« 新年の第1号発信する | トップページ | 認知機能検査を受ける »

2020年1月 7日 (火)

何かが起こる?2020の幕開け

   流されず、目を離さず、わが道を
 “ええ!なに?あの日産のゴーンが密出国だって!そんでトランプがイランの要人を殺したって!まだあるの?IRで汚職かあ~、どうなってんの2020年、年の初めから”
   何が起きてもおかしくないのは世の常である。それにしても結果からだけかもしれないが、「類が友を呼ぶ」あるいは「芋づる式に明るみに」さらには「連鎖反応」など、なんだか嫌な予感すらする昨今のニュース。
   ところで私も、テレビのチャンネルを移動するときに「ワイドショー」で一時停止することがあり、時には見入ることもあるが、芸能関係のものはたいていスルーする。新聞の下欄の文春や新潮の週刊誌の広告もさっと見て通り過ぎるが、如何にも興味を引きそうな見出しが並んでいる。そのような内容に多くのTV視聴者、週刊誌購読者がいて、若者たちはスマホなんかでの言い放し、“いいね”だけの応答に慣れ切っているかもしれない。これ何だか変だ。
 つまり対話とか議論、文通が希薄になっているということではないか。それだけで済むならまだしも、安倍首相をはじめ閣僚、官僚のまともに答えない、はぐらかす、隠す、改ざんする、廃棄する行為は、この国全体の「知力」を退化させていないか。国の産業力が落ちてきている、世界から遅れ始めている、と言われるがそれは「基礎研究・開発技術」の遅れだけをいうのではなく国全体の知力、民度の停滞もしくは劣化(この言葉は使いたくないが)が根底にあるのではないかと思ってしまう。
 ささやかに「通信」を電子メールで配信している私であるが、そこでやはり気にしている一つは、「送るばかりで、交信できていないのではないか」であった。「送信を中止して」というのは今のところはない、また戴いた年賀状から「読んでいます」という一言が添えられたものもあり、必ずしも一方通行ではないと感じた。
 この2020はいろいろあるだろうが、それらに流されず、目を離さない姿勢で今後に臨みたい。

 

 

|

« 新年の第1号発信する | トップページ | 認知機能検査を受ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年の第1号発信する | トップページ | 認知機能検査を受ける »