« 立憲民主党のタウンミーティング | トップページ | 映画「ジオストーム」を観る »

2018年2月11日 (日)

建国記念の日

 土に接し、野鳥が身近に来て
 今日は日曜日であるが、いわゆる「旗日」の「建国記念の日」である。日本国が形作られたのはいつで、どんな歴史的事実に基づいているのかは知らない。戦前では「紀元節」といわれた日であり、その由来について、神武天皇の存在に確証がなく「正確な起源が分かっていないのに建国記念日など定められない」とする学者からの意見が多くあったとのことで「建国記念日」とはいわないのだという。
 以前は、反天皇制の市民グループなどが何らかの集会などを行っていたが、最近は聞かない。MLでは、第52回『建国記念の日』不承認・2.11 愛知県民のつどい 象徴天皇制に対する意識の変化-戦争の記憶を中心として-という集会があったらしいが、私はパスした。
 この日私は、やや風が冷たく強かったが、南側の縁台の前で、小庭の水はけをよくするための掘り起こしをしていた。ゆくゆくは植栽と小さな花壇か野菜の“畝”をつくるための土起こしも兼ねていたのだった。
 かがんでスコップで石だらけの土を掘っていると、背中の方で羽音がしたので振り向くと、鳥が一羽飛び立った。飛び立ったが2メートルほど先の柵の上に止まって、こちらをじっとして見ているのだった。
 どんな野鳥か?見ての判断はすずめではない、確かではないが「ツグミ」だと思った。すずめは群れていることが多いし、用心深く絶えず首を左右に動かして、じっとしてはいないし、もう少し小さいのでわかる。
 掘った土を1メートル足らずのところへ投げると、さっと飛んできて何かをついばんだ。ミミズである。なるほどと思ってなかなかいないミミズだったが、つかまえてすぐ近く投げると、すかさず飛び寄ってきた。そして柵に上に戻ると、どうだろ10分以上、じっとこちらを見ているのである。
 だいたい土いじりなどしたことのない私だが、雑草取りの延長のつもりで、こうして土おこしをして、野鳥に出あって“へぇ~、鳥って学習するんだ”と思ってみたり、近くにいるすずめやハト、カラスなど、決して近づきはしないのに、“一期一会”の渡り鳥が、身近でじっとしていると不思議な感じがした。
 依然として、田を起こし、畑の土づくりをして野菜の一つや二つ、育ててみようとは思わない。腰や肩、腕を痛めるのが関の山、とも思っている。たかだか2時間ほどで汗かいて音を上げてしまうのも道理であろう。
 が、しかし、ともかく庭先に降りたこと自体、なにがしかの“変化”かもしれない。明日も天気次第だが、庭先に降りてみるかもしれない。

|

« 立憲民主党のタウンミーティング | トップページ | 映画「ジオストーム」を観る »

コメント

ブログ、読んでいて思わず頬が緩みました。
春耕って聞いたことがありますが、寒い冬から春へ向かう今の季節、ロウバイやスイセンの香りが嬉しいです。
先週、兵庫県の福知山線の廃線跡をグループで歩きました。小雨でしたが、寝覚めのところ思わせる渓谷を古い枕木に歩調を合わせながら歩くのは爽快でした。途中に懐中電灯が必要なトンネルが六つありました。最終目的地で露天風呂に入り、ちょっと豪華なお昼ご飯を食べて満足して帰ってきました。

今は、オリンピック一色のテレビですが、今日は衆議院の予算委員会の中継を見ました。長妻昭議員の冷静な議論に首相、財務大臣の、不誠実な対応には、長妻さんの「日本語が通じなくなった」に残念ながら同意します。イエスかノー手答えろと言っているのに、質問をはぐらかす。議長もオカシイですね。国会にも政治にも何の期待もしなくなって無関心の後、何が来るのかと思うと空恐ろしくなります。

新聞の投稿欄を読んでいて同じ思いをしている人がいることは救いです。 


投稿: キャサリン | 2018年2月13日 (火) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/66383599

この記事へのトラックバック一覧です: 建国記念の日:

« 立憲民主党のタウンミーティング | トップページ | 映画「ジオストーム」を観る »