« 中部電力への申し入れ | トップページ | 昭和前半の男たち »

2020年7月11日 (土)

山尾志桜里問題と衆院選を考える

   電子版Ⅱ・第104号を発信
 衆院議員の山尾志桜里氏は立憲民主党を離党し、7月8日付で国民民主党への入党を受理されたという。
   政治家にはしっかりとした政治信条、政治的理念を持ってもらい、有権者の望むところを背景にこの国の行方をどうしたいのか、ということで邁進してもらいたいと私は思っているが、今回の山尾氏の行動をどう評価し、次期総選挙に向けてどんな影響が考えられるか、立憲パートナーズである私は無関心ではいられない。
   C&Lリンクス愛知電子版Ⅱ.第104号を発信した。その内容は以下の通り。
   1)視点見解 山尾問題と衆院選を考える 地元愛知では・・・ この秋にも衆院解散総選挙?さてどうする 立憲民主党は、熱意をもって擁立を急げ 2)ブログから ・米軍機墜落61年で慰霊祭-沖縄-1959年6月30日、うるま市での事故 ・書き損ないの古葉書を交換する-時代の変遷の一つ 3)書きのこし 全4頁である。
   電子版Ⅱになって104号となり、別冊は5号発信した。その棲み分けをどうしたものか思案中ではあるが、ある程度固まってきた気がする。本誌は10日毎か、月2号刊で基本4頁。執筆編集を基本とする。別冊は随時であるが、「ツネじい通信」が届けば早期に対応。ページ数はフリー。引用、転載が主となる。
   課題としてあるのが、映画、詩、随筆など「文化」的なものはどちらにするか、である。ま、どっちでもいいかな、今はそう思っている。

 

|

« 中部電力への申し入れ | トップページ | 昭和前半の男たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中部電力への申し入れ | トップページ | 昭和前半の男たち »