« 水無月の相合傘に新コロナ | トップページ | サプリメントの効果のほどは? »

2020年5月31日 (日)

第100号をもって「Ⅰ」とする

 C&Lリンクス愛知電子版は続行
 「立憲民主党と共に」を副題として2018年5月に創刊した「C&Lリンクス愛知電子版」は、今日の発信が第100号となった。そこで冒頭に以下の一文を添えた
 C&Lリンクス愛知電子版は、「立憲民主党と共に」を掲げて100号となりました。
   個人的には一つの区切りと思っていますが、私にとってのこの社会、この暮らし、人との交わりなどに大きな変化はありません。変わっていくのは刻まれる「時間」で、その時間が私を揺さぶります。
 100号をもって「終刊」とすることも選択肢としてありました。けれどもまた別のかたちで自己表現するであろうと推量したとき、そうであるならこのまま継続していくことでもいいのではないか、少しばかり装いを変えて、となりました。
 次号の101号は「C&Lリンクス愛知・Ⅱ」として再スタートします。編集に大きな変化はありませんが、表紙のデザインを変えます。発信間隔をあけて月間2~3号、ボリュームも4~6頁を基本とするなどです。
 発信にあたっては、基本は個人宛で、転載、転送は希望しない(紹介は受け付けます)は変わりません。
 第100号の内容は、1)声なき首相の危ない強権、国民の怒りが希望 中島岳志氏 2)新型コロナ禍と種苗法改正/経済危機/進まぬ遺骨収集(毎日) 3)◆新型コロナ禍と種苗法改正◆規制緩和か命の基盤か 藤原辰史 4)新型コロナ 「共生」の時代、どう迎えるか(毎日) 人間の分をわきまえる 山内明美 5)立憲民主党と関連の、マスコミ等の情報<5月27日~5月30日> 6)100号あとがき
 緊急事態宣言が6月1日をもって全面的な解除となる。北海道や北九州市の「第2波」をどう思っているかは知らないが。安倍内閣の方針に信頼性は薄い。だったら我が身は我が身で守らねばならないが、それは解決策ではない。
 「今は、新コロナと一緒であるが、まず・・・生き抜こう!」「子どもたち、介護・高齢者、施設、生活困窮者、非正規・・・孤立させない!」「新コロナ」と「安倍政権退陣」の両面から戦おう!・・・休戦はなし!ということではないか。

 

|

« 水無月の相合傘に新コロナ | トップページ | サプリメントの効果のほどは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水無月の相合傘に新コロナ | トップページ | サプリメントの効果のほどは? »