« 六ヶ所ピースサイクル(3) | トップページ | 映画「沖縄スパイ戦史」を観る »

2018年8月30日 (木)

六ヶ所ピースサイクル(4)

愛知から青森県知事への申し入れ
 8月20日付で「六ケ所行動」参加の仲間に、三村 申吾知事宛ての以下の要請書を託した。
  はじめに、去る8月15日、青森県深浦町付近では16時10分までの1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁から「記録的短時間大雨情報」が発表されました。洪水などの被害はありませんでしたでしょうか、西日本の集中豪雨に遭われたみなさまと併せて罹災お見舞い申し上げます。
  そして私たちの仲間が来たる8月27日に貴職を訪問するにあたり、ピースサイクル愛知から仲間に託して貴職への要請をお伝えします。

 2011年3月11日の東京電力福島第1原子力発電所の事故(震災、人災)後、世論の多くは「脱原発」「原発ゼロ」「再稼働反対」「老朽原発の稼働延長反対」等々、表現は違ってもこのような考えが多数を占めてきました。このことは33年目を迎えた私たちにとっての「全ての核の廃絶」と符合するものであり、それぞれの地域でこの青森に限らず、日本原電・東海第2原発、東電柏崎刈羽原発、中電浜岡原発、関電大飯原発、高浜原発、四電伊方原発、九電玄海原発への申し入れを続けているところです。
 私たちピースサイクル愛知からは昨年、青森県知事として「六ヶ所再処理工場は閉鎖、廃炉にすべきで、工場の操業は認めないという声明をお出し下さい」「東通原発の再稼働を認めないで、東北電力に廃炉を要求してください」「大間原発の建設即時中止を申し入れてください」「核燃料サイクル事業を永久に中止することを政府に提言してください」などの申し入れをしました。
  しかしながら残念なことにそれらが幾らかでも進展したという情報を戴いておりません。ここの改めて知事の英断を期待して同じ趣旨の申し入れをします。

 地震・津波、火山噴火、台風、集中豪雨による洪水・崖崩れ・土砂災害などの自然災害の多いこの日本列島であれば、インフラ、エネルギー源といわれる人工物の災害要因は、未然に防ぐことは可能であり、事前に阻止すべきです。それらの筆頭にありますのが「原子力発電所・核燃料貯蔵所」であることは言うまでもありません。青森県では、東通り原発の1,2号機、大間原発、六ヶ所村の核燃工場が該当します。
 一方で原発に頼らない自立した行政の推進も「廃炉」への条件といえると思います。聞くところによりますと、貴職が提唱されている「生業(なりわい)と生活の成長戦略」即ち具体的な政策・施策として、4分野(「産業・雇用」、「安全・安心、健康」、「環境」、「教育、人づくり」)を挙げておられますが、それらを遂行させる絶対的条件は、「原発と関連する施設の事故」を起こさせないことに尽きます。事故を起こさせない最大の手立ては「廃炉・閉鎖」です。
 どうかこのことを肝に銘じられ、県政を進めて戴きたいと思います。

 先に書いたように、大間村長宛て等の申し入れがされたと聞く。ということは2019年の「六ケ所行動」での申し入れ書は、これまでの六ヶ所村、日本原燃(株)、青森県に、新たな自治体が加わるかもしれない。11月の全国会議で議題に上がるかもしれない。 了

|

« 六ヶ所ピースサイクル(3) | トップページ | 映画「沖縄スパイ戦史」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/67101599

この記事へのトラックバック一覧です: 六ヶ所ピースサイクル(4):

« 六ヶ所ピースサイクル(3) | トップページ | 映画「沖縄スパイ戦史」を観る »