« ピースサイクル2014(3) | トップページ | ピースサイクル2014(5) »

2014年7月27日 (日)

ピースサイクル2014(4)

愛知の第2日・岡崎~名古屋
  PC愛知の第2日は、岡崎発豊田市、みよし市、日進市経由名古屋市役所・県庁までのコース。
 
昨日に引き続いてスタートは、岡崎のNさん。この岡崎-豊田間は、今日も自転車1台、伴走車1台という最小単位となった。「一人旅」はキケン!ではあるが、伴走車がぴったりと寄り添うことで挙行した。
  午前8時、名鉄・東岡崎駅を出発して、国道248号線を北上、明治用水の源流となる「水源公園」を経由して、予定の午前10時少し前、豊田市役所・南館に到着。全国応援団の一人、小林元県議を交え、豊田の仲間と簡単な交流をしたのち、予定時間通り出発した。
  コースは国道135号線を西へ、途中から、トヨタ自動車三好工場のある県道に入り、みよし市役所に向かうのであるが、豊田からは女性一人が加わり「2人走行」そして伴走車1台に私も乗り2名となって、みよし市に向かった。
  この道路は車の通行が多くまた、アップダウンの多いコースであるが、通常1時間ほどかかるところを50分弱で走破した。見事な健脚振りであった。
みよしの庁舎前では、みよし市議の水谷さんと市民グループの皆さんの出迎えを受けた。名古屋からの街宣車もすでに到着していて、運転手、街宣担当者、自転車走行の1人が加わり、ここからは「3人走行」となった。 そして東郷町経由日進市内に入ったが、名鉄・米野木駅からは、今朝ここに自転車を預けていた私が自転車隊に加わり、これで「4人走行」になった。
  この先は、名古屋市役所までが私の責任範囲で先頭を走る。下見もしてあるし平坦なコースだからまず大丈夫。途中雨に降られ、ほんのわずか雨宿りしたが数分で再出発。午後0時10分ころに日進市役所横の「にぎわい交流館」に到着。
  毎年ここでは、昼食会が設定されての歓迎を受ける。今年もおいしい昼食とデザート、そして市民グループと白井、島村両市会議員から、歓迎の言葉を受けた。午後の走行にエネルギー補充に十分なおもてなしだった。
岡崎・豊田グループとはここで別れ、この先は名古屋の担当エリアで、二人が帰り、二人が新たに加わって午後2時前、日進のみなさんに見送られ4人で出発した。
  最初は、天白川の堤防道路を快適に走り、その先工事個所が多い下見の結果に基づいて、地下鉄・原駅付近から市街地道路に出た。天白川にかかる新島田橋を渡ると天白区から昭和区に入り、それをほぼ直線的に南下すると瑞穂区・新瑞橋に出る。さらに飛ばして、国道1号線の近く「空港線」に乗った。その途中で女性一人が加わり「5人走行」になった。 一人走行で始まった今日は、一人増え、二人増えで到着時には5人が車列を作っていた。
  鶴舞から中電本店前を抜け、大津通りを北進し、午後4時過ぎ県庁前に到着した。そこで名古屋実行委員会の松井代表が挨拶してこの日は解散した。
途中2度3度、雨に見舞われたが、短時間だったので、適度の湿り気、暑気を和らげる効果があった。また、今年は、初めて自転車に小型の「のぼり」3本を装着した。着装の固定には苦労の連続であったが、やはりその効果は大きいと、ピースサイクリストの異口同音の感想だった。一応、米原・大津まではこのスタイルで行くことにしている。
    明日は9時に名古屋市役所、そのあと県庁をそれぞれ訪問して小牧基地に向かう。私は自転車から降りての参加であるがそのまま同行するので、明日以降の報告は帰宅後の30日後になる。

|

« ピースサイクル2014(3) | トップページ | ピースサイクル2014(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/60054336

この記事へのトラックバック一覧です: ピースサイクル2014(4):

« ピースサイクル2014(3) | トップページ | ピースサイクル2014(5) »