目したのは、後半の政策面でより鮮明になるのだが、枝野の「ぶれない」が一貫していることと、幹事長に座った良く知らない福山哲郎についてである。枝野-福山が、熱い信頼関係と固い絆で結ばれていることを知り、福山の政策通、事務方作業に精通しているという力量を知らされた。先の京都府知事選挙で、立憲民主党は、自民、民進、公明、希望の各党と共に西脇隆俊氏を推薦したが、これを主導したのは福山で、「自民党と組むとは・・・」と一部で批判と落胆が伝えられた。(3月23日のブログでコメントあり)私は、この対応がグッドでもベターでもない選択ではあると思ったが、その意見に組みはしなかった。抽象的だが「京都府知事選挙の場合-風雨に曝される立憲民主党」と表現した。
 また、党の「まっとうな政治」というコピーは、福山の案であるとのことだった。
 もう一つは、「枝野立つ!」は、「枝野立て!」に押されてのものであるが、その声を挙げた有権者の意識というか、政治感覚というか、政治的関心度についてである。立憲民主党が立ち上がったことの有権者の反応がそれを示している。(だから、立憲民主党の躍進を、風やブームで終わらせてはならない)よく言われる選挙の低投票率は、「国民が政治から離れているのではなく、政治が国民から離れているからだ」という核心部分を枝野はしっかり把握している。これは党幹部だけの認識だけではなく、党員、パートナーも同じでなければならない。
 この後第2章小池百合子率いる希望の党との突然の合流劇、第3章“枝野立て”の声に押されて、第4章枝野、ついに立つ!立憲民主党結成、そして第5章に至るが、後半は次の機会に。 
続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

立憲民主党・代表の枝野幸男・・・

 同時代性を共有できることに・・・
 16日に立憲パートナーズの登録を申し込んだが、今日になって、党からのメッセージが届いた。この間やや時間がかかったということは、メッセージにも記載されているが、全国でかなり多くの人が登録申請をされているのではないかと推測する。私もその一人であるが、これもまたメッセージにも記載されているが、私から他者に発信してどれだけ広げていくことが出来るかで、この党の命運がかかる。登録したことをもって何かをしたということでもなく、「政治を変える、政治にかかわる」ということにはならない。自覚したいと思う。
 メッセージは以下の通り。

  立憲民主党・代表の枝野幸男です。
  この度は「立憲パートナーズ」にご登録の申込みをいただき、まことにありがとうございました。
  4月16日から立憲パートナーズの登録を開始したところ、大変多くの方からお申込みをいただいています。心から感謝を申し上げるとともに、期待にお応えする責任をあらためて強く感じています。
  立憲パートナーズは、政党の応援団を募集するものではありません。政治家と国民は民主主義を前に進める対等なパートナーであるべきで、「民主主義は市民の主体的な参加によって成り立つ」というチャレンジを一緒につくっていただける方を募ります。
  もしお知り合いに、立憲パートナーズにご関心を寄せていただける方がいらっしゃいましたらぜひお声がけ下さい。まだまだ試行錯誤もあるかと思いますが、お寄せいただくご意見をもとに仕組みをより充実したものにし、そしてみなさんとともに政治を前に進めるために、一層の努力を重ねて参ります。
  ご登録の際にお寄せいただいたメッセージには目を通しておりますが、すべてにお答えすることができず申し訳ありません。至らない点もあるかと思いますが、順次対応を進めておりますのでご理解いただければ幸いです。
  引き続きよろしくお願い申し上げます。(動画もあり)

  今、「枝野立つ! 立憲民主党のさらなる戦い」(木下英治著・河出書房新社)を読んでいる。新党であり、そのルーツも浅いから、「同時代性」を共有しながら読み込むことが出来るので、ページが早く進む。明日中には読み切れそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

立憲民主党での初仕事?

 大型ポスターの、テープ貼り
 私は、「立憲パートナーズ」の登録申請はしたが、登録料の払い込みが終わっていないから、未だメンバーに加わっているわけではないが、何らかの支援、協力できることがあれば応じたいと思っていた。
  昨日、ポスターのテープ貼りの協力依頼の電話があり、今日の午前11時ころに愛知3区・近藤昭一事務所に出掛けた。1時間に1本しかないバスで30分ほどの所にその事務所があるが、初めての訪問であった。
 作業は、立憲パートナーズへの参加を呼び掛ける、枝野代表を大写しにしたA1サイズと思われる大型ポスターで、裏に両面テープを貼る作業であった。とりあえず○百枚が用意されていた。
 選挙用のポスターなら比較的仕事はやりやすいのだが、縦長が80数センチもあると、手慣れないと不出来となる。
 夕方の家事の都合とバスの関係もあり、3時間余りで辞去した。
 私は、初めてということもあって、この近藤事務所が、どんな構成、担務、人事になっているかは知らないが、どこの陣営でも、ポスター、チラシ、会報など、こうした作業が日常的にあるのだろう。専従事務員がいるのかどうかは知らないが、後援会などのボランテアが詰めているのであろう。この日は二人作業であった。
 ところで、「党員」のあれこれについてどうなっているか気になっていたので、秘書に話しかけてみた。どうやら「党費年6000円、機関紙購読義務」くらいが決まっているだけで、議員を除いた一般党員の募集は準備段階にあるようだった。仮に早くから党員を募集したところで、組織的な運営体制ができていなければ、印象としてよくないであろうから、拙速は避けるが賢明ではあろうと思う。しかし・・・と思わないでもない。というのも、「立憲民主党」という新しい全国政党であり、その県連であっても組織的体制づくりは容易ではないことは理解できるが、巷間の「期待」は、そうは待ってくれないのではないか。“立憲民主党、次はどんな展開をしてくれるのだろう、どんな人たちの集まりだろう”という興味はあると思うし、時間とともにそれは薄れていくこともないとは言えないからだ。
 そのあたりのことは、事務所も重々承知のようで、それなりに企画を進めているようだから、しばし待つことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

立憲(民主党)パートナーズを申請

  党員加盟も考慮しつつ
 今日から「立憲パートナーズ」の受付が始まったので、とりあえずインターネットから申し込みをした。機関紙購読と寄付も申し込んだ。「とりあえずパートナーズを申請するが、状況によって党員も考慮。その案内は見当たらず、どんな手続きが必要か」というコメントもつけた。
 実際、「党員」として参加するかは未だ逡巡の中にある。逡巡する一番のネックは「党員として全うできるか」という確信が持てないからである。市民運動の会員と違って、政党の党員は、党の綱領・政策に全面的に賛同し、見識を持つこと。党の企画・行動に可能な限り参加し、鼓舞すること。党勢拡大に寄与すること、という原則を踏まえつつ、自身のこれまでの、特に最近の行動実態から、果たして党員としての自覚をもって「全うできるか」怪しい限りである。原則は原則として、役職者でなければ「個人の事情」もかなり許容されると思うし、自縄自縛に陥ることなく、自由闊達でいいのではないかとは思う。だが一方で、サポーターである「緑の党・東海本部」には日ごろから「党員としての自覚を持っているのだろうか」と注文を付けてきた経緯もあるから、安易な気持ちにはなれない。ということは「立憲パートナーズ」で登録することは“逃げか?”と自問することがないことはない。
 もう一つは、「党員」となった場合、「緑の党」のサポーターは抜けることになる。ここの踏ん切りもできていない。すでに、今年度のサポーターの会費は払い込み済みだ。
 いずれにしろ、当分は、「党員以下、パートナーズ以上」つまり「立憲民主党のインターン」として勝手に位置づけて注力してみようと思う。
 別件で、4月15日投開票の清須市議選挙で立憲民主党・現職の白井 章(69)さんが、定員22のうち8位で当選したこと。北名古屋市議選挙で、立憲民主党・現職の上野 雅美(44)さんが、定員25のうちトップで当選したことを記録しておこう。
 ついでに、東京・練馬区議補選(改選数5‐10)で、立憲民主党新人の野沢菜奈(43)さんが、28,444票を獲得して、2位当選を果たした。その一方で、多摩市議補選(改選数2‐3)で、立憲民主党新人の春日亀小判(25)さんは、自民、共産の元候補に敗れた。その差は約1000票。自公連合と、共産の地力に敗れたのかもしれないが、25歳という若さ、捲土重来を期してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

立憲民主党と社民党

 “合流論”を考える
 立憲主義では隔たりがないとしても、少数であればなおさらのこと、野党が結束することは当然であるとしても、巷間で“バラバラだからダメなんだ”と批判されたからといっても、一つの手段として政党が合流することは、想像以上に並大抵のことではないらしい。至近の例では、立憲民主党と社会民主党の“合流論”が少なからずあるように思うが、どちらも内部事情があって簡単ではなさそうだ。
 社民党は、内部からも「立憲民主党との合流を検討すべきでは」という意見もあると聞くが、党の方針としては「立憲民主党の綱領及び基本政策では憲法の理念を堅持、特定秘密保護法や共謀罪の廃止、原発ゼロの実現など多くの政策でわが党と一致しているが、憲法論議、消費税への対応、核兵器禁止条約は検討など不明確なものがあり、その見極めが必要である」「全党的な総括によって党活動全体の改善策を明確にし、その実践化が必要であり、その努力抜きの安易な合流論は取るべきではない」として、当面は党の再建に全力を挙げる、との方針を確認(社会新報第194号・3月16日)したという。
 いわば「老舗」の政党としての「主体性」を重んじ、仮に合流する状況に至っても、その伝統・主義を引き継ぎ、活かし続けたいとの気持ちが伺える。そうした意識も感情も理解はできるが、そこに頑なものがあるとすれば、容易ならざる“見えない壁”となって、先へ進む論議にならないかもしれない。
 一方立憲民主党の方は、国会・国政では「数の論理」が罷り通ることはわかっていても、離合集散を繰り返す「数合わせ」の批判に警戒を怠ることはできない状況にある。例えば離党議員個人が加入することは、立憲民主党を丸ごと受け入れての加入であるから受け入れのハードルはそんなに高くはない。しかし政党同士の合流は、綱領、政策、組織、人事全ての面で合意がなされないと、合流した途端、主流、半主流に色分けされ、あるいは「旧○○」といったような分岐が生じかねない。それは旧民主党での教訓である。それゆえ、社民党以上に安易な合流論は避けねばならない。
 現時点で言えることは、仮に立憲民主党と社民党が合流したとしても、野党大再編の“起爆剤”になるとは考えにくいし、与野党の勢力関係への影響も小さいから、焦眉の課題とは言えないだろう。少なくとも、民進党と希望の党の協議の行方を見て、さらには、森友問題、加計学園疑惑、自衛隊の日報隠しなど、国会での徹底追及をもって「安倍内閣退陣」へ追い込み、再び疑惑隠しの「解散総選挙」があるのか、政局を見定めることが肝要であろう。
 私としては、立憲民主党を支援する立場であるから、政党の丸ごと合流論より、議員個人として離党し立憲民主党に加入する道を選択してほしいと思っている。社民党のみなさんには厳しいが、社民党の歴史的な役割は終えた。一度自らの政治信条に照らして、新たな道を歩んでほしいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

衆議院解散か内閣総辞職か

 あり得ない。だが「政界の一寸先は闇の世界」
 週刊誌、日刊紙が先走るというか、先取り話題で稼ごうとしているのか、例えば4月5日の週刊実話は、「安倍首相がゴールデンウイーク後に電撃内閣総辞職」と書き、4月7日の日刊ゲンダイDIGITALは「日報隠蔽で“降ろし”加速 安倍政権『6月解散』で延命狙い」と書いている。
 いくら野党がバラバラ状態で選挙体制が出来ていないとはいえ、いくら落ち目の安倍首相とはいえ、先の選挙から1年も経っていない、森友問題の疑惑は増すばかり、自衛隊の日報隠し、働き方改革で挫折、「北」の問題で蚊帳の外、支持率の低下、これだけ揃っていては、乾坤一擲の“バクチ”的解散に打って出ることは自滅行為に等しく考えられない。与党内からの同調が得られるかも疑問である。
 だが「政界の一寸先は闇の世界」といわれるから、庶民の感覚とは全く別次元の思惑で事態が動かないとは限らない。また安倍首相は、この難局を乗り切るだけの何か“隠し玉” を持っているのだろうか。
 “昭恵氏を人質に出し、野党に叩かせ、同情を買う、というのはどう?”“体調不良で一時入院し、しかる後に辞任して後継を指名して『院政』を謀る、というのはどう?”
 根拠のない想像はいくらでもできるが、要はどんな状況がやって来ようと即応できる体制を日常的に作っておくことだろう。例えば野党第1党の立憲民主党は、この時期に解散総選挙があれば、確かに人的にも資金的にも厳しいものがあるが、「政策論」さえしっかりできていれば、選挙対応は十分可能である。この4月半ば過ぎから党員、立憲パートナーズの募集を始めるようだが、単に名簿を揃えるだけでなく、党、県連、支部、地区の組織の確立と、地域での対話がポイントとなる。そうした動きが上からの指示だけでなく自発的であることが望ましい。5月連休後には、初期的なものであれ“臨戦態勢”ができていれば、いつでも受けて立つことが出来よう。
 それで、私のできることは?と自問し、自答を探しているところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)