« ユニオン懇談会(ユニ懇) | トップページ | 美術鑑賞-緑美展へ »

2017年5月19日 (金)

安倍内閣の暴走を止めよう!5・19あいち集会

 「安倍内閣打倒」が共同の意思となる
 今日の午後、衆院法務委員会で、与党や日本維新の会の賛成多数で可決された共謀罪!今や誰も「テロ等準備罪」なんて呼ばない。「共謀罪」なのだ。採決を強行した政府・与党・惟は、23日に衆院を通過させ、24日に参院で審議入りを図るのだという。悪法の成立までまだ時間があるようで実際はない。政府与党は数に物を言わせて「粛々と」進めるであろう。野党4党による国会での追及は、さらにがんばってもらう一方、在野の運動として連日の集会、デモも覚悟しなければならない。あるいは、「森友+加計疑惑」を掘り下げて安倍辞任を追い込むのも大きな手段である。安倍が辞任すれば法案はつぶれる可能性があるからだ。
 さて今日19日は、安保法成立の「19日デー」であり、全国で集会・デモが取り組まれたであろう。名古屋では「安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会」主催の集会とデモが取り組まれ、約1000人が参加した。
 集会では、主催者挨拶として花井増實弁護士(前愛知弁護士会会長)が、続いて自衛隊南スーダン派遣差し止め訴訟弁護団団長の佐藤博文弁護士(北海道)、自衛隊PKO訴訟の原告で、次男が自衛隊員という平 和子さん(同)のアピールが続き、あいち沖縄会議の具志堅さんが沖縄の高江・辺野古の緊迫した状況を訴えた。最後に共同行動の共同代表である中谷雄二弁護士が安倍の退陣を求めるなどのアピールを行ってデモ行進に移った。
 デモは、名古屋の繁華街「栄地区」を1周するもので、「共謀罪 テロ対策と嘘つくな!」「共謀罪 私もあなたも 監視の対象!」「共謀罪 盗聴・密告・監視の法案!」「共謀罪 絶対反対!」のシュプレヒコールに加えて、「辺野古の新基地絶対反対!」「高江のヘリパッド撤去!」さらに「追求しよう!森友疑惑」「癒着疑惑の総理は辞任!」そして「安倍政権を 退陣させよう!」となり、ようやくにして「安倍内閣打倒」が共同の意思となった、そんな気がしたこの日だった。
 なお来週の27日(土)、6月10日(土)も法案阻止の集会とデモが設定されている。その間、国会の状況で、街頭宣伝、緊急集会、デモもあるかもしれない。

|

« ユニオン懇談会(ユニ懇) | トップページ | 美術鑑賞-緑美展へ »

コメント

ヒドイやりかたですね。維新の院外の若手をまるで勇ましさだけを煽るようなやり方には、怒りを感じます。まだ間に合うだろうか、と思いながら、間に合う合わないに関らず、言うべきことがまだ言えると思って書いています。私は京都の集会とデモに行きました。市役所前広場は、工事中で、全体が見えにくくなっていました。
集会の中で、法務委員会での強行採決を知りました。しかしなぜでしょう。怒りが声にならないのです。それほど私達はおとなしくなってしまったのでしょうか。集会の途中での共謀罪を説明する事例はそこに来ている人ならだれでも知っているレベルでした。私は、こういった集会で、原稿から殆ど目を上げないで話すスピーカーにいつもガッカリします。「今の言葉」で話せよ!と言いたくなります。加計学園との競り合いで、主旨説明が20頁だった京産大が降ろされ、たった2頁の加計学園が特区に採用されたというのに、京産大からの参加者は見当たりませんでした。というより、昔の学生の街京都でのデモ、集会には学生がほとんど現れないのです。国会周辺や名古屋の画像映像をみると、若い人が大勢参加していますね。京都はなぜかいません。それでも京都は女性が頑張っていると思います。集会前に第9回「憲法九条を守る女性美術展」を見てきました。展覧会は頼もしい者でした。またそこで出会った方から毎月9日の夕方四条河原町でスタンディングを続けていると聞きました。他にも毎週金曜日に反原発のデモをしていると聞きました。京都の伝統は残っていました。私は、「同じ考えの人がいることで救われる」と言うことはできませんが、ダメでも自分のやれることを続けたいと思っています。

投稿: | 2017年5月20日 (土) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/65302569

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍内閣の暴走を止めよう!5・19あいち集会:

« ユニオン懇談会(ユニ懇) | トップページ | 美術鑑賞-緑美展へ »