« 今日の仕事、こなしきれず | トップページ | 近藤昭一と語る 草の根国政報告会(1) »

2018年7月 6日 (金)

何故か、凡ミスばかり

 オーム真理教・死刑執行のこの日
 「ミニ詩集」と「シネマ散歩」の一部追加印刷と発送作業で一日が暮れた。
 その作業を始める前にオーム真理教の松本死刑囚などの死刑執行のニュースが入ってきて、なんとなくそれが頭に残っている感じがあった。この事件の真相とは何だったのか、死刑にしてしまったら、それ以上の解明はできなくなるのではないか。それにしてもなぜ若者は惹きつけられたのか、死刑制度の是非も改めて問われた気がした・・・。
  それが作業ミスを誘因したとは思えないが、印刷枚数を勘違いし余分に印刷し或いは何度も追加印刷をした。同封する資料の内容によって3種類あったが、その区分がしばしば混乱して作業が滞った。また切手の貼付は120円と140円の2種類だったが、手元の切手を使ったので「80円+20円×2=120円」と「80円+62円=140円+2円」であった。(60円切手がないので62円を使う)80円は特殊切手なので、絵柄に隠れて80円と50円を読み違えて貼り付けるケースが3度も。挙句の果て投函してから、宛先を書き忘れた一通を思い出した。宛名シールにない人だったので、あとで手書きするのを忘れたのだった。
  自業自得で他者に害を与えるものではないが、気持ちの落ち込みは大きい。他の仕事と重なって、些細なミスが続いて大きなミスにつながるという「ハインリッヒの法則(1:29:300)」を思い出したのだった。注意、注意。

|

« 今日の仕事、こなしきれず | トップページ | 近藤昭一と語る 草の根国政報告会(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/66908634

この記事へのトラックバック一覧です: 何故か、凡ミスばかり:

« 今日の仕事、こなしきれず | トップページ | 近藤昭一と語る 草の根国政報告会(1) »