« 名古屋市議選・小野澤選挙の私的総括(6) | トップページ | 立憲パートナーとして1年 »

2019年4月17日 (水)

C&Lリンクス愛知電子版・第33号

   初の女性首長なるか、日進市長選挙
 ブログでは小野澤選挙の私的総括は終わっている。しかしブログの訪問者は20人前後だから、少し手を加えてはいるが、同じものをC&Lリンクス愛知電子版の記事にして発信している。
 とはいっても、全く同じものだけの引き写しでは芸がないので、新たな記事も書き下ろす。第33号では、1)注目しています!日進市長選挙、2)小野澤選挙を振り返る(1)、私的総括・全体篇、3)立憲民主党と関連のマスコミ等の情報<4月1日~4月6日>、4)「ツネじい通信」 NO30、5)選挙運動で見た風景(2)となっている。
 日進市長選挙では、ピースサイクル運動でお世話になっていることもあるが、やはりこの東海地方(愛知、岐阜、三重)で初の女性市長が誕生するかどうかに私は注目しているのである。それについては、ブログで以下のように書いた。
  ~4月14日に告示された「日進市長選挙」は、現市長の萩野幸三氏が今期限りで引退し、任期満了(2019年7月24日)を待たず辞職したので、市議選と同日選となった。届け出たのは新人の二人である。
一人は自民党・公明党が推薦する同市議会議長だった無所属の近藤裕貴氏(49)で、ステーキのチェーン店あさくま社長などを経て2007年から市議を務めた。
  もう一人は島村紀代美さん(56)で、「無党派、市民派」の島村さんは小学校教諭などを経て2007年に市議に初当選し、市議3期を務めた。毎日新聞の取材に対し、教育と福祉を支える専門家の充実した配置や待機児童の解消、高齢者の移動支援などに取り組むとし、「20億円以上かかる道の駅計画は凍結する」と述べたという。
 日進市は、愛知県のほぼ中央部である尾張と三河の境に位置し、西は名古屋市名東区、天白区、東は豊田市・みよし市、南は東郷町、北は長久手市にそれぞれ隣接する9万人余の「ベッドタウン」の街である。そして人口急増都市で、全国で2番目ともいわれる。そのような新市街地の広がる日進市の市議会は20人中8人が女性議員であり(2018年12月現在)、東海地区で初めての「女性市長誕生か」と注目もされているのである。
 2007年の市長選挙では、佐護市長の後継者として立候補した白井えりこ市議が萩野氏に62票差(萩野:13,699票、白井:13,637票)で惜敗した経緯もあり、いわばそのリベンジでもあると私は見ている。
 加えてやはり先の尾張旭市長選挙でも大島もえさんが挑戦したが、「女性市長」の誕生を大いに期待しているのである。~
 と言いつつも、実際に応援に行けないので辛いものがある。ぜひ勝ち抜いてほしいと祈るばかりである。

 

|

« 名古屋市議選・小野澤選挙の私的総括(6) | トップページ | 立憲パートナーとして1年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋市議選・小野澤選挙の私的総括(6) | トップページ | 立憲パートナーとして1年 »