« C&Lリンクス愛知・電子版第23号を発信 | トップページ | C&Lリンクス愛知・電子版 第24号 »

2019年1月12日 (土)

C&Lリンクス愛知第86号

部数を大幅に減らして作成
 今日の午後に、市民と野党をつなぐ会@愛知の全体会が設定されていて、発行予定が3日ずれ込んでいる「C&Lリンクス愛知・第86号」の印刷・セット作業とどちらを優先するか悩みに悩んでいた。
 全体会では、各選挙区での活動報告を中心に、1)知事選立候補予定者(大村さんと榑松さん)への公開質問状に対する回答結果をどう評価するか。2)県議会選などでできることがあるかどうか?(各選挙区で公開質問状を出せないか?)3)7月の参院選に向けて、が主な議題とのことだった。
 いずれも「安倍政権打倒」に連動するものであり、県下の市民運動の動きを知るうえで、出来ることなら参加したいと考えていた。私は愛知第3区であるが「市民と野党をつなぐ会@愛知」とは、直接つながっていない。3区の会合にも参加していない。とすると、立憲民主党のパートナーの立場は、「自党と市民をつなぐ」ことが立ち位置となる気がする。このような感覚は今までなかったので戸惑いがある。選挙となれば、「つなぐ」というより「獲得する」が主流となるから、その日常活動は、私の場合は「リンクス」のような情報宣伝活動が、それにあたる。
 さて選択は、「リンクス(紙版)」の方は、緊急性がないというものの、あまり日延べしてしまうと鮮度が落ちてしまい、発行すること自体に逡巡することになりかねない、という焦燥感もあり結局印刷を優先した。
 「紙版」の第86号は、ほとんどが「電子版」の記事からの採録である。そのことから、今号からインターネットで繋がっている人への配布(重複)は、一部を除いて中止することとした。そして改めて配布数をカウントしたところ、高齢者を中心に25人ほどとなり、前号の65部の半分以下、1年前の5分の1程度となった。
 内容は、全28頁で以下の通り。
●表紙に田島麻衣子さんを紹介●巻頭詩「風を待つ」(尾元のん葉)●憂国のつぶやき「二〇一八年を振り返りつつ、二〇一九年へ」●立憲民主党が行く 一連の活動の反省会から /「立憲パートナーズ」を、常時募集しています/12・1 山尾志桜里 講演集会・報告●命の「水」がアブナイ! 水道法改正案が成立!●立憲民主党 躍進のつどい2019●立憲民主党と関連のマスコミ等の情報 <10月12日~2019年1月9日>●随 想・3題●戴いた年賀状から ●「新・ツネじじい通信」<№17~19>●地域活動「シネマ散歩・緑の会 2018年の鑑賞映画」/あとがき 。

|

« C&Lリンクス愛知・電子版第23号を発信 | トップページ | C&Lリンクス愛知・電子版 第24号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/67584446

この記事へのトラックバック一覧です: C&Lリンクス愛知第86号:

« C&Lリンクス愛知・電子版第23号を発信 | トップページ | C&Lリンクス愛知・電子版 第24号 »