« 朝鮮半島情勢、日朝関係の現在 | トップページ | 高野 孟講演会が開かれる »

2018年9月19日 (水)

安保法成立から3年

 名古屋で、9・19集会とデモ
 恐らく全国各地で、この種の集会・デモが取り組まれていることだろう。あまり記憶したくないメモリアルデーであるが、そんなつぶやきには“オマエが忘れてなんとする!”という叱声が飛んできそうだ。
 会場は、名古屋・栄の久屋市民ひろば。舞台後方に色とりどりにライトアップされた名古屋テレビ塔が浮かぶ。
 以下、プログラムを掲げておくと、オープニングはフォークシンガーソングライターの板谷信彦さんが務めた。主催者挨拶は、共同行動共同代表の長峯信彦さん(愛大教授)、テーマごとの各スピーチでは、沖縄の現状報告を訴えを牛島達夫さん(愛知沖縄会議代表)、脱原発関連については、草地妙子さん(老朽原発訴訟原告共同代表)、労働運動・非正規雇用については、鶴丸周一郎さん(名古屋ふれあいユニオン)と続いた。
 そして後半のプログラムの最初は、ここ最近何度か名古屋に来て歌い続けている、シンガーソングライターの川口真由美さんが登場し、沖縄の辺野古新基地建設反対のたたかいを励まし、命の重み、平和を願う歌を披露、会場は手拍子、合唱で応えた。
 ここで、本村伸子衆院議員(共産党)と、近藤昭一衆院議員の秘書が紹介され、あいさつをした。
 この集会の趣旨、闘いの意義などについて一人目は、安保法制(戦争法)について、安保法制違憲訴訟の会あいちの下澤悦夫さん、続いて憲法問題、9条改憲などを本 秀紀さん(名大学院教授)、そして締めの挨拶として共同行動共同代表の中谷雄二弁護士が、安倍政治ストップ、憲法改悪ストップ、闘いの継続などを訴えて、デモに移った。
 集会参加者は、主催者発表で650人とされたが、デモの長さなどから、800人くらいではないかと私には思えた。いずれにしても、この日は朝半島情勢に関わる「南北首脳会談」があり、明日は自民党の総裁選挙、30日に沖縄県
 知事選挙と続き、会場で配られた「戦争法廃止!安倍内閣退陣!各地の当面のイベント予定表」を見れば、この9月はほぼ連日、なにがしかの集会、講演会、街宣活動が取り組まれる。
 個人的には、30日の「立憲フェス」の参加準備と、「C&Lリンクス愛知」の冊子、電子版の早期発行、発信が控えている。体調維持を最優先に注力する。

|

« 朝鮮半島情勢、日朝関係の現在 | トップページ | 高野 孟講演会が開かれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/67186595

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法成立から3年:

« 朝鮮半島情勢、日朝関係の現在 | トップページ | 高野 孟講演会が開かれる »