« 立憲民主党の選挙フェス | トップページ | 広島市長にメッセージを送る »

2018年8月 1日 (水)

8月がスタートした

 マイカレンダーを覗いてみる
  猛暑続きの7月を引き継いで8月が始まった。マイカレンダーを覗いてみる。
 生業から離れて20年が経つから「お盆休み」という意識はほとんどない。もっぱら家族の意向に従うだけだから、自ら出掛ける予定を立てることは少ない。そのようになってからもう何年になるだろう。
 8月15日を挟んで「戦争(展)」に関する催事が恒例で開かれる。その日のために一年をかけて準備をしてこられる人たちがいるのだが、私も2度ほど足を運んだが、“常連”にはなれなかった。今年はどうしようかな。それより、永年の夢である「巡礼の旅」が頓挫したままで、今年こそは「長崎・知覧」と思っていたのに、「ピースサイクル長崎行動」に参加し損ねて未だに予定が立っていない。
 8月6日広島、9日長崎の「原爆の日」に合わせて、ピースサイクル愛知から、両市長宛ての「平和メッセージ」を送ることが恒例となっているのだが、着手したものの先に進まず、広島へは今日、明日中にも投函しなければならないので焦っている。この時期になると、「平和宣言」の要旨が報道され、それをヒントにメッセージを構成するのだが、今年はそれが見つからない。国連の事務総長が8月9日に長崎を訪れるといったニュースくらいだ。
 「シネマ散歩緑の会」の映画鑑賞は、2か月に一回と決めているが、6月に「万引き家族」を観たので、8月が鑑賞月であり、作品の選択を進めている。個人的には、「沖縄スパイ戦史」(監督・三上智恵、大矢英代)と自主上映会の「コスタリカの奇跡」(24日)を予定に入れている。会のみなさんが、こうした傾向の映画をどうとらえているかわからないが、少数参加でも「沖縄スパイ戦史」にしようかな、いまはそう考えている。
 さて、とにかく「平和メッセージ」を仕上げ、次に不定期刊とはいえ「C&Lリンクス愛知・電子版」の第9号の作業が控えている。気合を入れないと。
 今日、何年ぶりかわからないが、内視鏡(胃)検査を受けた。“軽い胃炎がありますが、きれいですよ”といわれて、8月のスタートとなった。

|

« 立憲民主党の選挙フェス | トップページ | 広島市長にメッセージを送る »