« ピースサイクル2012(2) | トップページ | ピースサイクル2012(2-2) »

2012年7月28日 (土)

ピースサイクル2012(3)

 金山駅で街宣、小牧基地訪問、岐阜にリレー。
 午前9時、夏の日は昇り、早くも最高温度近くまで上昇し、街頭ビラまきとマイクでの訴えも、汗だく。ビラの受け取りはよくない。中高年の人はまだしも、若い人たちに読んでもらいたいと思うのが、手を出してくれない。中年の男性一人と言葉を交わす。彼は“よくわかるよ”“自分のことだけで精一杯なんだよ”と言い残して去っていった。最後にマイクを渡されたので私は、7~8分訴えた。
 さて、今日のコースは、市役所・県庁前経由、41号線を辿って空自小牧基地までのコースであるが、このコースのリーダーが急用で不在となり、やや不安を抱えながら10時10分金山駅出発。私は、自転車の故障で実走を断念し、終始街宣車に同乗した。マイクも名古屋のメンバーが担当したので、さしたる仕事もなく、写真も数枚撮ったに過ぎなかった。
 この暑さゆえ、出発から25分後の県庁前で小休止を入れようとしたが、自転車隊の方が先行したいとして通り過ぎていったので取りやめ。ところが皮肉にも、北区の辻本通が、中間点の休憩地点であったが、昨年まであったコンビニがなくなり、別の店になっていた。辛いだろうが、次のコンビニまで走ってもらうことになった。元々新川、庄内川の二つの川を超す時の坂があるため、その手前での休憩であったが、それがなくなり、一行にはやや気の毒なことになってしまった。
 12時35分ころから、岐阜のメンバー7人も加わって、小牧基地司令に対する申し入れが始まった。ゲートはしっかり閉められ、基地の中には一歩たりとも入れないぞ、という構え。若い隊員などゲートそのものに近づくのさえ、阻止しようとする。従って炎天下でやや長めの申し入れ文書が読み上げられ、その場で手渡された。
 但し、名古屋のメンバーの話だと、さすがに炎天下ではどうも、ということで、基地内の会議室か、来客用の部屋で対応したいと電話での話があったとか。但し今回は、“たまたま土曜日ということで、対応できない”ということらしい。
 本来24時間体制が自衛隊の実務であろうから、土、日、祭日はあまり関係ないと思うのだが、それでも、そうした対応をしようというのは、自衛隊自身が少しは変わったのか、基地司令が変わったことによるのかはわからない。どちらにしても、ピースサイクル運動が始まっての27年間(愛知は25年)の対応を考えれば、少しは“まとも”になったといえようか。
 小牧市武道館横の藤棚下で休憩と昼食、そして全員で写真を撮り、岐阜にリレーしたこの時を以て、愛知のピースサイクルの、熱い夏は、とりあえず終わった。

|

« ピースサイクル2012(2) | トップページ | ピースサイクル2012(2-2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/55299360

この記事へのトラックバック一覧です: ピースサイクル2012(3):

« ピースサイクル2012(2) | トップページ | ピースサイクル2012(2-2) »