« 自民党の総裁選について | トップページ | 沖縄知事選(2)玉城候補の政策集 »

2018年9月14日 (金)

沖縄知事選(1)、玉城デニー候補の支援

 手始めに、まずカンパを送った
 沖縄の知事選挙が告示され、選挙戦が始まったが、この愛知にいて、沖縄まで飛んでいけない身であれば、ただただ玉城デニー候補の当選を願うばかりである。
 願う、祈る気持ちは大事だが、何か行動を起こさねば「支援」にならない。出来れば現地入りして選挙運動の一端を担いたいものだが、これは難しいと判断した。名古屋にいて出来ることは、応援メッセージを送ること、本土の関心の薄さを掘り起こし、世論を喚起すること。選対にはプロがついていることだろうから、選挙戦術的なことは任せるとして、やはり一番の支援は「資金カンパ」であろうと思う。
 そこで今日の午後近くの銀行へ行って振り込みを済ませた。振り込むにあたっては、どの口座がいいか一応検討してみた。
① 琉球銀行(本店営業部)名義人 うまんちゅの会 事務局長 仲宗根寛明
② 沖縄銀行(本店営業部)名義人 ひやみかち うまんちゅの会 事務局長 仲宗根寛明
③ 琉球銀行 コザ十字路支店 名義人 玉城デニー後援会 代表  石川榮喜
 この三つがメール上で紹介されていたので②の沖縄銀行を選んだ。結果的にはどの口座でも構わないのであるが、その理由は、③の琉球銀行 コザ十字路支店は、政治家への「個人献金」扱いとなり、税制上の優遇が受けられる利点がある。しかし②の沖縄銀行は、「ひやみかち うまんちゅの会」は各界で構成された「選挙母体」であるから税金控除の対象とはならない。けれども、「ひやみかち」というのは、“さあやるぞ がんばるぞ”という意味らしく、また「うまんちゅ」という意味はいってみれば“オール沖縄”という意味でもあるらしいから、支援する方としては、「個人献金」より、「運動支援」に気持ちが添うと思ったのだった。
 次に、やはり玉城デニー候補の政策を知りたいと思って、「マニフェスト」と思われる政策集をインターネットからダウンロードした。20ページほどのボリュームである。これを見れば、私の知らない沖縄が抱えている問題点もわかると思ったからである。できれば、これを基に冊子化したいが、配布するなら遅くとも9月20日頃までには仕上げねば効果は半減してしまう。できるかな?“ひやみかち!”

|

« 自民党の総裁選について | トップページ | 沖縄知事選(2)玉城候補の政策集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/67168702

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄知事選(1)、玉城デニー候補の支援:

« 自民党の総裁選について | トップページ | 沖縄知事選(2)玉城候補の政策集 »