« 映画「華氏119」を観る | トップページ | ピースサイクル2018全国会議・第2日 »

2018年11月17日 (土)

ピースサイクル2018全国会議・第1日

 各地区の報告と講演
 全国会議の第1日目は、午後1時から東京・飯田橋の会場で「ピースサイクル2018」を総括する会議が開かれて、九州の長崎、大分、関西・中部の大阪、愛知、長野、新潟、首都圏の東京、神奈川、埼玉、千葉、三多摩からの20人弱が参加して、事前アンケートの集約結果と各地の実走報告を出し合った。詳細は省くが、私のメモによれば、
1)長崎は「ナガサキ行動」として特化されて2年目、首都圏から5人が参加するなどして8月7日に九電・玄海原発で申し入れをした。翌日は佐世保発で長崎まで走り、翌日の9日「長崎原爆に日」に参加。長崎市から空港までのシャトルバスで自転車持ち込みを拒否されるというトラブルもあったという。
2)豪雨災害を受けた広島。広島はピースサイクルの到着地なので、広島発の自転車隊は近年なくなっているとのこと。それを含めて明日の議論で「ヒロシマ」が取り上げられた。岩国基地強化でオスプレイが頻繁に飛行とのこと。
3)大阪は、ピースサイクル発祥の地である。今年も大阪から6人が広島へ。またスタート集会も7月21日に開催され、ゲストに菱山南帆子さん(許すな!憲法改悪市民連絡会事務局次長~嵐を呼ぶ少女・・・)ほか、賑やかに。
4)長野は長野市・松代発新潟県妙高市・柏崎市へ、ここで新潟ピースと合流し、東電柏崎刈羽原発で申し入れ。今年は親子が参加したという。
5)新潟は、7月29日の宿泊地柏崎で、拉致問題の蓮池透さんと交流したとのこと。蓮池さんは、「告発~日本で原発を再稼働してはいけない三つの理由」の著者という、もう一つの顔を持った人と紹介された。(その他は割愛する)
 愛知からは、東海地区では航空自衛隊浜松基地、小牧基地、岐阜基地の共通点があり、陸自豊川は浜松+岡崎、小牧基地は、名古屋+岐阜、岐阜基地は(愛知)+岐阜といった共同の申し入れをしている。今年は、豊川海軍工廠平和公園が完成し公開されたので全員で見学した。28日は小牧基地、県営名古屋空港、三菱重工のある一帯の外周道路を街宣車と共に1周したという報告と、日進市議会では議員20人中8人が女性議員であること、そのうちの無所属議員4人からピースサイクルへの応援を戴いていることを報告した。
 沖縄ピースサイクル、六ヶ所行動については、別のところで報告したい。
  夜の部の講演会は、ひなん生活を守る会代表・福島原発被害東京原告団団長の鴨下裕也さんを迎えて2時間のお話と40分ほどの質疑を行った。当時鴨下さんは福島県いわき市に在住していた。
  話は、福島第1原発事故発生から、家族や教え子たちの避難と住宅問題(避難住宅から3月31日で追い出されたなど)、放射線測量、汚染・除染問題、補償の問題まで多岐に亘った。特に被ばくについて、大人と子供とではその影響が大きく違うことなど、改めて知らされた感じがしたのだった。若干の資料を戴いたので、読み返してみたい。(報告書ではもう少し詳しく書くつもり)

|

« 映画「華氏119」を観る | トップページ | ピースサイクル2018全国会議・第2日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/67387887

この記事へのトラックバック一覧です: ピースサイクル2018全国会議・第1日:

« 映画「華氏119」を観る | トップページ | ピースサイクル2018全国会議・第2日 »