« C&Lリンクス愛知電子版・第34号 | トップページ | 後期高齢者医療保険証が証届く »

2019年4月20日 (土)

衆院沖縄3区補選を勝ち抜いて次へ

安倍政権打倒、辺野古新基地断念の水路を
 統一地方選挙にかかりきりで、その総括に熱を挙げて沖縄のことを忘れていたのか、と言われても返す言葉がないが、21日の一連の選挙の投開票の結果ではやはり、衆議院補欠選挙沖縄3区(沖縄市、うるま市、名護市、国頭郡区)のことは気にかけている。
 革新・屋良朝博氏と自民・島尻安伊子氏の一騎打ちとなっているが、「ヤラともひろ」候補は、「海兵隊は今後小さな部隊になります。なのになぜ新基地が必要なのでしょうか」と。新基地不必要があたりまえだと訴えた。そして「これまでの沖縄振興策に加え、若者たちを対象に人材を育成する新たな振興策が必要なのです」とも訴えているという。
   故翁長雄志知事の遺志を引き継ぎ、沖縄県知事選で圧勝した玉城デニー知事、「オール沖縄」の支援を受けるそんな屋良候補を落とすわけにはいかない。
 それは同時に、辺野古新基地建設を断念させ、参院選で与党の過半数割れをもって安倍内閣を退陣に追い込む水路にもなり得る。とはいえ軽々しく沖縄3区補選を安倍内閣打倒に結び付けるのは、「本土の論理」と言われかねないだろう。沖縄が置かれている現状は、補選の結果一つで変化するというものではない。翁長雄志知事、玉城デニー知事、県民投票に続く「沖縄の意思表示」であって、安倍内閣の打倒、地位協定の改定、辺野古新基地建設断念は、「本土」の力をもって切り開くことが大前提であるからだ。
 とはい私には知人一人もいないのでは電話すら掛けられず、カンパも送らず仕舞いであった。「屋良当選!」の吉報を祈るばかりである。

 

 

 

|

« C&Lリンクス愛知電子版・第34号 | トップページ | 後期高齢者医療保険証が証届く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« C&Lリンクス愛知電子版・第34号 | トップページ | 後期高齢者医療保険証が証届く »