« 8月がスタートした | トップページ | 長崎に平和メッセージを送る »

2018年8月 3日 (金)

広島市長にメッセージを送る

  豪雨災害のお見舞いを添えて
 いったん着手しながら、どうにも先に進めなかったピースサイクル愛知からの、広島市長へのメッセージを昨夜遅く投函した。
 文章が行き詰まるのは、一つは10年、20年と書き続けていると、パターン化して嫌悪感というか、価値観を見失うことがままあるのである。そんな時新しい情報が入ってくるとそれが動機となってスタートできるのだが。
 もう一つは今年の場合、昨年のメッセージを読み返して“これって、完璧じゃん”と柄にもなく自惚れしてしまって、これ以上何が書ける?となって止まってしまったのである。
 何とか2日中に投函しないと間に合わない、という時間的切迫感がある程度集中力を高め、ふとした思いつきに出会うことがある。それが今回は「西日本豪雨」災害であった。それ自体「非戦・平和」「全ての核の廃絶」と直接的関連はないのであるが、序文に「・・・広島市安芸区矢野東で、土砂崩れにより約20棟の住宅が倒壊、安芸区では11人が死亡されたといわれます。ここに亡くなられた方のご冥福と、被災された方へのお見舞いを申し上げ・・・」というように据えたところ、本文も前年のものを下敷きにして一気に書き進んだのである。
 午後11時50分頃、3~4分先の郵便ポストに投函した。その帰り、南の空を見上げると、火星が(多分)はっきり見えた。あれほど難渋していたメッセージが「一気呵成(かせい)」に仕上がったのは、「火星」の後押しがあったから?
 この流れに乗って続けて長崎市長へのメッセージに着手したが、これは早かったので、併せて個人としてのメッセージを送ることにした。しかし、ここでまた中断したが、明日中には仕上がるだろうと踏んでいる。
  こうした流れを大事にして、「六ヶ所ピースサイクル」の、青森県知事、六ヶ所村長、日本原燃あてのメッセージ、申し入れ書も早期に手掛けたい。

|

« 8月がスタートした | トップページ | 長崎に平和メッセージを送る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/67018325

この記事へのトラックバック一覧です: 広島市長にメッセージを送る:

« 8月がスタートした | トップページ | 長崎に平和メッセージを送る »