« レイバー・ノーツ名古屋講演会 | トップページ | ACTION REPORT第25号 »

2017年11月 3日 (金)

文化の日の改称運動があるなんて

 復古主義はここまでも
 今朝の毎日新聞の社説 「文化の日の改称運動 復古主義と重なる危うさ」を読んで驚くとともに、敵は「深く静かに潜航」していたと気づかされた。
 敵とは、憲法改悪(明治憲法=帝国憲法へ回帰)を進める「右翼(右派)」総体である。そこには、安倍首相や安倍に追従する稲田朋美元防衛相をはじめ全ての政治家、学者・文化人、日本会議などの右翼団体を言う。そして「文化の日の改称運動」とは、戦前の11月3日は「明治節」と呼ばれる祝日だったので、「文化の日」を今一度明治天皇の誕生日に由来する「明治節」に復活させようというものである。
 私(たち)はこれまで、1945年を起点とする、先の大戦の反省、教訓をもって「平和憲法の下、平和国家の新生日本」をこのまま発展的に進んでいく道を最良としてきた。さらに「いろんな考えがあっていい」という「多様性」を重んじるいわば「デモクラシー」の原点に立つことを心がけてきたと思う。そうした「許容」は、民主主義の熟度、民度に支えられるという一種の“危うさ”がないでもないと、薄々感じてはいたが、それはもっぱら「政治的、社会的」な観点からではなかったかと思う。
 しかし、安倍内閣の登場と「2020東京五輪」が重なることによって、「にっぽん、ニッポン、日本・・・」の大合唱と「挙国一致」「大和魂」「優秀選手の発掘」といった、スポーツの世界から、思想的コントロール(国家的支配の強化)の警戒を薄々感じてはいたが・・・。
 そして今回は、「文化の日」がターゲットになっていると知った。かつて11月23日の「勤労感謝の日」が、飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まった「新嘗祭(にいなめさい)」であったとか、或いは2月11日の「建国記念の日」が、廃止されたが『日本書紀』にある神武天皇が即位したとされる日「紀元節」といわれていること。このような祭日そのものが「復古」されかねない動き、天皇中心の明治憲法の復古を単に「懐古主義」と侮ってはいけない、事態は時々刻々、深く静かに潜航していることを改めて知らされたのであった。

|

« レイバー・ノーツ名古屋講演会 | トップページ | ACTION REPORT第25号 »

コメント

1946年11月3日は 戦後の平和と民主主義の希望の出発点である「新憲法公布の日」でした。発効の日は1947年5月3日ですが、1945年12月26日に鈴木安蔵ら民間の学者や治安維持法で苦しめられたジャーナリスト7人学者が新しい国の理想を熱心に議論重ねてまとめあげて憲法研究会の58条の「憲法草案」として内閣とGHQに提出したものをGHQ民政局のホイトニーが、読んで、高く評価しクリスマス休暇を返上して英文に翻訳しさらに法律としての必要な条文を加えて、ベアテシロタらが夜を徹して作ってくれたGHQ案として、ケーデイスがいマッカーサーに届け、当時の内閣の指名した法務大臣松本じょうじらの明治帝国憲法とそのまま踏襲した政府案のあまりのひどさに驚き、大阪毎日新聞が松本政府案をスクープし、GHQ が「GHQ憲法草案をみとめなければ、(古い軍国主義から一歩もでない)松本案を国民に公表し、GHQ案かどちらか、国民投票にかけるが、それでいいか、このGHQを受け入れるか、松本案を公表するか、どちらかだ」と迫って、軍国主義の恐ろしさを骨身に染みてしまった国民が松本案を到底受け入れるとの自信のなかった政府はGHQ案を受けいれざるをえなったか事実を、「 押しつけ」られた、と宣伝している人々が今の安倍首相らの主張の根拠としているところだとおもいます。いつも「その時松本案を公表して、国民投票にかけるべきだった」と思います。
1946年2月から4月の憲法国会審議までのマッカーサーとシデハラ首相との天皇 国体維持を条件に戦争放棄に合意したことなど、people を、人民ー国民と最終段階ですり抜けたセコイやりかたと、1947年5月3日の前日の5月2日に旧植民地の「日本人」を排除する意図ででたチョクレイで「国民の条件は別に定める」など、あったことを知ると、歴史の分岐点はその頃すでにあったのだったと思います。
それでも、明治節を文化の日として制定し、文化平和国家として歩んできた70年を大多数の国民は誇りとし喜んで祝ってきました。平和憲法を守り続けることの真意が全ての日本に住む人々が問われ、迫られているのだとおもいます。ニュージーランドに来て、ウエリントンのTEPAPA国立博物館の特別展「ガリポリの戦い」をみました。ニュージーランドが本国イギリスの帝国戦争に駆り出され、遠く離れたトルコで悲惨な戦いの末多くのマオリを含むニュージーランド兵が生命を奪われ、苦しみと悲しみに暮れていた人々が、no more wars と感想のカードに書いているのをみました。戦争プロパガンダにおどらされていく人々は、本当の戦争を歴史から知る必要があるとおもいます。とても素晴らしい展覧会で、多くの人が長い行列を作ってガリポリ展をみていました。ロードオブザリングのピータージャクソンが企画展示でがんばっているようです。一時間半ぐらいかけて見ましたが、何度か涙が出そうになりました。まだこの展覧会は続くそうで、今は準備中の五階の美術館も来年再開されます。TEPAPAにはすばらしいマオリの歴史文化を展示している3かいも面白いです。全館無料です。私がインフォメーションに行くと、無料です、と誇らしげに言われました。展示の方法がすばらしいと思います。
今日はクライストチャーチの世界平和の鐘協会の総会があるすうで、私も出てきます。英文の日本国憲法の前文と9条のプリントを日本から15まいもってきたので読んで渡すつもりです。
スマホで入力しているのでつかれました。
文化の日は私の誕生日です。この旅行は76歳の誕生日の記念旅行です。

投稿: キャサリン | 2017年11月13日 (月) 04時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/65997246

この記事へのトラックバック一覧です: 文化の日の改称運動があるなんて:

« レイバー・ノーツ名古屋講演会 | トップページ | ACTION REPORT第25号 »