« ピースサイクルでの訴え | トップページ | いよいよ明日からピースサイクル2010 »

2010年7月24日 (土)

ピースサイクルの試走

 体力の程も知るために
 みよし市役所から、日進の市民グループが用意してくれる「歓迎交流会」の会場までのコースは、米野木から先で、道路事情と交通量の多さから、従来のコースを変えたいと思っていたので、その下見と、先導のための体力の程度を知るために試走に出掛けた。
 朝7時少し前に自宅を出て、野並、島田、平針を経由して、日進市役所近くの蟹甲交差点に到着したのが、7時50分ころだったろうか。その先の浅間下信号を曲がって岩﨑方面に向かうのであるが、この道路の交通量が多いので、藤島地区を抜けて、龍谷寺、白山神社方面に出て、白山交差点から、北小学校方面に向かうルートを探るのが今日の目的であった。新しい道路、新しい橋もあって、やはり下見に来てよかった。
 日進市長へ申し入れも行う予定であるので市役所まで行った。土曜日で閉庁であったが、玄関前には、70過ぎの方がおられ、聞けば、市内を循環する「くるりんバス」の乗車券の販売と乗客の誘導、交通案内の仕事を、シルバー人材センターの紹介でされているとのことだった。この仕事は、午前なら5時間、午後なら6時間の勤務で、月間50時間程度だという。家にいても時間を持て余すから、この仕事をしているのだとも言っておられた。
 広島、長崎に向かうというピースサイクルの話を少しだけした。東京発、東海道をリレーしながら、来週火曜日に、みよし方面からやって来て、市長に申し入れをし、名古屋に向かい、翌日は小牧で岐阜にリレーするのだと話した。
 予定より早い9時に、市役所を出発し、天白川の堤防道路を走って約20分後に、工事中の名古屋環状2号線下の緑道で小休止と決め、9時50分ころ、天白区の天白川・平子橋で、今日の試走の目的を終えた。この先、金山までは従来通りとして、試走は省略したのだった。
 平地を走る分には、さして疲れも覚えなかったが、橋のかかる手前は少し上りになっている、それだけでも踏ん張らないといけない、そんな感じではあったが、米野木から先の小牧までは、ほぼ平坦、何とかなるという自信を持った、今日の試走だった。

|

« ピースサイクルでの訴え | トップページ | いよいよ明日からピースサイクル2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/48960691

この記事へのトラックバック一覧です: ピースサイクルの試走:

« ピースサイクルでの訴え | トップページ | いよいよ明日からピースサイクル2010 »