« 映画「日日是好日」を観る | トップページ | 配信、郵送、配達を終える »

2018年10月26日 (金)

C&Lリンクス愛知・第85号

  立憲フェス、沖縄知事選を中心に
 巻頭詩で行き詰まって、印刷製本は5日ほど遅れて今日となった。
 主要な記事の立憲民主党の「立憲フェス」の報告と沖縄県知事選挙については「電子版」の第14号を使い、岐阜のフリージャーナリスト・高橋恒美さんの「新・ツネじじい通信」の第5号~第7号を転載させていただいたので、残るは「随想」とあとがき。そして表紙の巻頭詩と1枚の写真だけだったのである。
 詩作が進まない状況は、ミニ詩集が半年以上滞っていることで自覚はしていたが、今回ほど苦しんだのは初めてのような気がする。この先どうなることやら。
 今回の内容は以下の通りである。
●巻頭詩「ポジション」(尾元のん葉)●立憲フェス2018 /報告 初の党大会、立憲フェス2018/枝野代表の大会演説(要旨)/私の評価-感想にも2面性●立憲民主党と関連のマスコミ等の情報 (~10月11日)●沖縄県知事選挙2018/沖縄県知事選挙2108の結果/沖縄の民意を得て堂々の当選! ●三上智恵の沖縄撮影日記<辺野古・高江> ●玉城デニー氏当選!立憲民主党/沖縄県知事選挙結果について<福山幹事長>●辺野古移設めぐり平行線=玉城沖縄知事、安倍首相に協議の場要請●「新・ツネじじい通信」<№5~7>●随想「久しぶりに、碁をうつ」/あとがき 。
 表紙の1枚の写真は、日付は不明だが、2017年の衆院選挙の時のもので、東京で立憲民主党・海江田万里候補の応援演説をする枝野代表とそれを取り巻く大勢の人たち。コメントは「立憲民主党が立ち上がって1年。2017年10月3日の有楽町、枝野は語り、呼びかけ、訴えた。“枝野立て!”を背に、衆院選へ突っ走り、街頭で、町かどで、ターミナルで、ショッピングセンターの前で。そして55議席を得て野党第1党に。立憲主義、平和主義、リベラルの旗の下、国会議員、地方議員、活動家、そして多くの市民が集まり、意見を述べ、期待と希望を語った。あれから1年。枝野にも、党にもパートナーにも試練が待ち受け、フロンテアスピリッツが求められている。」

|

« 映画「日日是好日」を観る | トップページ | 配信、郵送、配達を終える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/67315699

この記事へのトラックバック一覧です: C&Lリンクス愛知・第85号:

« 映画「日日是好日」を観る | トップページ | 配信、郵送、配達を終える »