« 男の気持ち・生き方(153) | トップページ | C&Lリンクス愛知・電子版を発信 »

2018年5月 7日 (月)

男の気持ち、生き方(154)

 断酒ではなく飲み方云々
  世間では、昨日の帰省ラッシュを最後に「5月連休が明けた」というが、わが身は、ほとんど閉じこもり状態、というか感覚的には「軟禁」状態だった。ここ10年くらいは、こんな状態が続いている。あの「連休ラッシュ」の恐怖から逃れられないからだ。多分単身だったらそうでもないとは思うのだが。そんな“老域”に来ているといえるのかもしれない。
  明けて今日、栄養管理士との面談があって、食事面でのアドバイスを受けた。緊急性はないのだが、“主夫業”のマンネリからくる栄養バランスの検証、ウエイトコントロールの現状分析、それと“酒害”について、聞きたいことがあったからだ。
  一つ大いに参考になったことがあった。それは “お酒の飲み分け”についてであった。体重増を気にするなら、カロリーの高い「蒸留酒」を控えるとよいのだそうだ。例えば焼酎、ウィスキー、ブランデー、泡盛など。一方血糖値が気になるなら、「醸造酒」は避けるべきだと。例えば、日本酒、ワイン、ビール、カクテルなど。
  これを見る限り、糖尿病者とその予備軍は、酒は“百害あって一理なし”で、“病原菌の一種”といえなくもない。もっとも古来“百薬の長”といわれているから、お酒の効用がないわけではない。これは常飲者にとって“取り付く島”に他ならない。それは別の論理(屁理屈)といわれようとも。
  そこで得た暫定的自己都合結論は、これからの夏場に向けては、ビールは避けて「焼酎60CC+ホッピー330CC」がベスト(ベストという表現に違和感があるが)といえるかも。問題は「冷酒」で、断酒ではなく他の炭水化物、糖質の控えと野菜類、海藻類の摂取ということになろうか。但しこれは家内だけであって、宴席、付き合いは対象外である、という“抜け道”は塞がれない。
  友人のみなさん、これを読んだからといって、お誘いをためらわないでください。

|

« 男の気持ち・生き方(153) | トップページ | C&Lリンクス愛知・電子版を発信 »