« 沖縄の心と一つになるには | トップページ | ヒロシマ、ナガサキが近づく »

2016年8月 2日 (火)

ブログ・7月後半号を発信

 ブログは、思考空間の一つ
 私のブログ「名古屋発-私の日録“郷蔵21”」を特定の人に発信することに多少の逡巡があるが、政治情勢、地域の課題に関連する内容について、議論の場も少ないことから、ウェブ上で意見を述べていくことに意味があるという、そんな思いから発信しているのである。
  今回は7月下旬16日~31日までの、私的な部分を外したもののタイトルだけを掲載した。本文は、ブログを開いてくださいと。
  コメントをつけた-参院選に続く都知事選をどのように見ていたか、「雑感」に書き込みがあった。論理だって行けば「鳥越支持」になるが、地元の選挙ではないので、「直感」をそのまま書いた。推敲の端緒は“なんかおかしい”とか“これ、おもしろそう”という直感に導かれることが少なくない。結果として、直感通りになる場合と、真逆になることもないとは言えない。そこが「推敲」の領域といえる。
 参院選で改憲勢力が3分の2を占めたことで、「すわ!国民投票か」と思われた人も多いかと思うが、私は現政権の下での「国民投票」になったら勝ち目がないと考え、次の衆院選挙で勝負できるとみている。つまり最長で2年で4か月余の期間に、国民投票に持ち込ませない方策と、衆院選で3分の1以上の議席確保をめざす運動が「立憲平和・安保法凍結」の成否のカギだと思う。
 間もなく民進党の代表選挙が行われるが、サポーターの私にも選挙権がある(といっても再登録はまだしていないが)けれども、候補者の抱負を聞く機会を持ったことがない。かといって、民進党のホームページを開くこともない。結局、ブログに書き連ねていくことで、自分の考え、方向を定めていくという「思考空間」の一つであって、そのブログの役割は大きいと感じている。

|

« 沖縄の心と一つになるには | トップページ | ヒロシマ、ナガサキが近づく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/64004353

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ・7月後半号を発信:

« 沖縄の心と一つになるには | トップページ | ヒロシマ、ナガサキが近づく »