« みき選対のポスティング大作戦 | トップページ | C&Lリンクス愛知・第87号 »

2019年3月13日 (水)

一人でのポスティング

 かつて実家のあった区域で
 午前11時過ぎ、県議会議員選挙の立候補予定者、松本守さんの事務所を訪問し、選挙の推薦葉書を届けた。小野澤美希予定候補と同時に書いたので同じ枚数である。事務所には、中村友美県議の事務所から来ている人、元名古屋市議の古瀬さんらもいて暫く談笑した後、そこを出発点として、緑区鳴海町の字柳長と字向田全域のポスティングに向かった。この柳長(りゅうちょう)は、地域的には広いが、その8~9割は、日本車両及び名鉄の線路域で締められていて、民家は少なく、マンションも3棟のみであった。
 一方向田(むかえだ)は、私の実家のあった所で、私はそこに1972年まで住んでいた。また新聞配達の区域でもあったので、あのころの配達先の家がどうなっているのか、幾らか興味を感じながら、つまり楽しみながらチラシを入れることができたのだった。
 この日風は強かったが、晴れて暖かったので、庭先に出ている人もいて、その人には“こんにちは、ビラを入れさせてください、おのざわです”と声をかけたが、どこでも“ごきろうさん”の声を戴いた。それが票につながるかどうかは一概に言えないが、言ってみれば鳴海町の旧市街地であれば、近所付き合いのある地域柄といえるのではないか。
 終えてみれば300枚持参したチラシは、35枚残っていた。ちなみにポスティングだけでほぼ1万歩の歩数、90分であった。その結果を事務所に報告した。緑区全体からみれば、たかだか500~600分の1に過ぎないものであったが、個人的にはまた一つ“仕事をした”ということでもある。

|

« みき選対のポスティング大作戦 | トップページ | C&Lリンクス愛知・第87号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人でのポスティング:

« みき選対のポスティング大作戦 | トップページ | C&Lリンクス愛知・第87号 »