« リニアより災害に備えて安全な国土づくりを | トップページ | 山尾志桜里講演集会(1) »

2018年12月 1日 (土)

ピースサイクル全国会議報告書

 加筆修正して発信
 去る11月17日、18日、東京で開かれたピースサイクル(PC)全国会議の経過については、それぞれの日付で速報としてブログにアップしていた。ところがその不十分な内容が、そのまま全国事務局から全国に転送されてしまったので、年明けに予定していた加筆修正の作業を急きょ前倒しにして仕上げ、昨夜のうちにPC全国のMLに投稿した。その項目は以下の通り。
  第1日 各地区の報告と講演 ○全国集計から ○各地の報告から長崎、広島、大阪、新潟、神奈川、千葉、三多摩、埼玉、愛知。(大分が欠落していた)そして東京のひろせさんからの提起について。○特別講演会―鴨下祐也さん(「ひなん生活をまもる会」代表・東京原告団団長)の講演メモ。
 第2日目-総括と2019年の課題、他。 ○33年目のピースサイクルこの運動の意義、とりわけ現状の政治課題。○運動の議題としては、「33年目のピースサイクル運動の総括と2019年の課題」として「改憲阻止!戦争法廃止!アベ政権退陣を求める闘い。」他9つの課題。○重点的な取り組みとして①沖縄、②六ヶ所・原燃、③国会ピースサイクルが取り上げられた。
 以上の経過を経て私は以下のように締めくくった。~議論は、ピースサイクルの現状とこれからについても、例年にない意見が交わされた。一つは到着地・広島の現状についてである。広島の「数年前に取り組みをやめようということになっている。しかし、受け入れは可能である」という現実に、全国ネットとしてどう対処するか。「ナガサキ行動」方式も参考にはなろうが、課題は持ち越しに。
  もう一つは、首都圏での「金官行動」「国会前行動」などで、「ピースサイクル」としてのデモに取り組んでいるという積極的な意見と縮小傾向に悩む地方の実態がより明らかになって、“さあ、どうする”という議論なのである。明確な結論はない。それは結局各地方が独自に対処し結論を出すほかないからである。ともかく「ピースサイクル2019」は、参院選挙を取り組みながら進めていくことになり、国会ピースは5月17日、沖縄ピースも実施の方向、全国会議は11月16日、17日と決まった。愛知については、報告書に記載した通り2019年も取り組むとした~
  この報告を基に「ピースサイクル2018愛知・全国会議の報告と資料集」を年明けに作成し、それをもって、「ピースサイクル2019・愛知」のスタートとする予定である。
追記
  今日の午後、名古屋で「第18回リベラル政治懇話会-山尾しおり さん おおいに語る」という講演会があって、会場満席の50人余りの人が参加した。非常に濃密で多岐に亘った内容で、質疑応答でも山尾さんの対応が素晴らしく、立憲民主党のエースとして大いに期待していいという感想を持った。
  明日から所用で出かけるので、報告が後日になるが(書き切れるかちょっと不安)、まとめてみる価値はあると思っている。

|

« リニアより災害に備えて安全な国土づくりを | トップページ | 山尾志桜里講演集会(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/67440044

この記事へのトラックバック一覧です: ピースサイクル全国会議報告書:

« リニアより災害に備えて安全な国土づくりを | トップページ | 山尾志桜里講演集会(1) »