« 選挙と労働運動 | トップページ | ピースサイクル2日目、3日目 »

2009年7月27日 (月)

ピースサイクル2日目

 小雨の中を走る
 昨日愛知県入りした浜松のピースサイクルの一行は、豊橋で岡崎のメンバーにリレーした。
 そして、今朝岡崎を発って、小雨の中、豊田市役所に10時前に到着。
  私は、雨模様を見越して自転車走行をあきらめ、電車で豊田市役所に出向いて一行を待ち受けた。
  豊田市には、「アメリカの『リーマンショック』に端を発する世界同時不況、トヨタ自動車の営業赤字への転落の影響による、市の財政への厳しい状況など、この一年、豊田市における市政と、地域住民の環境とくらしに関する特徴的なこと、いまなお、課題としている点など、これまでの訪問でお話を伺ったこととも一部重複いたしますが、下記の点につきまして、その後の進捗状況、新たな課題などありましたら、参考までにお聞かせ下さい。」として、
①平和憲法の理念を尊重し、非核平和都市宣言の推進など、平和行政、平和教育を引き続き推進。②豊かな自然を次世代に残す施策を引き続き推進。③CO2排出削減へより大きな効果が図られるよう、ご尽力を期待。④社会的弱者といわれる人たちの、安心・安全の施策。⑤歩行者や自転車、車椅子などにやさしい街路樹に包まれた道路、街づくり。⑥東海豪雨災害の対策、市内の新型インフルエンザの患者発生の問題の対策。⑦NPO、ボランティア、市民運動等の活動の環境整備、財政支援。
  いつもより丁寧な回答を戴き、時間を気にしながら次の三好町に向かった。
  三好町はこの11月に町長選挙があるが、実質「市長選挙」となる。それは2010年1月4日から「みよし市」となって市制に移行するからである。「三好」という漢字名にならなかったのは、同名の市が高知県にあって、了解を得られれば「三好市」になるはずだった。法律的には同名でも問題はなさそうだが、相手の意向を重んじた結果なのであろう。
 さて三好町では、最初に「トヨタ自動車の営業赤字への転落の影響による、町の財政への厳しい状況」を聞いた。三好町にトヨタの工場が3つあり、法人税などの収入のトヨタ依存度は高い。案の定、95%以上の減と聞かされた。その他、豊田市とほぼ同種の5項目の質問を設定していたが、ここでも丁寧な回答が用意されていた。 
(続く)


|

« 選挙と労働運動 | トップページ | ピースサイクル2日目、3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/45757322

この記事へのトラックバック一覧です: ピースサイクル2日目:

« 選挙と労働運動 | トップページ | ピースサイクル2日目、3日目 »