« 浅田次郎著「終わらざる夏 上・下」 | トップページ | 自らの立場を自覚するとき »

2014年3月 6日 (木)

解散した三菱長船労組に手紙を書く

 また一つ道標が後方に
 昨年12月に、全国一般長崎連帯・三菱長船労組から組合解散の挨拶文を戴いてから、何とか手紙を書こうと思ってきたが、なかなか機会を得られなかった。
 今日になって、「リニア」に関する冊子を郵送する仕事に取りかかり、これを機会に資料を同封した上で、手紙を書くことにした。かくして、私にとっての道標がまた後方へ遠去かっていく感、ひとしおである。
  三菱長船労組御中
 すっかりご無沙汰していました。「組合解散の挨拶文」を戴いて、改めてその歳月に思いが走りました。
 西村さんをはじめ、草野さん、久保田さん他みなさんはいかがされているでしょうか。
 以前には、名古屋の状況を活動資料などでお知らせして来ましたが、私自身に限って言えば、今もその時の延長にあると思っています。
 「四方君を守る会」の仲間とは、解散後に一堂に会することはありませんでしたが、名自の主要な仲間は、ここ最近、1年に一度くらい会うことがあります。しかし、活動を続けているのは私だけですので、話題は1970年前後のこともありますが、もっぱら健康や趣味のことが多いように思います。
 さて、同封した冊子は、現在の「私」です。
 「れいめい」に、貴労組解散に寄せての一文を寄稿しました。その書き出しは、
 “12月12日、1通の封書が届いた。開いてみれば「全国一般長崎連帯支部三菱長船労組」の「組合解散の挨拶文」だった。少なからず胸が高鳴った。
 あいさつ文は簡素なもので、解散に至った経緯は、三菱重工長崎造船所に在籍する現役組合員が皆無となったので解散を決議したとあるだけで、輝ける長船労組の足跡に触れる一文はなかった。まるで“老兵は死なず、ただ消え去るのみ”とでも言っているようである。”

 労働運動の第一線から退いてからは、運営会議に出ることは少なく、求められればレポートなど、その多くは書くことの領域です。冊子の編集もその一つです。
 それらエンドレスの運動に、心もとない体力でどこまで付き合えるかわかりませんが、いま暫くこの社会、この政治に関わっていきたいと思っています。
 貴労組の解散にあたって、贈る言葉もありませんが、私の近況をお知らせして、これまでのご指導のお礼に代えたいと思います。
ありがとうございました。みなさまによろしくお伝えください。

|

« 浅田次郎著「終わらざる夏 上・下」 | トップページ | 自らの立場を自覚するとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解散した三菱長船労組に手紙を書く:

« 浅田次郎著「終わらざる夏 上・下」 | トップページ | 自らの立場を自覚するとき »