« 第54回ユニオン学校 | トップページ | 極東最大級化した米軍基地・岩国から »

2018年6月23日 (土)

沖縄慰霊の日の今日

  中学生相良倫子さんの詩を採録
 今日は「沖縄慰霊の日」である。
 「忘れない!オキナワ、フクシマ」と肝に命じながら、今朝目覚めた時すぐには意識に上がってこなかった。3・11の東電福島第1原発の震人災は、それに向けての企画がされるなどして、それなりの事前心得ができていることが多いのだが、沖縄に関してはやや薄めに感じている。
 ピースサイクルの仲間たちは、今年の「沖縄ピースサイクル2018」で、今日がそのスタートであり、午後には平和祈念公園の一角にある「魂魄の塔」横で集会に参加しているはずだ。また翌日には、那覇から辺野古、高江へ、さらに伊江島に渡る予定で、2015年のピースサイクルに参加した私ではあるが、もう一度行ってみたい企画であった。
  2015年の時は、一連のコース・企画が終わった後、高校の同級生と合流して、糸満市の平和祈念公園・摩文仁の丘、記念館、平和の礎等を訪ねたのだった。
 今年の「慰霊の日」では、追悼式で、沖縄県浦添市立港川中学3年の相良倫子(さがらりんこ)さん(14)が、自作の平和の詩「生きる」を朗読した。沖縄戦を生き抜いた曽祖母の体験を聞き、「平和とは、あたり前に生きること。その命を精一杯輝かせて生きること」と考えた。生まれ育ったこの美しい島から伝えたい・・・。(毎日新聞)
 この詩をミニ詩集に再録しようと試みたが、長詩なので収まりが悪く、別紙のA4の裏表を使い、そこに、2015年に撮った写真<美ら海、摩文仁の丘、平和の礎、魂魄の塔>を添えて同封することにした。本体の編集・執筆を急がねばならない。

|

« 第54回ユニオン学校 | トップページ | 極東最大級化した米軍基地・岩国から »

コメント

沖縄慰霊の日の相良倫子さんの「今を生きている」の詩しょう! 世界の人に訴え誓うような響きを聴きました。沖縄慰霊の日は、毎年、すばらしい詩を聞かせてくれますね。安里有生君の「へいわっていいな」も素晴らしかったですね。そして今年の相良さんのこの詩のこと、沢山の人に知ってもらいたいと思いました。先日、米軍機の落下物に対する抗議で久しぶりに姿を見せて下さった翁長知事は、辺野古、高江の基地に反対を叫び続けておられますが、私は、すっかり痩せておられることに胸がつまりました。しかし、沖縄の抵抗は続いているのですね。
沖縄でのピースサイクルが、6月23日に出発したと書いて下さっていたのを読みました。
実は、この三年連続で、ニュージーランドから自転車旅行で「Heiwanotabi70」で石垣から本島に行って、辺野古に行って琉球新報の取材を受けて、写真入りの記事に取り上げられたNigel Rushtonさんが、23、24日我家に泊まりました。24日日曜日には、大阪城の近くにある
ピース大阪に一緒に行きました。橋下が潰しかけた平和の声をなんとか維持しています。私はリニューアルされてから今度が二度目なのですが、残念なことに見学者は余り多いとはいえません。でも今度も四人程の明らかな外国人が来ていました。ナイジェルさんを合わせると五人ですね。外国人には無料でオーディオガイドを貸してくれるのですが、展示の殆どが日本語なので、もったいない気がしました。大阪が少なくとも五回の大空襲を受けて、しかも最後の爆撃は昭和20年8月14日未明でした。当時の記憶を文章や絵で展示してあり、短いものは英語の訳がついていました。ナイジェルさんは一生懸命読んでいたので、私は以前、日本人のグループで行った時より、時間をかけて見ることが出来ました。
今回、ちょっとした発見をしました。それは、大阪府下の市町村が1982-85年に次々揚げた「平和宣言」が閉じられていたので、ふと読み始めて、気が付きました。半数以上が、まったく同じ文面なのですが、中に、その市独自の文面を掲げていることでした。そして、その多くには、平和憲法の言及があることでした。
二年前でしたか、東京国立の広報に「梅雨空に憲法守れの女性デモ」が選ばれながら、掲載されなかったことがありましたね。賛否の分かれる議論があるからという説明でしたが、「憲法まもれ」を「平和を守れ」にしても同じことが起こるのでしょうか??? 
一昨日、麻生が面白いことをいいましたね。「新聞を読まない人が自民党支持者だ」。読売とか産経やこの新聞に入らないのか、とふと思いましたが。一言で言うと、「新聞など読んでいると自民党がきらいになるぞ」ということでしょう。そして別の言い方をすると、「まともな新聞を読んでいたら、自民党が嫌いになる」「考えたりする人に自民党支持者は少ない」ということでしょうか。安倍はバカですが、麻生は時々穿った真実を言いますね。「ナチスの独裁への手口をまねたらどうかね」とか。
昨日から国会が始まり、一日だけNHKは中継しました。私は録画して、聴きたいところだけを再生して聴きました。福山哲郎、大門実記史、福島瑞穂議員の議論を聞きました。この議員はみんなとても冷静ですごいなあと感心しました。それにしてもいつから「先にも・何度もお答えしましたが、」「コメントを控えさせていただきます」「これに着いての詳細は控えさせていただきます」が頻発ですね。安倍の答弁はまるで「アメリカ大統領秘書」のようで、とても「日本国の総理大臣」が言っているとは思えない米軍にひれ伏さんばかりの内容でした。
麻生のいうように、新聞を読んでいたら、自民党がおかしいことに気が付くのが当たり前だと思いますが、私は国会中継を聞いていたら、もっとはっきり政府自民党がマトモな論議をしようとしていないことが判るので、だからNHKはテレビの国会中継を極端に減らしたのだと思っています。そして、ほんとにみんな忙しすぎですよ。
私は暇だから、インターネット国会中継を見ていますが、仕事や家族で精いっぱいの人は、こんな時間は余程の努力をしないと作れないだろうと思います。
あの、北大阪の地震の翌日に今治ではなく岡山でたった
25分、しかも地元の記者に限定した加計幸太郎の記者会見、この日は、サッカーファンならずともテレビが大騒ぎしているワールドカップのコロンビアとの初戦を控えての国民の目を引きつけておく絶好のタイミングでしたね。毎日新聞の先週水曜日の夕刊に青木理さんが書いておられたのを読んで、ほんとに「姑息」なやり方だと思いました。今は新聞を読まない人も9割の国民が「森友加計は首相案件」と気付いているのに。そして延長国会では、またもや議員を六人増やすとか。やめてくれよと叫びたくなります。この頃、ニュースを見ながら「何を言うてるんや」「膿はあんたやろ」とドンドン口が悪くなっている自分に気が付いています。私はまたまた笑えなくなってきています。「日本はいい国」とかいう人がいると「どこが」と訊ねたくなりますし、「そんな嫌なことは忘れて、毎日楽しく笑って暮らすのが一番」と悟り顔で言われると、「よう笑ってられるね」と言いそうになります。愛知県のピースサイクルの日程をみながら考えています。今日の国会中継はありませんね。
それにしても法務大臣もお役目とはいえ、恥ずかしいでしょうね。あんな答弁して。書きたいことをそのまま書きました。おゆるし下さい。

投稿: キャサリン | 2018年6月26日 (火) 15時33分

キャサリンさま。
 相良倫子さんのお名前の間違いの指摘、他にも1か所あり訂正しました。有り難うございました。
恥ずかしい限りです。

投稿: 尾元のん葉 | 2018年6月28日 (木) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/66861351

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄慰霊の日の今日:

« 第54回ユニオン学校 | トップページ | 極東最大級化した米軍基地・岩国から »