« 通販生活のアンケートから | トップページ | 菅谷 昭松本市長の発言  »

2012年5月 4日 (金)

メーデー雑感

 様変わりして・・・
 もう3日も過ぎてしまったが、1日の「メーデー」は、労働運動に少しでもかかわった者であれば、忘れ難い日であろう。忘れたりはしないが、昨今の状況を見れば、必ずしも「特別な日」とはいえなくなった気がする。
 かつて、この日を「国民的行事の一つ」として祭日にしようという動きがあったが、いつの間にか消えてしまった。総評労働運動華やかな時代の「産物」と言えなくもないが、「連休効果」の期待も多分にあったであろう。
 しかし時代は変遷して、4月29日が「天皇誕生日」から「みどりの日」となり、さらに「みどりの日」が今日5月4日に移動、4月29日は「昭和の日」となった。となると、5月1日の「メーデー」は、連休の中途に位置することになって、それがかえって連休効果の「障害」になるとされ、連合は、メーデーの5月1日開催を回避し、連休初日(今年は4月28日)に開催するようになった。
 メーデーと言えば、大集会と果敢なデモが想起されるが、それは昔のこと。華やかなのは「幟」だけかもしれない。この地方の、連合愛知のメーデーは、組合の代表者による屋内の集会のようである。愛労連は、白川公園で4000人集会と伝えられているが、他に安城や瀬戸などの地区メーデーが開催されたと思う。私はどこにも参加しなくなって10年以上になるだろうか。
 これとは別に、自動車産別の仲間が、アメリカ・シカゴで開催の「レーバーノーツ大会」に参加していて、現地のメーデー集会に参加したとのメールが入ってきた。その様子が「You Tube」にアップされている。
 日本からの代表の一人の壇上からの挨拶は、5月5日に原発50基全部が止まる、といった「脱原発」が主であった。日本における脱原発の動きが、労働者の国際連帯の発信となったことは確かだし、会場からの大きな歓声もあった。だが日本の労働運動の現状や、自動車関連職場の報告は、時間的なこともあろうが一切なかった。これも状況の反映でもあるが、“様変わり”の一つかな、そんな気持ちで映像を見たのだった。

|

« 通販生活のアンケートから | トップページ | 菅谷 昭松本市長の発言  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メーデー雑感:

« 通販生活のアンケートから | トップページ | 菅谷 昭松本市長の発言  »