« 四方八洲男さんと交流 | トップページ | 新たな冊子に着手 »

2020年7月19日 (日)

7・19憲法くんとデモをしましょう

   久しぶりの屋外集会とデモだったが・・・
 新コロナの影響で、恒例となっていた「19日集会」が中止となっていたが、今日久しぶりに屋外集会とデモが取り組まれた。
 私も、そのつもりで予定表に入れていたが、「家庭の事情」で足止めされた。
   この集会では、次のようなスローガンが掲げられていた。それぞれから発言があったと思われるが、この間の積もり積もったものが出された感じである。
   「コロナ感染による失業・倒産対策急ぎ補償を!」「改憲発議はダメ !憲法を変えてる場合じゃない!」「コロナ感染拡大防止を、命と健康、暮らしを守りましょう !」「休業中の労働者や個人事業主に補償をスピーディーに!」「急いで検査態勢の抜本的な強化を !」「消費税5%への決断を!」「医院や病院への財政補償・支援を!学生への支援を!」
   この中で「消費税5%への決断を!」というのが掲げられているが、新コロナに関する「補償、支援」が盛り込まれているなか、財政的整合性についてどんな発言があったか気になるところ。
   10万円支給にしろ、「持続化補助金」、「ものづくり補助金」、「IT導入補助金」に加えて「go toキャンペーン」等々と「第2波」も考えると、国家予算はますます「破綻」に近づいていくのではないか。
   消費税10%がいいという訳ではないが、5%への引き下げ論議よりも、消費税を含む国家予算の在り方の見直しが優先ではないかと思うがどうだろう。武器の購入、リニアへの融資など「不要不急」ではないのか。
   なお主催は、安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会であったが、当日の参加者数や、集会、デモの様子などは、未だメール上に上がってきていない。

 

 

 

|

« 四方八洲男さんと交流 | トップページ | 新たな冊子に着手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四方八洲男さんと交流 | トップページ | 新たな冊子に着手 »