« これは「不要不急」か? | トップページ | ピースサイクル愛知・2日目 »

2020年7月26日 (日)

ピースサイクル愛知・1日目

 やむなく雨で中断
   天気が気になる中、ピースサイクル2020愛知がスタートした。
   今日は豊橋を出発して、陸自豊川駐屯地で申し入れをして、岡崎まで走る予定であった。
   昨日の夕刻の段階で、浜松ピースサイクル、岡崎ピースサイクル実行委員会から、「荒天につき実走中止」との連絡を受けていた。昨年は27日が台風で中止となり、お天気には逆らえないが2年連続して中止かと残念な思いだった。
   ところが今朝になって携帯電話が鳴って、相変わらず雲は厚いものの、何とか走れそう、来られますかという連絡が入り、急いで身支度して豊橋に駆け付けることにした。自宅から豊橋の集合場所まで2時間程度。午後のスタートだから十分に間に合った。
   豊橋駅についた時点では本ぶりの雨で、やはり無理かなあと思ったが、集合場所の豊橋美術館前には、浜松は予告通り中止を決定していて姿は見えなかったが、岡崎の仲間3人は、走る準備をしていた。
   午後1時過ぎ、空を見上げれば、晴れ間は見えないが雨はピタリとやんでいて、空もやや明るく感じられた。そこで相談した結果、状況によっては中止もあるが決行することにして、ピースサイクルの小型ののぼりと装着の準備をしていたが、雨に降られた場合走り辛いであろうと、装着なしで自転車2台、伴走車1台に二人で出発。
   午後1時50分、陸自豊川駐屯地前に到着。申し入れは事前に2時の約束をしていたが、時間になっても対応に出てこないので催促した。これまでこんなことはなかったので「自衛隊たるもの、約束の時間を違えるなんて、これも新コロナの影響か?」と言いたくなる。
   若い隊員が出てきて、“所属はどこですか”と聞いても答えず“私が対応します”だって。人事異動で人が変わったとしても、対応は変わらないものだと思うが、今回はなんかそっけなかった。
   岡崎実行委員会の代表が申し入れ書を読み上げて手交した。
   走りはじめからその時まで、雨は降らなかったが、申し入れを終えた途端に大粒の雨が降り出した。この雨は暫くやみそうにないと判断して、自転車を車に乗せ、岡崎までの実走は中止とした。
 私は途中の名鉄本線・本宿駅で下車して、帰宅の途に就いた。

|

« これは「不要不急」か? | トップページ | ピースサイクル愛知・2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これは「不要不急」か? | トップページ | ピースサイクル愛知・2日目 »