« 多忙な1か月が始まる | トップページ | たかがゴミ、されどゴミ »

2016年5月23日 (月)

牧野 剛死す!

  市民運動を政治活動に引き上げる
 今朝の中日新聞は、「河合塾の名物講師」として、牧野剛さんの死去を伝えた。写真付きの扱いだから、彼の人脈の広さを認識してのことだと思う。毎日は扱っていなかったが、朝日はどうだろうか。以下は中日新聞の記事の全文。
 「牧野 剛氏(まきの・つよし=元河合塾講師)20日、誤えん性肺炎のため死去。70歳。岐阜県恵那市出身。自宅は愛知県江南市。通夜、葬儀は親族のみで行う。喪主は妻万理さん。11年まで河合塾で国語講師を務めた。現在、河合塾の付属研究機関『河合文化教育研究所』特別研究員。名物講師として人気を集めたほか、市民運動家としても知られ、94年の参院愛知選挙区再選挙、95年の愛知県知事選挙、01年の名古屋市長選挙に出馬、いずれも落選した。」
 これに付加すれば、「名古屋大学文学部卒。養護学校、高校教師を経て、河合塾国語講師に。独特の語り口で展開される講義は毎回、大勢の立ち見を集める。また、84年の共通一次試験では、現代文の問題文を模試でズバリ的中させて話題を集めた・・・。主な著書に『予備校にあう』(風媒社)、『国境を越えて』(河合出版/鎌田慧との共著)、『現代文と格闘する』(河合出版/共著)」
  以上は、「されど予備校-予備校から‘世界’を覗る」(1999年・風媒社)からの引用。この著書の帯には、「若者よ、アジア、世界へと出撃せよ!」「ミスターMが書き下ろした『世紀末的状況』超克のためのアジテーション!」「対談 石坂啓×牧野剛-学校を監視せよ」とある。
  これだけでは、「市民運動家としても知られ」ても、どんな市民運動をやっていたのかはわからない。私も多くは知らないが、1970年代~90年代では「反原発」運動の、名古屋の拠点であった「川名文庫」で出会い、市民運動を「単に市民運動」にとどめず、例えば憲法と結びつける、地方自治、地方議会、国政選挙とのかかわりを持たせる、自ら立候補(恵那市長選挙にも立候補したと記憶する)するなど、地域運動・共同行動の先頭に立ってきた。
  2005年の「愛知万博」に反対する運動のために「県民投票条例制定」の「住民投票を求める県民署名」運動を提起したのも彼だったと思う(1996年ころ)。私は大いに賛同し、請求者・受任者を引き受け、「緑区」を主に担当した。法定数を上回る多くの署名と県民、マスコミの注目を集めたが、県議会では否決され、全国に先駆けた「広域での直接住民投票」は成らなかった。
  議会での否決を受けて次に「1999年の愛知県知事選挙」に着目。「愛知万博反対-海上の森を守れ」などをスローガンに影山 健さん(愛教大名誉教授)の擁立に奔走。とりわけ共産党と市民運動の共闘の「結び目」の役を果たした。この選挙も敗れはしたが、市民派が擁立し共産党推薦候補として80万票弱の得票は、画期的であった。
  次に2001年の名古屋市長選挙に牧野さん自身が立候補したのであるが、この時二期目の現職と共産党推薦候補の三つ巴となり敗れた。三つ巴となったこの選挙の「事情」はいろいろあるが、選対の中枢にいた私もその‘生き証人’の一人である、というあたりまでが、牧野さんと私のちょっと濃い目の関係であった。
  私は、彼のキャラクターというより、「市民運動を政治活動にまで引き上げる」という、その世界観、政治感覚、実践的運動に共感を覚えたのであった。あえて付け加えれば、彼は「全共闘世代」としての仕事をしっかりやりきった一人として評価するものである。あまりに早い旅立ちであった。合掌。

|

« 多忙な1か月が始まる | トップページ | たかがゴミ、されどゴミ »

コメント

20年前に某予備校で牧野先生の講義を聞きました。巨人の柳田落球事件です。巨人は野球界のにっくき体制側であると言っていました。牧野先生は巨人側の応援席に行き、「柳田~!○○」と大声を出したそうです。その途端、柳田はフライを落球し、引退に追い込まれました。牧野先生は自分が柳田を引退に追い込んだとおっしゃっていました。
牧野先生ありがとうございました。ご冥福をお祈り致します。

投稿: | 2016年7月 1日 (金) 19時31分

 阪野さん、ご無沙汰しています。もう10年以上お会いしていませんので、覚えていらっしゃないかもしれませんね。牧野剛さんが亡くなったことをブログに書かれているのを拝見しました。
 それでお願いです。9月25日(日)午後1時から4時に牧野さんの追悼会が千種のメルパルク名古屋で予定されています。河合塾がその準備をしています。その追悼会の呼びかけ人に、牧野さんとともに市民運動、選挙運動をされた阪野さんになっていただきたいのです。私までなるべく早くに連絡いただけないでしょうか。
 よろしくお願いします。

投稿: 黒田光太郎 | 2016年7月15日 (金) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/63672827

この記事へのトラックバック一覧です: 牧野 剛死す!:

« 多忙な1か月が始まる | トップページ | たかがゴミ、されどゴミ »