« ピースサイクル沖縄&慰霊の旅(3)嘉手納・普天間基地 | トップページ | 神話の島、ビーチ、水族館、琉球村 »

2015年6月23日 (火)

ピースサイクル沖縄&慰霊の旅(4)国際反戦沖縄集会

 糸数アブラチガマ見学と国際反戦沖縄集会
 長谷寺の朝は、7時の「鐘つき」から始まり、私も合掌しつつ3回打った。それは清々しくてよかったのだが、宿泊した部屋の片づけ、清掃などを怠って住職に叱られた。‘飛び立つ鳥 後を濁さず’ の例えではないが、返す言葉がなかった。
 この後9時から、約1時間にわたって「糸数アブラチガマ」を見学するのであるが、筆舌に尽くし難い状況を聴き、見て、感じるほどに、住職の叱責がはんすうされ、何とも気が重いこの日の午前であった。
 伴走車2台とは別に平田さんは一人、自転車で魂魄の塔に向かって元気よく出発していった。一方私は、伴走車に乗りながら、高校の同級生がこの日にやってくるので、その合流がうまくいくかどうかを気にかけていた。結局予定とはやや違って、国際反戦沖縄集会が終わった午後3時半ころに魂魄の塔の前で落ち合うことが出来た。
 魂魄の塔そして翁長知事
 さて国際反戦沖縄集会の会場は、てっきり「平和創造の森公園」の中にあると思っていたのだが、そうではなく、公園に隣接する、糸満市の南部の海岸側に位置する糸満市米須にあるとわかった。
 その集会場は、多分広島県の遺族会が設置した慰霊碑前とその前の空き地だっただと思う。そこで、集会が始まる前に魂魄の塔そのものと、周辺に設置されていた大分県、奈良県、北海道、和歌山県、香川県それぞれの慰霊碑を見て回った。戦死者の名前すべてが刻まれていた。
 その魂魄の塔の「魂」は「たましい」、「魄」は「浮遊霊」の意味だという。この初めて聞く「魂魄」という名前だけでも心が揺すぶられる。ここは、戦後もっとも早く住民の手で作られ、平和への想いを込めた塔として住民、軍人、米軍、韓国・朝 鮮人など、沖縄戦で死んだ約3万5千人の人々が 軍民、人種を問わず葬られているという。この‘沖縄の心’に触れるだけでも、戦争法案などを平然と提案する安倍と与党には‘悪霊’がついているとしか思えない。
 ところで、集会が終わった3時半ころ私は、魂魄の塔の前あたりで翁長知事と遭遇した。多分、北海道の慰霊碑の前では某市の慰霊祭が行われたが、そこに参列するために知事は訪れたのであろう。一礼すると軽く会釈して車に乗り込んでいった。どうせなら、こちらの集会に少しだけでも時間を割いてくれればよかったのにと思ったのだが。
 国際反戦沖縄集会に山城さんと金城さん
 今日のメイン「国際反戦沖縄集会」はどうだったか。
 午後0時45分から若い男女の司会で始まった集会は、比嘉 宏さんの主催者あいさつに続いて「ヘリパッドいらない住民の会」などのフラダンスが終わった午後1時10分ころ、突然入院中の山城博治さんが壇上に現れ、拍手と歓声に迎えられた。
 山城さんは、今年の2月22日、キャンプ・シュワブ前で抗議中に逮捕され、その後体調を崩して入院中であったが、この集会には何としてでも出なくちゃならないと(医者の許可を得て)駈け付けたのだという。遠目ではあったが、声量もあって元気そうだった。頭部には治療の痕跡がはっきりと残ってはいたが。こうして姿を見、声を聴いただけで参加者の意気もまた上がったことだと思う。
 海勢頭 豊(うみせどゆたか)さん他のミニコンサートが続く中、今度は彫刻家の金城実さん飛び入りで参加して、まだ80歳前とはいえ、壇上で陽気に踊り始めた。なんだかこちらもウキウキする気持ちになり、沖縄はこんなにも開放的なんだと思ったものだ。海勢頭さんとは先輩、後輩の関係のようだった。
 プログラムの、泡瀬干潟を守る連絡会からの報告や、安倍来沖抗議行動の報告、外国人のアピールもあり、また学生たちを対象にしたアンケートで、米軍基地を必要とする者が、いらないとする者を上回ったことも報告された。これは、沖縄県が基地経済の依存からは脱却したものの依然として高い失業率、例えば本年3月段階で若年者(15~29歳)完全失業率 は、10.4%で、全国平均の6,2%を大きく上回ることの一つの反映であろう。
こうしたプログラムに加えて、きむ きがんさん(在日朝鮮人)のコンサートなど歌舞音曲を中心に、集会は進んでいったのもこの集会の特徴の一つと見た。
 またこの集会には、知花昌一さん、長谷寺の岡田住職も参加していた。他の団体、別行動に加わって参加していた岐阜県のIさんの顔も見えた。
 この集会をもって沖縄ピースサイクル2015は無事終了し、私にとって意義深く得るものが多くあった4日間であった。 

|

« ピースサイクル沖縄&慰霊の旅(3)嘉手納・普天間基地 | トップページ | 神話の島、ビーチ、水族館、琉球村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/61759570

この記事へのトラックバック一覧です: ピースサイクル沖縄&慰霊の旅(4)国際反戦沖縄集会:

« ピースサイクル沖縄&慰霊の旅(3)嘉手納・普天間基地 | トップページ | 神話の島、ビーチ、水族館、琉球村 »