« われら元気な“老域に生きる”者たちだ | トップページ | 2004年のころと今 »

2019年9月11日 (水)

C&Lリンクス愛知電子版・第60号

   デニートークキャラバンをメインに
 第60号を9月10日付で発信した。内容は、1)情けない!こうも冷淡になれるのか!-大阪知事・市長、デニー知事との面会を拒否。2)デニートークキャラバンin大阪-相澤冬樹 大阪日日新聞論説委員・記者(元NHK記者)の報告記事。3)立憲民主党と関連の、マスコミ等の情報<08月27日~09月10日> 4)「ツネじい通信」 NO49 2019/8/31 「悪人正機」凡夫のわが身を問う。5)随想23“われら元気な、老域に生きる者”―それぞれにとって生きる糧とは― で全8ページ。
 発信にあたって「第4次安倍内閣第2次改造内閣が発足しました。各党の談話も出ています。どちらにしても、許せない『アベ政治』が、暫く続くという現実です。放射能汚染に『アンダーコントロールされている』『沖縄に寄り添う』等々ウソ、ハッタリ、ごまかしオンパレードのアベ政治が、です。10月1日から消費税増税に加えて、台風15号の被災状況を知るにつけ、“何かがおかしい”の波浪は高まるばかり。それは、アベ政治を言うに及ばず、突破できないわれらの、忸怩たる思いを伴って、です。もやもやしながらも『C&Lリンクス愛知電子版』第60号を編集しましたのでお届けします。今号の内容は「沖縄」がメインで、以下の通りです。」と書き込んだが、どうも後味が悪い。
 組織を代表してコメントするわけではないので、“つぶやきも嘆きもため息”も構わないとは思うが、ある程度読者がいるわけだから、同じ気持ちにさせてはいけない、そう感じたものだった。もっとも、この“つぶやき”は、いかなる内容であれ、このブログ=日録の舞台の一つであることは避けがたい。

 

|

« われら元気な“老域に生きる”者たちだ | トップページ | 2004年のころと今 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« われら元気な“老域に生きる”者たちだ | トップページ | 2004年のころと今 »