« 石田芳弘衆院議員の国政報告 | トップページ | 沖縄ピースへのメッセージ »

2010年6月14日 (月)

知事選挙に関わる話

 石田芳弘講演会の微妙な話
 30分余りの質疑の時間では、よくありがちな“持ち上げ”発言は少なかったが、やたらと“あいのて”を入れる御仁がいた。時々こういうお人を見かける。
 それはそれとして、司会者が冒頭に「来年の愛知県知事選挙に、石田さんが立たれることを期待したい」という主旨の発言したことに驚かされた。講演会の前にあった、「みどり東海」の総会でも、そんなことが議題になったのであろうかと、訝しく思った。まして司会のOさんが口にするとは・・・。
 私も手をあげて意見を述べた。大まかに言って4つ。①政権交代の意義を確認したい。再び自民党政権に戻さないために、10年以上は、政権を維持してもらいたい。②鳩山政権は8か月余りという短命に終わったが、この8か月余りの間に、これからの政権はどうあるべきかの教訓が凝縮されている。③鳩山政権だけなく、小泉政権、そのもっと前の中曽根政権からも教訓は多い。菅さんはそれを十分に承知していると思う。④よほどのミスリードがない限り私は、菅さんには長く政権を続けてほしいと思っている。短命政権こそを有権者は望んでいない。9月の代表選で、小沢(派)が巻き返し、菅再選が危ういということであれば、民主党は好きでないが、サポーターになってもいいと考えている。
 そして最後に付け加えた。石田さんの知事選再立候補については、「そもそも衆議院選への出馬に反対で、次期知事選に備えるべきだと思っていた。ここで(たった2年足らずで)衆院議員を辞職して知事選への転進は、信を失う」と、反対意見を述べた。
 彼は笑っていただけで何も答えなかったし、触れもしなかった。つまり否定もしなかった訳である。地方分権(地域主権)にこだわり、執着だけでなく、彼自身が大きな夢をもっていることを察し、また、彼の人柄、実力からすれば、知事に迎えたいという気持ちは私にもあった。だから、衆院選を“腰かけ”のように立候補することはしてはならないと思ったのである。
 知事選で落選して、一時は「政界を引退する」とまで口にした背景には、4年間がいかに長い時間であるかということであろうが、それは私のような余人には理解できないかもしれない。しかし、衆議院議員一人がやめたとしても、議席多数の民主党はびくともしない、という考えがあるとすれば、それは小沢流の、参院選勝利のために、現職衆議院議員を参院選にくら替え立候補させるという、有権者をなめ切ったやり方のには、到底支持できないと思うのである。
 散会後、司会者のOさんに、「これで意見が違うことになるとは思わなかった」と、残念な気持ちを伝えたが、なんか割り切れないまま、会場を後にした。

|

« 石田芳弘衆院議員の国政報告 | トップページ | 沖縄ピースへのメッセージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知事選挙に関わる話:

« 石田芳弘衆院議員の国政報告 | トップページ | 沖縄ピースへのメッセージ »