« 山尾議員、国民民主党に入党 | トップページ | 山尾志桜里問題と衆院選を考える »

2020年7月10日 (金)

中部電力への申し入れ

 7月27日、PC2020あいちから
 新コロナの影響は、様々な運動にも影響を及ぼしている一方、それを盾にして、面会しての申し入れを拒否するケースも出てきた。
 仲間の報告によると7月28日は、名古屋市、愛知県に例年通りの面会申し入れを行う予定を伝えていたが、名古屋市からは「回答文書を郵送で」とし、愛知県からは、当日面会はできないが回答文書を手渡しの対応とのことだった。
 こんな状況だと他の運動団体も同じような対応をされていると推測するが、豊川と小牧、岐阜の自衛隊基地は門前、即ち屋外なので拒否理由は見当たらない、というか炎天下でも雨天であっても門前対応で中に入れないというのは不誠実ではあるが、読み上げて手渡しの申し入れを拒否することはない。
 私の担当する中部電力はどうであろうか。他のグループの例では「5人以内、時間短縮」を求められたという。
 それを前提にして対応を考えるが、先日従前通りの内容で訪問通知を送ったが、何の連絡もない。今日は、申し入れの内容を仕上げたので明日投函する。
 昨年は土曜日ということで休業だったので、申し入れについて文書回答を求めたが、音沙汰なしだった。そこで今回の申し入れ内容は日付などを変えて前年のものを踏襲することとし、それに一項目を加えた。
 それは、石炭火力についてであった。
   「新聞報道によりますと本年7月3日、梶山弘志経済産業相は、2030年度までに、二酸化炭素(CO2)排出量の大きい旧式石炭火力発電所を100基ほど休廃止する方針を明らかにしました。
   梶山氏は会見で「非効率な石炭火力をフェードアウトする仕組みを導入する」と強調し、旧式の石炭火力は国内に114基あり、休廃止は9割相当の100基程度が対象となる見通し、とのことです。
   一方、26基あるCO2排出量が少ない新式の石炭火力については維持・拡充する方針で、全廃を相次ぎ決めた欧州諸国などから反発が出る可能性もあると、報じられました。
   そこでお聞きします。
 中部電力が所有する石炭火力発電所は、碧南火力の1~5号基と承知していますが、そのうち経産相が述べた『旧式』と「新式」はそれぞれ何号ですか。新旧を問わず石炭火力を全廃するつもりはありませんか。」
 今回は「石炭火力」だけを取り上げているが、石油、天然ガスでの火力発電もCO2排出規制から、いずれ問題化しよう。

 

|

« 山尾議員、国民民主党に入党 | トップページ | 山尾志桜里問題と衆院選を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山尾議員、国民民主党に入党 | トップページ | 山尾志桜里問題と衆院選を考える »