« 続・衆院議員近藤昭一と語る 草の根座談会 | トップページ | 日本列島あちこちに「亀裂」が »

2017年12月19日 (火)

師走の片づけ仕事・その後

 12・19反安保集会は空振り
 最初に手掛けた「喪中はがきの返信」も、葉書が届くのもどうやら落ち着いたようなので、年賀状の作成に取り掛かり、ベースとなるデザイン3種とアレンジしたものを加え、差し出し相手で異なる6タイプをプリント、宛名書きはすべて手書きとし、一言付け加えて仕上げ。今日までに200枚弱を終えた。元日配達の目安は12月25日迄に投函と聞いているので十分間に合う。ところがここ数年、年始のご挨拶(賀詞交換)は、ご遠慮申し上げますという対応をしてきて、かなり減らしてきたが、書き上げてみたら想定外の200枚以下となっていた。そこで再度見直してみたところ運動関係者が激減していて、それはやはり、私自身の“退き”が如実に反映しているということでもあった。
 次に厳寒の中、越冬を路上、公園などで過ごす人への援助物資についても、やや着古してはいるが厚手のコート2着を東京に送った。名古屋でもよかったのであるが、ピースサイクル運動との関係で物資は東京というのが最近の例。
 残る仕事は「掃除」で、今年は「大」が付かない程度となる予定。また、今年最後の「デモ」にと勢い込んで「12・19反安保集会」へ出かけたが、そんな企画はなくて“空振り”に終わった。見たチラシが2016年のものだったのが原因。ま、それもいいかなと。忘年会は一つこなし、もう一つ二つ、かな。(C500 №007)

|

« 続・衆院議員近藤昭一と語る 草の根座談会 | トップページ | 日本列島あちこちに「亀裂」が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/66177446

この記事へのトラックバック一覧です: 師走の片づけ仕事・その後:

« 続・衆院議員近藤昭一と語る 草の根座談会 | トップページ | 日本列島あちこちに「亀裂」が »