« 愛知3区、一連の活動の反省会 | トップページ | 株の「口座管理料」を請求される »

2018年12月26日 (水)

パソコン不調か、自責か

 年内仕事が年越しの憂き目に
 つい4~5日前まではこの年の暮れを、余裕を持って迎えられそうだと楽観していたのだが、ここへきて“年越し”を覚悟しなければならない状況に追い込まれた。
 というのも一つは、パソコン上に執拗な「更新手続き」を迫る迷惑メールのような画面が登場して、削除できない事態となり、これを撃退するのに数日かかってしまった。その間仕事が出来なかったわけではないが、作業中に割り込んでくるのでうっとうしい限りだった。あれやこれやで何とか撃退できたようだが、またやってくるかもしれない。
 次に、「C&Lリンクス愛知・電子版」の第21号を送信しようとしたら、一向に届かないのである。原因はわからないが、何度か繰り返して失敗していろいろ考えた。今回は「1MB」あり、送信先が60余りであったので、一斉に送信すると重たいのかなあと考え、試みまず一人へ送ってみたら、通常より時間は長いものの一応完了した。そこで今度は10人くらいずつに分けて送信したところ、5分から10分ほどかかったが、ともかくそれこそ半日かけてようやく終えたのだった。
 「1MB、60余人」が重たいとも思えないので、パソコン本体に問題があるかもしれない。容量にはまだ十分余裕があるはず、かれこれ4年の激務だったから、パソコンに老化現象でも起きたのかもしれない。
 そしてもう一つは、編集したページが、いつの間にか消えてしまう事態が続いたのだった。何かの手違いで削除してしまったに違いないのだが、復元できずにやり直しを余儀なくされた。幸いなことにそれ自体の素材は残っていたので、時間を掛ければ解決できるのだが、気力が萎えてしまった。加えて、ここにきて後回しにしてきたパソコン作業以外の仕事が俄かに“時間がないよ”と迫ってくるのだった。
 どうしても年内に終えておきたい仕事二つを選んだ。年越しする作業は、「新年」ということになり手直しはやむを得ない。

|

« 愛知3区、一連の活動の反省会 | トップページ | 株の「口座管理料」を請求される »