« 立憲民主党初の党大会、立憲フェス2018(5) | トップページ | 秋の運動を前にして »

2018年10月 7日 (日)

江の島へ一人旅

 予定変更ばかりの行程
 その日の朝のテレビニュースは、新宿駅の混雑ぶりを断続的に伝えていた。台風24号がもたらした余波が、月曜日(10月1日)の朝の列車ダイヤを乱していたからだ。私は当初出発の8時45分を1時間遅らせて神田駅に向かった。ホームに入ってくる列車はいずれも超満員で、膨らんだザックを背にしていた私は、2本の列車をやり過ごしたが、どの列車も同じような状況だった。“東京というところは・・・”とつぶやきながら、この先のこともあってザックを背から降ろして手で持ち、最後の一人分の隙間に体を押し込んだ。幸い次の東京へは一駅なので、2~3分の我慢で済んだ。
 さて、「立憲フェス」のお努めも終えたから、今日は1日フリータイム、あらかじめ「江ノ電で、鎌倉と江の島へ」と決めていたので、東京駅の地下にあるJR横須賀線に乗り込んだ。初めて乗る路線だったので全て看板頼り、アナウンス便りであった。とりあえず「久里浜、逗子方面」乗ればいいと「大船」行に乗った。車内は山手線と違ってガラガラであった。しかし何故かなかなか発車しないのである。“ま、いいか、急ぐ旅ではないし”と、焦りは感じていなかったが、その先で、なぜ発車が遅れているかを知らされて予定を変更せざるを得なくなるのであった。
 予定では東京と鎌倉間が1時間であったが、この日は鎌倉より手前の「大船」止まりで1時間弱かかった。そのうえこの先は運転中止であると駅に着いてから知らされた。代行バスの案内がされて、その証明切符をもらったが、その乗り場が分からず右往左往、駅員に聞いたバスターミナルに行ったところ、3つか4つのバス乗り場(ホーム)があって、最初に並んだ「鎌倉行」に不安を感じたので、係員に聞いたところ“あちらの方は出ますが、この京急バスのことはわからない”と素っ気ない。どれもこれも「京急バス」のように思えたのだが。そこで、急いで階段を昇り降りしながら、指で示されたバス停に急いだ。どう見ても100人以上並んでいた。しかもバスはなかなか来ない。40分ほど待った。1台目は満員となって乗れず、2台目に乗ることができた。超満員ではあった、車中の中ほどだったので、窮屈ではなかった。
 バス停で並んでいたとき、やや高齢の女性との話の中で地元の方のようであったので、普段でしたら鎌倉までどのくらいかかりますか?と聞いてみた“15か20分くらいですよ、私は歩くこともあります”とのことだった。結局ざっと45分ほど要して12時半ころにJR鎌倉駅に到着した。出かける前の予定では、10時過ぎに鎌倉に着いて、2時間ばかり散策するだけにして、「江ノ電」で江の島へむかうはずであったが、鎌倉は飛ばして「江ノ電」に乗り込んだ。こちらは順調に運行していて、25分ほどで江の島駅に到着した。
 この先、昼食とってから初めて訪ねる「江の島」を3時間ほど散策するのであるが、台風の余波が残っていて、かなり強い風が吹いていた。私は帽子が飛ばされないように工夫をせねばならなかった。江の島大橋を渡るとき、2回も帽子を飛ばされかけたが、括りつけた紐で難を免れた。
 ここまで、予定変更を余儀なくされ、うろうろしながらあれこれ「小さな決断」をしながらの行程であった。連れのない一人旅でよかった、は正直な気持であった。江の島見て歩きは、別の機会に。

|

« 立憲民主党初の党大会、立憲フェス2018(5) | トップページ | 秋の運動を前にして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/67248874

この記事へのトラックバック一覧です: 江の島へ一人旅:

« 立憲民主党初の党大会、立憲フェス2018(5) | トップページ | 秋の運動を前にして »