« 原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟 | トップページ | 名古屋市長選挙(4) 中盤の情勢 »

2017年4月16日 (日)

ACTION REPORT第23号の編集執筆

 小さなことに悩みつつ
 名古屋市長選挙の情報ばかりでなく、共和国(北朝鮮)とトランプと安部の動向を気にしながら、APWSL愛知の会誌「ACTION REPORT」第23号の編集執筆に勤しんでいる。たかだか12ページの編集であるが、ユニオンと連帯する市民の会(CGSU)の活動誌「結」と同時発行であるから、日程に合わせることと内容の重複に配慮することになるので、早めの作業を心がけている。
 今日の夕刻近くになって、表紙と巻頭詩を残して第一稿が仕上がりこれから校正に入ることになるが、ただでさえ3か月ごとの発行であり、内容の陳腐化が気になるところだ。ということであれば、いきおい時勢に沿ったものではなく、予備的な知識、情報に寄与できればいいかなという内容を選択することになる。あるいは活動のやや詳細な報告となる。もっとも本誌は「アジアと地域の労働運動を、APWSL愛知がレポートします」と銘打っているから、問題提起型ではなく、レポート・解説が主ではある。
 今号では、「結・第8号・2017年2月」でフィリピントヨタ労組の闘いの経過が報告され、「東京総行動」でのトヨタ自動車東京本社への申し入れについて触れられていたから、それをフォローした記事を書いた。この闘い、運動は、トヨタ自動車を相手とする地域労働運動であると同時に「多国籍企業トヨタ」であるから、APWSLの領域でもある。
 巻頭詩は悩ましい。できれば、時事詩、社会詩、労働詩といった領域で詩想を練るのであるが、どうしても「散文調」になりがちで気が滅入る。“詩泉”の枯渇化は避けがたく、巻頭詩から巻頭言にしようかとも。小さな悩みではあるが。

|

« 原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟 | トップページ | 名古屋市長選挙(4) 中盤の情勢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/65158402

この記事へのトラックバック一覧です: ACTION REPORT第23号の編集執筆:

« 原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟 | トップページ | 名古屋市長選挙(4) 中盤の情勢 »