« 続・名古屋市長選が話題に上る | トップページ | 映画「わたしは光をにぎっている」を観る »

2019年12月 5日 (木)

第14回映画鑑賞会

 地域活動・文化活動として
   シネマ散歩・緑の会の映画鑑賞会も、この12月をもって14回目を迎えた。映画の選定は、私に任されていて今回は「わたしは光をにぎっている」である。任されてはいるが、“私が観たい映画”ばかり、とはいかない。日程を調整したうえで「懇親会」のセットもあり、上映終了時間も考慮することになる。また10日先に設定しても終了してしまうこともあり、概ね1週間先でしか確定出来ない。
 今日になってようやく会誌「シネマ散歩・緑」第14号を発行することができた。その中でこんなことも書いている。
 ・・・時々、過去の鑑賞映画の記録をお知らせしています。それは映画にもよりますが、ある意味では時代を反映している、同時代性を意識させられることもあるからです。
 従来私は、映画は“おもしろけりゃいい”と単純に思っていて、1957年ころから数年の間記録していた「映画鑑賞記録」も、感想文など一切書かれていませんでした。
 後年、様々な活動にかかわって、それらの領域の映画・ドキュメンタリーを観る機会が増え、その感想文を書くようになりました。そして「シネマ散歩・緑の会」を発足させてからは、それなりに鑑賞映画を選択するようになり、ほぼ毎回、感想文などを書くようになりました。もとより、根が“おもしろけりゃいい”であり、まして映画を評論するような立場でもありませんから、毎回四苦八苦しているというのが正直なところです。
 さて今回は12月ということもあり、懇親会は望年会も兼ねます。できれば、それぞれから映画のこと、会のことなど“ひとこと”をお聞きしたいと思っています。それらをお聞きして2020年も「シネマ散歩・緑の会」を続けていきたいと思っています。
 これらについては、以前にも触れたことではあるが、「一人で楽しむ映画」もあれば「みんなで観て、あれこれ話題にして交流する」映画もある。私は、2か月に1回の鑑賞会の間を縫って、「一人で楽しむ」映画も心掛けているし、テレビシアターもときどき・・・。ただ、まとまって時間が割かれるのはつらいところがある。

 

 

 

|

« 続・名古屋市長選が話題に上る | トップページ | 映画「わたしは光をにぎっている」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・名古屋市長選が話題に上る | トップページ | 映画「わたしは光をにぎっている」を観る »