« 近藤昭一と語る 草の根国政報告会(4) | トップページ | ひょっとしてこれ、熱中症? »

2018年7月11日 (水)

リンクス愛知電子版・第7号を発信

  近藤昭一の、草の根国政報告会がメイン
 今日の午後、「C&Lリンクス愛知・電子メール版」の第7号を発信した。内容は1)近藤昭一と語る 草の根国政報告会、2)参院選まで1年 愛知選挙区で候補者選び本格化、3)立憲民主党と関連のマスコミ等の情報<2018年6月23日~7月10日>、4)随想・5「私だけの時間」をカウントする-“老域”を生きるということ。全6頁。
 あとがきでは、「●私の現在の日常は『立憲民主党と共に』を軸にしています。ですが運営に携わっているわけではありませんので、このように『机上』でしかありません。これでは『草の根民主主義』にはちょっと距離感があります。ですから自らの手で『党小組』をつくればいいのです!とわかっていてもその一歩が踏み出せなくて、忸怩たる思いに駆られるばかりです●ですが、今号のように『立憲民主党・衆院議員 近藤昭一と語る 草の根国政報告会』を出来るだけ詳細に伝え、私の思いを入れることも、一つの“足場”かな、と思っていますがどうでしょうか●33年目を迎える反戦・反核・平和の運動『ピースサイクル』の愛知の取り取り組みが7月26日から始まります。高齢化が進み、自転車で走る人が少なくなりました。名古屋在住で、7月28日の『名古屋市役所発、空自小牧基地』までの区間を自転車で走る方はいらっしゃいませんか。ご連絡ください。詳細をお知らせします●西日本の豪雨災害の被災者にお見舞いを申し上げます。一方、タイのタムルアン洞窟の少年らが全員救出されたことにほっとしています。」
 また、地方議員養成スクールというべき「立憲パートナーズ アカデミープラス」(愛知県連主催)の第3回が6月9日に開かれたが、その様子(参加者数、男女比、内容)も知りたいところだが、公開はされていない。

|

« 近藤昭一と語る 草の根国政報告会(4) | トップページ | ひょっとしてこれ、熱中症? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/66930529

この記事へのトラックバック一覧です: リンクス愛知電子版・第7号を発信:

« 近藤昭一と語る 草の根国政報告会(4) | トップページ | ひょっとしてこれ、熱中症? »