« 立憲、民進、希望の3党幹部が公開討論(2) | トップページ | 立憲、民進、希望の3党幹部が公開討論(3) »

2018年1月19日 (金)

許すまじ!9条改憲策動2018

  安倍内閣の暴走を止めよう!集会&デモ
  名古屋栄・久屋市民ひろばに、主催者発表で約600人が参加して「安倍9条改憲NO!」「憲法を活かす全国統一3000万署名で安倍政権を包囲しよう」とのスローガンのもと集会とデモが行われた。
  主催者挨拶に続いて、最初に登壇したのは地元の俳優・天野鎮雄さん。御年82歳になるという。“もう黙っておれない、ここに来ずにはいられない、何としても9条の改憲を阻止しなければ・・・”と、寒気を吹き飛ばす檄を飛ばしていた。続いて、弁護士会の長谷川弁護士が自民党の改憲案などをわかりやすく解説した。同じような内容の繰り返しに聞こえてくるが、今月22日から通常国会、夏場の「憲法改正の発議」などの日程が上がってくる状況となって、従来にない緊迫感が漂ってきた。それは締めくくりの、安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会の中谷共同代表の発言でさらに増した感じであった。
  なお3番目に登壇者からは、沖縄現地の状況、普天間第2小学校でのヘリの部品落下で児童は校庭でも遊べない状況であるとか、公明党が与党候補の支援を決めるなどの名護市長選挙の動向などが話された。また辺野古を巡る厳しい現地の状況も決して忘れてはならない、忘れていないことがこの集会でもしっかり押さえられていた。
  また今回からデモ行進に当たっては、政党を含む団体名の入った旗、のぼりなどを掲げることが容認された。これまでは、こうした取り組みが特定の団体による偏ったものであるという印象を与えかねないという配慮から、「愛知弁県護士会」が取り仕切ることとしてきた。しかしここに至っては、どんな団体であろうと、安倍による改憲を許さない、安保法の廃止、辺野古新基地建設を許さないという闘いでは、これまでの蓄積で、参加者間に違和感はなくなったからというものである。
  その判断の是非は問うものでないが、どちらにしても参加者が1000人から2000人以上になった時、それは市民や市民団体の自主的な参加によるものであるから、そちらに注力していけばいいのだと思う。
  私は、立憲民主党ののぼりが立てば、そのもとに駆け付けるであろうと決めている。

|

« 立憲、民進、希望の3党幹部が公開討論(2) | トップページ | 立憲、民進、希望の3党幹部が公開討論(3) »

コメント

京都でも2015年9月19日に採決とは言えない参議院議場で安保法法案が「通り」ました。それ以後、毎月19日午後6時半に市役所前集会と河原町通りのデモがずっと市民によって続けられています。組織には属さない私に出来るのはこの集会とデモに参加してきました。京都総評や弁護士会や丹後レーダー、沖縄辺野古・高江の情報を伝えられています。安倍首相が「改憲」を声高に言い募る今、「声」を形にしなければと強く思っています。
今回のシュプレヒコールに「憲法変えずに、政治を変えよう」が何度か叫ばれました。「憲法変えるな、政治を変えよう」も。私はたまたま隣り合った人に年末から1月7日まで放送された「大草原の小さな家」全シリーズの
最終回で、政府にお墨付きをもらった鉄道会社と政府から既に土地を買い取っている不動産会社が、開拓民が何十年もかけて作り上げた町ウオールナットグローブを買いたたきに来て、売らないのなら、このまま小作人として雇ってやると州1兵をつれてやってくるのに対して、教会で集会を開いた人々は、勝てるとは思えない抵抗を最後まで続け、最後の日に、村中のすべての建物をダイナマイトで焼き払ってしまうのです。不動産会社が保安州兵と着いた時、人々が高らかに歌って村を立ち去るのです。それを見ていた次の村、その次の村の人が「ウオールナットグローブの死を無駄にはしない」とたたかうことを宣言してその場を立ち去ります。 このシリーズ9は、日本語のタイトルは「鉄道が来る」でしたが、英語のタイトルは「Empire Building]でした。 「大草原の小さな家」を温かい家族愛の物語としてしか見ていなかったら大間違いでした。日本で放映されたのは、私の記憶では、ローラが教師になり、アルマンゾと結婚するところまででした。政府から土地を買い取ったという不動産会社は、お金と銃を突き付けて「村を明け渡せ」と執拗に迫りましたが、村人は、「公権力に勝てるとは思えなくても最後まで抵抗しよう」という意志で結束するのでした。幾つかの場面で、これは辺野古だ高江だと感じた」と話しました。
アメリカがまだ健全な時に作られ、放映されていたのですね。日本で、初めて放映されたこのシリーズを
懐かしくも更に多くのことを学んだ気がしました。
今回のデモの参加者は350人だったそうです。前回400人。京都のデモは観光客が多い河原町通りを歩くので
やりがいがあります。警官も大阪のように威圧的ではありません。外国人観光客の多くは「何のデモ?」と好奇心と関心の目やカメラを向けます。今回は事情で持っていきませんでしたが、毎回10枚、日本の憲法の今の危機を説明し、憲法前文と九条の英文をプリントしてそういった外国人に手渡しています。ICANが
希望をくれました。愛知県の様子を楽しみに見ています。

投稿: キャサリン | 2018年1月22日 (月) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/66300220

この記事へのトラックバック一覧です: 許すまじ!9条改憲策動2018:

« 立憲、民進、希望の3党幹部が公開討論(2) | トップページ | 立憲、民進、希望の3党幹部が公開討論(3) »