« トヨタの「コンプライアンス」が問われている | トップページ | 市民と野党の本気の共闘について »

2019年10月15日 (火)

二階発言、いい歳こいて“まずまず” か!

 せめて教訓の一つにしておこう
 自民党の二階俊博幹事長(80)が、13日の記者会見で、台風19号の被害が「予測されていたことから比べると、まずまずに収まった」と発言したと伝えられた。結局撤回に追い込まれたが、この「まずまず」の表現が物議をかもしたわけだ。災害や事故に対して、国政の中心にいる人物が言うところの「まずまず」とはどんな状態をいい、どの程度を予測したというのか。いい歳こいてこの発言。
 本来なら「まずまず」は、「大きな災害が予想されたが、関係者の不断の努力でそれを防ぐことができた。我が国の防災体制は“まずまず”だが、これからも油断せず、手を抜かずに防災に努めていきたい」といった具合に使うべきであろう。
 あるいは二階氏は、被害状況を刻々と伝えるテレビさえも見ていなかったのであろうか。そして台風がいよいよ近づいて来ても、自分の家の周りに風に飛ばされるものはないかと見て回り、雨戸を閉め、一応2~3日分の食料の有無を家人に尋ね、携帯ラジオは手元に置いておこう、などとは決して思いもつかない、やりもしないのだろうか。
 政治家は、天下国家の“眼”を持たねばならないが、“足”は、いつも地に着けていなければならない。“眼”は、足下も見ていなければ、危機感さえも覚えることができないであろう。
 この発言で、野党は当然追及したが、追及だけでなく反面教師として、「こうした局面では、真っ先に何をなすべきか、次善の策は何か、連絡網は確かかなどを考えておく」ことが肝要かと。
 ところでわが家の「危機管理」はどうであったか。19号のコースから予測すれば、風は北又は北西の風が強まると予想されたので、雨戸は北側だけとした(ちょっと油断)。飲料水、風呂水、即席麺、パン、カートリッジ式ガスコンロ、携帯電話の充電・・・。まずまずであったかなあ・・・。

 

|

« トヨタの「コンプライアンス」が問われている | トップページ | 市民と野党の本気の共闘について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トヨタの「コンプライアンス」が問われている | トップページ | 市民と野党の本気の共闘について »