« C&Lリンクス電子版第10号 | トップページ | 翁長知事と告別の日に »

2018年8月11日 (土)

沖縄・美ら海を守れ、そして翁長知事の追悼

 8・11あいち連帯行動が開かれた。
 8月17日から辺野古では、埋め立ての土砂投入が始まるとの状況を前に、現地沖縄で「土砂投入から辺野古美ら海をまもろう!沖縄県民大会」が、この11日に開催されることになっていた。
 そこに翁長雄志知事急逝の事態に立ち至って県民集会は「追悼集会」も兼ねることとなった。当初予定の3万人集会は7万人集会となったとのこと。
 名古屋では、「土砂投入から辺野古美ら海をまもろう!沖縄県民大会、8月集中行動へ 心一つに8・11あいち連帯行動 」が、名古屋・栄で午後3時半から開かれ、当然追悼の場になった。
 集会を呼びかけたのは「あいち沖縄会議」で、「沖縄高江への愛知県警機動隊派遣違法訴訟の会」「戦争をさせない1000人委員会あいち」「愛知県平和委員会」が協賛団体となった。
 私は、当日の参加者推奨カラーが「青」だったので、ピースサイクルの“シーザー”などがデザインされた、青のTシャツを着て出かけ、30分ほど前に会場に到着した。そこで「喪章」を渡されたので左肩につけた。300人ほどの参加であったろうか。
 本村衆院議員(共産)をはじめ数人の短めのアピールを受けた後、「今こそ立ち上がろう」を歌い、デモの出発前に1分間の黙とうをささげ、名古屋の繁華街でのデモに出発した。このデモのシュプレヒコールの合間に「8日に、辺野古の新基地建設を許さないとその先頭に立ってこられた翁長知事が亡くなられました。私たちはその決意、遺志を引き継いでデモを行っています。」というアピールが流された。また、今回のデモでは初めて、シュプレヒコールに「名古屋弁バージョン」が採り入れられた。
 今後は、今年7月に翁長知事が埋め立て承認の撤回を表明し、手続きを進めて来たので、沖縄防衛局の承認撤回に関する聴聞はすでに終えて、その延期を認めないと決している。17日に土砂投入が行われることはないであろうが、全面的な埋め立て阻止が課題である。そして同時並行として、9月中に行われる知事選挙の候補者選定、選挙態勢の構築と即時展開はまったなしである。
 そこで私たちのできることはなにか。手っ取り早く「資金カンパ」であろう。

|

« C&Lリンクス電子版第10号 | トップページ | 翁長知事と告別の日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/67046056

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄・美ら海を守れ、そして翁長知事の追悼:

« C&Lリンクス電子版第10号 | トップページ | 翁長知事と告別の日に »