« 横井久美子の春秋楽座・余話 | トップページ | PC2012全国会議(1) »

2012年11月22日 (木)

ピースサイクル2012・報告書

 全国会議用に作成
 横井久美子コンサートの事務処理などを終えて次の仕事は、ピースサイクル2012の報告書づくりである。つい今しがた、印刷用の版下が仕上がって、以下のような「あとがき」で締めた。
●この報告書は、11月24日、25日両日にわたって、東京で開催されるピースサイクル全国ネットの会議用に作成したものである。みよし市長、日進市長からの広島・長崎市長宛のメッセージ、写真集、その他の資料等は省略されている。本格的な報告集は来春になる予定だ●この報告書と「議論を!」の小冊子を併せて読んで戴ければ、昨今の政治情勢、社会問題とピースサイクル運動の位置とが幾らかは見えてこよう。そのように活用して戴ければ幸いである●11月16日衆議院解散、12月16日投票となった。同時に都知事選挙、河村名古屋市長が衆院選に立候補すれば、名古屋市長選挙もある●さて反核・脱原発、米軍基地撤去、TPP反対、反貧困、環境保全の「緑の人々」は、どう臨むのか●政治・政党・議員不信、選挙嫌いで済まされるであろうか。「脱原発」の一点でも選択の価値はあると思う●守旧派政党に対する私たちこそが「第3極」でありたい。(後略)
 これまでの報告によると、全国で、自転車で走った総距離(走行距離×人数=マイレージ)は、11月21日現在、全国15地区で「14,839km」とのこと。愛知は「558,0㎞」であった。
 また、昨年の全国会議で、「3・11」以後、「この国の行方」とピースサイクル運動がどうつながっていくのか、その議論を始めてはどうかと「議論を!」の拙論を提起してみたのだが、今回、その提起がどう扱われるか。期待するというより、私には、この運動の“領域”を確かめることになりそうだ。

|

« 横井久美子の春秋楽座・余話 | トップページ | PC2012全国会議(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/56166991

この記事へのトラックバック一覧です: ピースサイクル2012・報告書:

« 横井久美子の春秋楽座・余話 | トップページ | PC2012全国会議(1) »