« 名古屋市長選挙(6) 個人演説会 | トップページ | 名古屋市長選挙(7)-選挙戦を終える »

2017年4月21日 (金)

民進党のサポーターに登録

 民進党の事情がどうであれ
 長らく空白のまま「自称民進党サポーター」を名乗っていたが、今日の午後地元選出の県議を通して登録を終えた。
 なかなか浮上しないどころか、離党、離党で支持率は下がり気味の民進党だが、そのことと私がサポーターになることとをあまり関連付けないようにしている。どうであれ、「反自民・非共産」という政治的立場と、野党の拡大なくして「安倍暴走」は止められないという観点から、とりあえず民進党に対する「発言権」というほど大げさではないが、身近な党員、議員とコンタクトを取っておくことのツールの一つとして、であった。
 雑談1時間ほどの中で私は、「蓮舫さんを代表に選んだのだから、全党挙げて支えていくことが党組織というものではないか」「異論は多々あるだろうが、それはしっかと内部で議論すべきもので、(自分の立場だけを守ろうとするのか)外部に持ち出し、あまつさえこれ見よがしに離党を宣言して出ていく姿は、政党人としてどうか」「私の場合は、党より人物というのが評価基準、近藤昭一議員を支えていく」「現実的に言えば『脱原発』という即停止、即廃炉という表現より『原発ゼロ』という若干の期間設定と、エネルギー問題に対案を、という含みを持たせという観点から、民進党の政策との距離は縮まっているのではないか。今、『原発ゼロ』を明確にしてすれば、その意義は大きい。小泉の提案は、もう少し見極めないといけないが、注目していいのではないか」「『連合』は厄介な存在となり、特権階級のようさえ思えてくる。電力労連の影響力が根っこにある。連合に依拠することは危うい」「市長選挙でいわき候補を推しているが、昨日の個人演説会の様子はブログで書いた。その会場はさながら自民党市議の後援会の会場のようであった。個人的な私の収穫といえば、自民党の衆院議員、県議、市議の話を始めて聞いたことだった。やはり魅力はなかった」
 当の県議の話で気になるこが1点あったが、論争せず“ちょっと違うのではないか”と申し上げた。(内容は略)
 

|

« 名古屋市長選挙(6) 個人演説会 | トップページ | 名古屋市長選挙(7)-選挙戦を終える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/65178639

この記事へのトラックバック一覧です: 民進党のサポーターに登録:

« 名古屋市長選挙(6) 個人演説会 | トップページ | 名古屋市長選挙(7)-選挙戦を終える »