« 緑の党・東海の総会 | トップページ | 地域活動誌、二誌が発行される »

2018年2月 5日 (月)

名護市長選挙の結果から

 諦めず、忘れずで気を引き締める
 現実の選挙も裁判も、どこまで民主主義に根付いている制度か疑問とするところが多いが、「結果」がはっきりすることと、たちまち行政面でも運動面でも影響力を及ぼすことが多いので軽視できない。
 4日投開票の名護市長選挙で、現職で普天間基地の辺野古沖移設(新基地建設)に反対してきた稲嶺候補が敗れた。
 選挙も裁判も「争点」があってはじめてその機能が生き、「民意」が形を表す。争点がないもの、はっきりしないもの、ましてや“争点隠し”で、有権者(当事者)に対して何らかの“利益誘導”があったとしたら、この制度は形骸化、死んだものになりかねない。今回の名護市長選挙では、そうした点に疑問を挟む余地があったのではないか。
 とはいうもののやはり結果は結果として受け止めねばならない。得票差が3400票余りとなったことも小さくはない。いきおい本土の人の多くが、それが沖縄の“民意”だから、辺野古基地を受け入れよ、と浅慮に受け止められるとしたら、これまでの私たちの運動がどうだったのかと問われることになる。
 辺野古の基地問題は、名護市占有の問題ではないから、一概に選挙結果だけで基地建設推進の民意、合意が得られたなどともちろん言えない。言えないけれども、安倍首相も菅官房長官もこの成果を、秋に予定されている知事選挙に活かして、一気に決着させるつもりに違いない。
 秋の知事選挙は、大きなターニングポイントになるだろうから、これに勝負をかけるのは当然ではあるけれども、それだけでなく、この先の半年余りの間に、何ができるか改めて考えてみたいが、妙案が浮かばない。立憲民主党を中心とした野党共闘で政権交代を果たして情勢を一変させる方法が王道であろうが、当面国政選挙はなくいかにも不確定なものだ。まずは“諦めない、忘れない”の気持ちを引き締めることからであろうか。

|

« 緑の党・東海の総会 | トップページ | 地域活動誌、二誌が発行される »

コメント

次々起こる重大ニュースに、神経が持ちません。
雪のニュース、あちこちの忌まわしい事件や火事、
そしてオリンピック、プロ野球のニュースに目を奪われて、国会で首相がどんな態度で質問をはぐらかそうが、大臣が「その点についてはお答えを控えさせていただきます」と平気で言い切り、野党は時間に縛られながら早口で質問して必死なのに。トランプが「使いやすい核兵器で、先制攻撃も」といいそれに対して河野太郎外務大臣がオベッカなのか被爆国の看板を下ろしたような歓迎コメントを発表する国。山本太郎の「あと8分しかないんです」と言わねばならない議論を避けた与党の時間制限。あれはいつ決まったのですか?ほんとに騙されやすい国民なのでしょう。
このところ、市長選が続きますが、岐阜市長だけが辛うじて与党を退けましたね。他は、自公民や維新が作戦通り当選する。国民は唯その結果だけを短いニュースでしる。「やっぱり自民党には勝てないのか」が「地頭には勝てない」と語呂があうのが癪に障わります。
国民が本当に考えるべき問題を、マスコミが引いてしまって問題提起さえ見えにくくなっていると感じています。私は今も自衛隊は憲法違反だと思っていますが、村山富市が阪神大震災で自衛隊を「活躍」させた為に、自衛隊は「ありがとう」の対象になってしまい
ました。それでも「専守防衛」を看板にしていた時はまだオカシイといえたのに、PKOで海外に「派遣」され、クウエートやイラクでは、アメリカ軍の武器や給油し、自衛隊 が 憲法を侵してやった「国際貢献」を、さらにShow the flag と言われたからと言って
命をもった自衛官を送らなければとおもう、その忖度が呆れます。

先月、「砂川事件」裁判のドキュメンタリー と「731部隊 少年兵もかりだされた」を見ました。日本語の「しょうがない」がドイツ人にも日本人の特性として広がっているということでしたが、これが名護市長選の結果に出ているとしか思えません。情けないことです。 

それにしても、佐川国税庁官は、権力者なんでしょうか? 権力者の犬に過ぎないのでしょうか? 彼自身は自分をどう見ているのでしょうか? 恥ずかしいとは思わないのでしょうか?

マスコミに責任を押し付けるだけではダメだと思いますが、私たちが知ることができる範囲はあまりに広くて、途方にくれます…。 力と知恵がほしいです。

名古屋地裁は、イラク戦争の自衛隊派遣を「違憲」と言ってたんですね。

元気が出てくる本を見つけました。「核兵器裁判」というNHK出版が1997年に出版した、核兵器は国際法違反、人権を踏みにじるもの」と国際法廷に持ち込む長い長いたたかいの歴史を紹介していました。ICANに繋がりノーベル賞受賞へとつながった勇気と忍耐を学びました。元気が出てくる本をもっと教えてください。

投稿: キャサリン | 2018年2月 7日 (水) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/66362067

この記事へのトラックバック一覧です: 名護市長選挙の結果から:

« 緑の党・東海の総会 | トップページ | 地域活動誌、二誌が発行される »